無料ブログ作成サービス JUGEM
第228回FSS考察「本当になんでも売ってるの?」
0

    どうも、一週間のご無沙汰です!
    いつもコメントありがとうございます♪
    皆様、お盆休みはゆっくり過ごせましたか?
    自分は自営業みたいなものなので、まあボチボチ…
    酷暑の西側、天候不順の帝都、そして既に秋の北側。
    また一つ、季節がうつろう変わり目が訪れてますね。
    さて、今日の話題は最新話にも登場したあの施設!
    カステポーの騎士公社が持つ巨大マーケットです。
    本当にあの施設は、騎士に関する全てが売られているのか?
    その辺をダラダラと、マターリと考えてみたいでっす!

     

    さて、今月号で明らかになったかステポー騎士公社の施設。
    巨大なショッピングモールみたいですが、流石は騎士公社!
    ドドーン!とエアバレルが普通に置いてあって、お出迎え。
    …騎士にエアバレルって必要なのか?とお思いのアナタ!
    もしかしたら、突然軍団長になったりする人もいるのかも。
    いきなり指揮官になって、部隊も自前でお願いね、とか。
    とりあえずそんな時、エアバレルを大隊規模で買うとか?
    なんにせよ、一般人が立ち入れない場所だししょうがないか。
    騎士は基本、軍人を兼ねてて、しかも佐官クラスの高級将校です。
    作中でも、スカ様やルン、博士号を持つイアン達がそうでしたね。
    騎士は時に、軍隊の司令官としても戦うことがあるようです。
    エアバレルはそんな時、足りない分を買ったりするのかしら…
     

    他には、品揃えを見てみると…ありました、ガットブロウです。
    なんか、ラングンっぽいのが売ってますが、いいのかしら?
    確か現在のジョーカーでは、ヴィーニッヒ(短いやつ)が主流。
    ラングンは一部の者しか持ってない、みたいな設定の筈です。
    ヴィーニッヒはフリーズがバイオリンケースに入れてましたね。
    使用時は伸びる仕組みで、旧スパッドみたいな手軽さがあります。
    …あ、伸びた状態で展示してあるヴィーニッヒかもしれませんね。

     

    あと、当然のようにGTMのパーツも売っているそうです。
    GTMはフレーム単位で種類が分かれる、由緒正しき絶対兵器。
    太古の昔から使われ洗練されてるので、不思議はないのですが…
    ただ、どんなGTMのパーツも揃うって訳じゃないですよね?
    例えば、ミラージュマシン…特にツインエンジン系の子達。
    多分、売ってないと思うんですよね、代えのパーツとか。
    そもそも、既存フレームのGTMとの互換性も低そうですし。
    レオパルドフレームのグリットやハイファあたりは、どうかな?
    シングルエンジンの子達は、ぼちぼち互換性があるのでは。
    GTMの部品なんかは、多分買って付ける程度はできそうです。
    ただ、やっぱりマイトやマイスターの腕が必要かもですね。
    ポン付けしただけじゃ、高い性能は発揮できそうもありません。
    ここでは買って付けれるけど、調整はちゃんと職人に頼むとかかな。

     

    まあ、カステポーはフリーの騎士が沢山いますからね。
    自然と、そうした騎士達がメインの客層だと思われます…
    だから、ユーレイやバーガ・ハリのパーツは在庫ないかも。
    もっと手軽な、旧デヴォンシャや旧バルンシャ系が中心?かな?
    でも、普通に輸出用のユーレイとか売ってても面白いですよね。
    で……ヨーン君、以前にもバーシャのために買い物しようとしてました。
    街の端末からアクセスしてたように見えますが、ファティマの服は高い。
    結局、桜子の部屋に忍び込んで、そこで縁が生まれてしまったんですが。
    今も騎士になることは否定しつつ、公社は使うようですね。
    成長かもしれません…パルスェットに気遣いもできてますし。
    …まあ、あまりの品の多さに、パルスェットにおまかせでしたが。

     

    それと、ザル過ぎる騎士公社の会員登録的なアレですが。
    本物の仮登録カード(偽造)という、なかなかアバウトな仕様。
    カステポーにはフリーの騎士の他、大騎士団の休暇騎士も多いです。
    そのことがもう、カステポーではある種の暗黙の了解なのでしょう。
    だから、見ず知らずのヨーンもお店に入れちゃう、登録しちゃう。
    この辺のやりかた、あのカイエンことヒッター子爵の決めたことかも?
    なにせ彼は昔、カステポーナイトギルドをやっていましたからね。
    勿論「僕が使いやすいからネ」ってだけの理由の可能性も(笑)
    で、最後にお会計のお話…ヨーンにそんなお金はあるのでしょうか?
    ここは多分、心配ないと思います…アイシャが個人で雇ってるので。
    今はルーマー国の女王ですが、アイシャの個人資産は凄いのでは?
    ヨーンを雇って数十億渡すくらい、造作もないと思われます。
    騎士ではなく、アイシャの手駒(雑用係)としての収入、なのかな?
    そろそろヨーン君、騎士を全否定するのが苦しくなってきましたね。

    | ながやん | 世界観 | comments(17) | - |
    第227回FSS考察「呼び合うピースがパズルの先に見せるは」
    0

      はい、皆様お疲れ様です!お盆休みですが、いかがお過ごしですか?
      きっちり暦通りの方も、夢の六連休の方も、ゆっくり休んでくださいね。
      さて、今日は最新のNT誌9月号によって、色々と見えてきたことについて。
      特に今月号で注目だったのは、クラーケンベールの語ってたシーン。
      ダイ・グとジークボゥが天位をもらう回想シーンが登場します。
      エスト(バーシャ時)の語った、不思議な野試合の相手とは…?
      ええ、勿論剣聖カイエンですね、カイエンの試練でバッサリです。
      結果だけを先に伝え、その詳細をあとから細かく見せる技法。
      年表等でもお馴染み、FSSの醍醐味の一つになっていると思います。
      今月号で新たになった確定情報を元に、今週もはりきってGO!

       

      まず、以前のクラーケンベールの話通り、ジークは素手でした。
      これはヨーンの「NO SWORD YES FIST」と対になってると感じます。
      ジークもまた、騎士を否定し剣を拒んだ人間だったのです。
      騎士に生まれた故に追い出され、騎士の汚さだけを見たヨーン。
      対して、ジークはどうやら戦い自体が嫌いなように見えました。
      二人共、デコースとカイエンという強騎士の洗礼を受けてます。
      そして、左手を跳ね飛ばされるという、おそろいの傷の持ち主。
       

      今月号でジークは、ダイ・グを「兄様」と呼んでいましたね?
      これは単に年上の人間を慕う時の「兄様」なんでしょうか?
      それとも、血筋が繋がってる兄弟故の「兄様」でしょうか。
      自分としては後者の気がしますが、皆様はどう思われます?
      以前、ニーゼルが「高貴な方の血を継いだ」と言っていました。
      母ニーゼルの相手が、高貴な身分の人間だということですよね…
      ジークはノルガン財閥の御曹司という設定ですが、これは偽名?
      ニーゼルの実家がノルガン財閥なのか、それとも父方なのか。
      ただ、サクリファイスたるニーゼルが言う「高貴な血」は…
      どっちかというと、財力より血統を指してる気がします。
      ジークの父親は王族か貴族、その類の人間と思ってました。
       

      で、ここにきてダイ・グの父がジークの父では?と思いました。
      父親が同じ腹違いの兄弟ならば「兄様」と呼ぶのは普通ですし。
      それに、ダイ・グの父親は身体が弱かったと慧茄が言ってました。
      そうなるとやはり、ジークの父親は財閥の人間ではないと予想…
      フィルモア帝国の皇帝家の血を引いてると見ていいでしょう。
      ダイ・グの父の母が、確か慧茄様ですのでスバースの血もですね。
      で…ここに来て先日のデザインズ5の、とある人物が浮かび上がる。
      そうです、確定で死んでる謎の学生、ショーカムさんです。
      えー、忘れてる方もいらっしゃると思うので、少し解説をば。
      身分も身元も不明の新キャラ、ショーカムさんは学生さんです。
      そして、現在の星団暦3035年では既に故人、亡くなられてますね。
      あのバランシェすら救えなかった、謎の病気?で死んでいます。
      彼がとある女性との間にもうけた子供が、後の世に影響を与える…
      その「もうけた子供」はダイ・グとジークではないでしょうか。
      正妻との間にダイ・グをもうけつつ、ニーゼルとジークをもうけた。
      そして、二人の息子の成人を見届けぬまま亡くなったのでは?
      そう仮定すると、デザインズ5のキャラ解説がしっくりきます。

       

      では、もう一人の運命の子…茄里ちゃんはどうなんでしょうか。
      彼女はニーゼルが生んだ女の子で、どうやら取り上げられた様子。
      ジークの姉なのか妹なのか、とりあえず血は繋がってるかもですね。
      そう考えると、ジークは茄里とは種違いの兄妹(姉弟)な訳です。
      …ちょっとややこしい話になってきましたね、しかも仮説ですし。
      さらに言えば、ジークとダイ・グはフィルモア家の父親っぽい。
      それに対し、茄里はじゃあレーダー家?それもちょっと違う気が。
      何故なら、ジークが後のレーダー9世だとほぼ確定しているからです。
      こう考えると、逆の考え方もできてくるのではないでしょうか。
      実はダイ・グも母親がニーゼルで、ジークとは完全な兄弟かも?と。
      そう考えると、慧茄→璃里(ニーゼル)→茄里の名前繋がりがイイ。
      ダイ・グとジークの騎士の血は、ニーゼルから受け継いだことに。
      あとは、慧茄とニーゼルが母子というのも考えられるんじゃ…?
      そうなると、ショーカムは身分的には一般人でもいいんです。
      ただ、ニーゼルの「高貴な方の血」が気になってきますけども。
      とりあえず、現在確定情報でわかっていることだけ最後にまとめ。
       

      ・ダイ・グ
      フィルモア家から出た現皇帝
      父親は身体が弱かった(故人)
       

      ・ジークボゥ
      レーダー家から出る次期皇帝
      今は表向きはノルガン財閥の御曹司
      母親は璃里(ニーゼル)
      父親は高貴な血筋の人
       

      ・茄里
      フィルモア元老院が確保してる皇帝の血筋の子
      母親は璃里(ニーゼル)
       

      …さあ、誰と誰が誰の異母兄弟なのか異父兄弟なのか。
      デザインズをあとで、改めて見直していかなくちゃ。
      確かスバースの系譜の家系図がどこかにあった気が…
      慧茄がスバースの末裔なので、その孫のダイ・グは強い。
      でも、慧茄の子はダイ・グの父なのか母なのか?
      そして、慧茄と璃里は親子なのか、どうなんでせすか?
      この辺はなんか、騎士を生むマシーン扱いされたクリスに通ずる…
      いつの世も、血筋にこだわる人達がいるから怖いですね〜

      | ながやん | キャラクター | comments(14) | - |
      月刊NT2017年9月号ネタバレ記事
      0

        はいっ、皆様お疲れ様です!
        月に一度のFSS、月刊NT誌の発売日です。
        今月は9日に発売なんですね、昨日知りました。
        急いで買ってきたんですが、今月は凄い!
        いよいよ新エピソード、パルスェットの章です。
        久々に見たヨーン君と、バーシャとの思い出…
        そして、以前チラリと出たあのシーンが見れます。
        さあ、ネタバレしまくりなので気をつけてください!

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        ・今月号のあらすじ
        星団暦3035年…ヨーンはパルスェットとノーキシティにいた。
        ベラ国攻防戦にも参加せず、デコースを追う毎日が続く。
        だが、その足取りが掴めずにミラージュの雑務をこなす日々。
        そんな中、ヨーンは献身的なパルスェットの為に騎士公社へ。
        服や下着を買ってやることにしたのだが、右も左もわからない。
        買い物をパルスェットに任せつつ、ヨーンは追憶へと沈む。
        その手には、パルスェットが縫い直したあの手袋があった。

         

        えー、ヨーン君はあれからずぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっと!
        ずーっとデコースを探して回ってたらしいです、お疲れ様。
        しかし、ベラ国攻防戦では姿を見せなかった黒騎士デコース。
        その足取りを追う中、ミラージュの使いっ走りの仕事ばかり。
        まあ、しょうがない…君は正式な騎士じゃないんだものね。
        そんな訳で、パルスェットの服が気になり騎士公社でお買い物。
        まず、カステポーという土地柄からか、非常におおらかです。
        騎士公社のチェック体制、ザルです…流石はカステポーとしか。
        公式な騎士ではないヨーン君にも、気前よく買い物させてくれる。
        騎士公社ではファティマ用品は勿論、GTM関連のパーツも買える。
        永野先生のコメントがありますが、ファティマ用品は大変高価。
        数千万円から数億円、そのさらに上もあるという…た、高い(笑)
        これはファティマが究極の兵器であり、育成コストが高いから。

         

        で、ヨーン君は買い物の勝手がわからずパルスェットにおまかせ。
        その間、ぼんやりバーシャを思い出してしまう…魔性健在です。
        回想シーンでは、ダイ・グ&ジークがカイエンの試練に挑戦。
        二代目黒騎士ロードス公が立ち会った場には、エストもいました。
        他にはニーゼルと慧茄、そのパートナーのチャンダナとオデット。
        カイエンはカルバリィブレード二連発で二人の首を狙いました。
        ジークはダイ・グを、ダイ・グはジークを互いに庇って動き…
        共に腕を跳ね飛ばされるものの、生き残って天位騎士となりました。
        その中で気になる記述も多々あったので、明日のFSS考察で詳しく。
        やはり以前、クラーケンベールが言ってたのはこの二人でしたね。

         

        また、回想のバーシャによって「強い騎士の遅さ」の名前が判明。
        強い騎士は無駄が一切ないため、逆に遅く見えるというあの現象…
        ヨーンの手を切り飛ばした時のデコースも、同じ状態でしたね。
        あれは「スローハンド」と呼ばれる凄腕騎士特有のものだそうです。
        速すぎて逆に遅く見えるため、弱い騎士と勘違いするようですね。
        さてさて、ヨーンから今後バーシャの魔性は抜けるのでしょうか?
        タイトルロールとなったパルスェットに幸せは訪れるのか?
        今後、また楽しみな新章がいよいよ始まりましたね♪

        | ながやん | 月刊ニュータイプFSS連載情報 | comments(27) | - |
        !!ああっと!!
        0

          す、すみませぬ…忘れていたわけでは、ええ…

          決して、忘れてたわけでではないのです!

          たたこう、ちょっと…夏祭りで忙しくて?

          ええ、ちょっと我が郷里の祭が開催中です。

          来週はちゃんとFSS考察、UPさせていただきますね。

          すみませんー、うっかりしてました!ゴメンナサイ!

          | ながやん | ざれごと | comments(41) | - |
          第226回FSS考察「ジョーカーで一番ヤバいファティマは…誰だ!」
          0

            はい、こんにちは!暑かったり豪雨だったり大変な夏ですね。
            水害にあわれた地域の方、大丈夫でしょうか?とても心配です。
            そういえば先日、古いNT誌を整理していたらこんなイラストが…
            これは2011年、東日本大震災の時の御見舞のイラストですね。
            熊本でも大きな地震がありましたし、今年は豪雨も凄いです。
            でも、大変な時だからこそ、ネットでは楽しく盛り上がりたいですね。

             

            さて…先週もお話した通り、オーハイネさんがヤベェです、ガチで。
            あの人、アーカス・マーキュリーさんが作ったフローレスですよね?
            剣聖ヘリデ・サヤステのパートナーだった子なんですよね…(笑)
            金髪で白すぎる肌っていう、珍しいタイプのファティマですが。
            なによりあの思考、性格、どこまで計算でやってるんでしょうか!?
            まず、ツラック隊でもモロバレ前提でエニーホを名乗る度胸!
            そして、今のマスターのツバンツヒをコロコロ転がす器量と知略!
            なんでしょう、そこ知れぬ恐ろしさを感じずにはいられません。
            今週はそんな訳で、ジョーカーでもトップを争う激ヤバ娘達の話。
             

            まあ、普通に言えば運命の三女神が一番危ないファティマでしょう。
            時限回廊を開く子、オール3Aな子、神殺しの力を持たされた子…
            ま、彼女達は最終的にはファティマでなくなってしまうんですが。
            そうした超越者なファティマとは、違った意味でヤバい奴ら(笑)
            ヤバいファティマと言われると、まずは彼女が脳裏をよぎりませんか?
            そうです、ちゃあのパートナー、エミリィことヒュートランです。
            3Aを超えるスペックを目指すべく、自己鍛錬プログラムを搭載…
            結果「より苦戦を味わえる弱い騎士を求める」というおバカな子に。
            でも、ちゃあみたいなへっぽこ騎士でも天位級と互角に戦えちゃう。
            はっきり言って、スペックは文句なしに最強レベルかと思われます。
            ただ、ログナーや剣聖、天位級の人には全く見向きもしないという。
            桜子も言ってましたが、宝の持ち腐れ感もありますね…イイノカシラ。

             

            そんなヒュートランのベースとも言われる、令令謝もヤバい。
            戦闘力は勿論のこと、ヒュートランを小芝居で亡き者にしようと…
            ま、まあ、ギャグシーンだとしても妹を消そうとしたの、怖い。
            ネコ耳だし、バリバリやる気だったのに京に言い負かされてるし。
            ヒュートランとは別次元で怖いですね…だからでしょうかね?
            ソープ様のGTMに対しても、ソープ様自身にも引け目はなかった様子。
            自分のベストを見せることが最善、そう心に決めてた節もあります。
            アークマスター問題は心配でしたが、マドリガルも平気だったみたい。
            さて、バランシェファティマに目立つヤバい子ですが、どれどれ…
            よく考えてみたら、エストだって飛び抜けてヤバい子ですよね。
            ダッカス最優先主義の騎士選び!不思議と老騎士を多く選ぶとこ!
            そしてなにより、セーフモードを持つ放浪癖と二重人格の子。
            さらに…性格は清楚で可憐、聖女キャラ…この魔性感ヤバイですね!
            ああいう虫も殺さないような顔してる女性が、一番危ないデス。

             

            バランシェ、モラードと両博士の作品がやはり個性的ですね。
            そういった意味では、モンスーンやシクローンもかなり凄い。
            風のファティマ四姉妹は、どっちかというとマスターのせいかな?
            ラキシスと同じダブルイプシロン型ヒューマノイドのタイ・フォン。
            モナークセイクレッド探索のため、彼女は特殊なファティマです。
            まだまだ謎が多いので、タイ・フォンもヤバい秘密があったりして。
            そして、セイレイのシクローンにマロリーのモンスーンですが…
            多分、ヤバいシーンが多いのはあらかたマスターのせいかなあ。
            ユリケンヌは真面目な子のイメージがあるんですが、どうだか。
            意外とアルルもユリケンヌに苦労をかけているかもしれません。

             

            他には…そうですね、意外に怖いのが…ダイオード、とか?
            ネイパーに対しても「マジゲロヤバイ」だの、凄い口のききかた。
            マスターに局所的にタメ口なファティマは、結構見られますね。
            主にギャグシーンになると、ツッコミがタメ口になる子がいる。
            アレクトーやアウクソーなんかですね…マスターが凄い奴だから。
            他には、ティータやイエッタも凄い秘密設定がありそうですよね。
            ティータなんて対エスト用って言われてますから、後付け設定が…
            あとはやっぱり、超ヤンデレファティマのアウクソーかなあ。
            あれだけ一人を慕うのは凄いけど、純血の騎士専用だもんね。
            他には、出来た姉さん女房オーラが出てるメガエラ、とか?
            工場製ファティマなのにミラージュ入りしたパルスェット、とか?
            クーンなんかもう、分裂した片方が神様ですからね(笑)
            皆様は「こいつヤベェ!」って思ったファティマ、いますか?

            | ながやん | ファティマ | comments(53) | - |
            第225回FSS考察「能あるキャラは本名を隠す」
            0

              はい、暑い日が続きますね!毎日真夏日ですね!
              今日の話題はズバリ、偽名!セカンドネームです。
              ただでさえキャラ数が多いFSS、300人以上もいるのに…
              その上偽名を名乗ってるキャラも多いからややこしい!
              しかも、同じ顔のキャラも沢山いるからさらに凄い!
              そんな訳で、今回はFSS偽名キャラ一覧表を作りました。
              これだけの数の偽名があるんですね、おさらいしましょう〜

               

              天照・グリエス・エイダス・フォーチューン→レディオス・ソープ
              ミッション・ルース→ボード・ヴュラード
              メガエラ→メルクラ
              アイシャ・コーダンテ→サンドラ・イルケ
              ダグラス・カイエン→ヒューア・フォン・ヒッター子爵
              アトロポス→AT
              エスト→バーシャ
              ネッド・スバース→ナンカッドラ・スバース
              エルディアイ・ツバンツヒ→ストーイ・ワーナー
              オーハイネ→エニーホ
              F・U・ログナー→ワルツ・エンデ
              コーラス六世→ラベル・ジューダ
               

              ざっとあげただけでもこれだけの数の偽名(別名)が。
              更にはバイズビズ(ヴィンズ・ヴィズ)とかもあるんです…
              これは「発音しにくいから」って理由で勝手にキュキィが。
              因みに、偽名と似たものにレフトミラージュのコードネームが…
              では、いってみましょうか、レフト等のコードネーム一覧です。
               

              バーグル・デ・ライツァー→"シャフト"
              クー・ファン・シーマ→"ティン・バイア"
              サリオン(斑鳩王子)→"L.E.D."
              ヒューズレス・カーリー→"スピナー"
              エイドリアン・ターク→"パイソン"
              ベクター・オービット→"クローズ"
              ピッキング・ハリス→"スパーク"
              シトロン・メナー→"フリーズ"
               

              まあ、レフトのコードネームは名前と一体化してる人も。
              ベクター・"クローズ"・オービットって表記とかが一般的。
              他にも、コードネームではありませんが別名を持つ者も…
              サリオンは斑鳩王子だし、タイトネイブも峡楼姫って呼ばれる。
              いろんな名前があって、シーンで変わったりしますしね。
              因みにFSSの偽名、基本は「ローマ字逆読み」です(笑)
              一番わかり易いのが、最近だとエニーホさんですね。
              オーハイネ(OHINE)で、ひっくり返してエニーホ(ENIHO)
              …バレないんですかね、こんな取ってつけたような名で。
              ってか、オーハイネは絶対バレてたと思うんですけどね。
              金髪で超白い肌のファティマなんて、数える程しかいないし。
              最近ドえらいヤバサを秘めてたオーハイネは来週にでも。
              因みにレディオス・ソープはなにを逆さまにしたものか…
              これはポセイダル(Poseidal)を逆さまにした名前かも。
              他にも、資料によって名前の違うキャラが多数いますね。
              ミューズ・バン・レイバックだったりミューズバーンだったり。
              この辺は細かいことを言うとキリがないので割愛しました。

               

              因みにGTMやMHも、偽名を持つ騎体が何体かありますね。
              同一の騎種で三つの名前を持つフェードラも有名です。
              ヴュラードのブランジの正体は、クルマルス型のビブロスですし。
              FSSはただでさえ時系列が前後したりと、複雑な漫画です。
              その上、同じ顔の子孫や先祖が出てきて、オマケに偽名…
              なるほど確かに、ちょっと小難しい漫画ですよね(笑)
              でも、偽名や別名を持つキャラはまだまだ大勢います。
              他には、通り名なんかも探してみると面白いですよ。
              FSSには複雑なだけの楽しみ方、多様性がありますね♪

              | ながやん | キャラクター | comments(22) | - |
              第224回FSS考察「やっぱりマーク2の今後は…」
              0

                はい、皆様お疲れ様です!暑い日が続きますね!
                今月号で完全変形を披露したアレ、凄かったですね…
                そして、今月号ではさり気なく大事な情報がさらりと。
                今日はこのあたりを中心に、以前からの謎に挑みます。
                何故、マーク2はクローソーの名があるのでしょうか。
                それが密かに、今月号で明らかになったっぽいですね!
                 

                さて、マーク2・クローソーについての現時点での情報。
                どうやら、ツバンツヒがミラージュに持ち込んだ騎体だけ?
                マーク2の中でも、その個体だけがクローソーなのかもです。
                何故なら、このマーク2は後に、コーラスへ渡るからかな?
                今月号でログナーが、乗りまくってやると言ってました。
                それも「コーラスに行く前に」と一言入れてるってことは…
                やはり、最終的にこのマーク2はコーラス陣営に行くらしい。
                その時に初めて、クローソーと呼ばれるのかもですね。
                 

                では、何故このマーク2が「クローソー」なのでしょう。
                クローソーと言えば、現在エンドレスの中で休眠中です。
                決して目覚めることがないとも言われていますね。
                また、中で干からびてるという設定も昔はありました。
                作者の永野護先生が最も愛するキャラの一人、クローソー…
                彼女が再び物語に登場することはあるのでしょうか。
                因みに皆様ご存じの通り、エンドレスは最強GTMの一騎。
                旧設定では、パトラクシェミラージュと相打ちになります。
                GTM設定になった今、このシーンはどうなるのでしょうか。
                なにせ、マグナパレスには「写しがない」のですから。
                オージェ・アルスキュルに相当するGTMはトリパネルです。
                しかし、トリパネルがパトラクシェに改装された設定…
                これが存在するかどうか、ちょっと微妙になってきました。
                 

                ただ、旧設定通りに相打ちになるなら、話が繋がってきます。
                コーラス六世はエンドレスを失ったあと、マーク2に乗る。
                その時、エンドレスからクローソーを移植するのかな?と。
                エルガイムみたいに、後半はマーク2に乗り換えるとしたら…
                そして、その時クローソーもマーク2にお引越しするのなら。
                反乱軍の新たな象徴に、クローソーの名がつくかもですね。
                ただ、エンドレスからマーク2への乗り換え…パワーダウン?
                エンドレスは御存知、J型ミラージュという側面があります。
                ツァラトウストラ同様のツインエンジン、神殺しの力がある。
                対してマーク2は、シングルエンジンのティーガーフレーム。
                …まあ、クローソーが乗ってれば多分、無敵でしょうけども。

                 

                果たして新たなFSSの未来には、どんな展開がまってるのか。
                クローソーは本当に目覚めないのか、それとも…?(笑)
                彼女の名を冠するマーク2によって、星団は解放されるのか。
                星団暦4100年、我々が目撃する未来はどんな形でしょうか。
                ログナーの一言で、以前もとりあげたこの話題に信憑性が…
                やはりラベルは、エンドレス擱座後は乗り換えるのか!?
                今から楽しみですね…第三部も早く見たいものです。
                さて、来週はログナーのお話…お前、何騎持ってるねん!
                無数のGTMやMHに乗ってるらしい、ログナーを取り上げます。
                お前、GTMシュツェンも雷丸って名前つけてたんだって?
                実は旧設定でも、ログナーは多くの騎体を持ってました。

                 

                そうそう、いつもコメント沢山ありがとうございます!
                なかなか返信できない日々ですが、拝見させて頂いてます♪

                | ながやん | メカニック | comments(25) | - |
                月刊NT2017年8月号ネタバレ記事
                0

                  皆様、お疲れ様です!まずはお詫びから…

                  発売日にちょっと買えず、遅れてしまいました。

                  今さっき、NT誌の今月号をGET…こいつはスゲェ!

                  早速中身をご紹介しますね、なるほど完全変形!

                  いつものようにネタバレがあるので、注意してくだっさい。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  ・今月号のあらすじ
                  ミラージュ入りしたツバンツヒは、今やただの女子高生になっていた。
                  家庭科の時間に作ったお弁当が、若い娘にババ臭いと言われて泣く始末…
                  だが、そんな彼女のお弁当を食べつつ、天照はマーク2に興味を持つ。
                  そんなこんなで、ツバンツヒはマーク2を献上することになったのだった。
                  多くのミラージュが集まる中、フロートテンプルに飛んでくるマーク2。
                  直接の大気圏突入、高速でカッ飛ぶ飛行形態…ツバンツヒは上機嫌だ。
                  オーハイネも「陛下は褒めてくれる」などとついついいじってしまう。
                  そんな中、ツバンツヒはうっかり緊急手動変形レバーに触ってしまい…

                   

                  いやー、33年ぶりの完全変形はマーク2でしたね!いやはや、凄い!
                  ツバンツヒはカリギュラ時代より、身長を30cm近く小さくしてます。
                  なので…マーク2のコクピットに体格が完全にマッチしないんですね。
                  短くなった脚がすっぽ抜けて、緊急手動変形レバーに触っちゃった。
                  …なんか、こんなノリでいいのかストーイ・ワーナーさん(笑)
                  やはり今月号は、フロートテンプルのアレが再び…ダメージを…
                  なんかあの塔、呪われてるんですかね…しょっちゅう壊れますよね。
                  そして、マーク2のデザインに新情報が山ほど詰まっています。
                  バスターランチャーは背部にマウントできるんですね…両手フリーだ。
                  あとでまた、舐めるようにじっくりと変形を堪能したいと思います。

                   

                  そして、ページが少なめのギャグ回でしたが、面白かったですね。
                  「やはり天照陛下の暗殺を狙っておったか」なんて言われてるし。
                  そりゃまあ、ログナーが助けてなきゃ天照はマーク2に潰されてたかも。
                  あとは、気になるのはログナーのセリフ…ここは是非読んでみて下さい。
                  いやはや、ログナーはいったい何体のGTMに乗るんでしょうかねえ。
                  あ、扉絵はセイレイのパートナー、シクローンのアシリアです。
                  かわいいですね、モンスーンとはおそろいで差し色だけ違うみたい。
                  風の4ファティマは、タイ・フォンを除いで全員が一言多い系の子…
                  今のところおとなしいアルルのユリケンヌも、もしかしてじゃあ?
                  やっぱりアルセニック・バランスの設計のクセなんでしょうか。

                  | ながやん | 月刊ニュータイプFSS連載情報 | comments(15) | - |
                  すみません、本日オヤスミします!
                  0

                    皆様、お疲れ様です!ほんと、すみません!

                    実は、先日ちょっと一仕事終えたら…抜け殻になっちゃって。

                    すぐに復活しますので、マターリ待って頂ければ嬉しいです。

                    月曜にはNT誌面8月号の情報をお届けしますね。

                    ではでは、ごめんなさいですよ…申し訳ない!

                     

                    因みに、デコースはみんなに愛されるキャラだったのね…

                    よく考えたら一巻からの最古参キャラですしね。

                    彼にも最期が訪れるかと思うと、今から目頭が熱い。

                    どんラストになるのか、楽しみ半分惜しい半分…!

                    | ながやん | ざれごと | comments(9) | - |
                    第223回FSS考察「その男、無頼につき」
                    0

                      どうも、ジメジメと梅雨の長雨が続いてますでしょうか?
                      自分は北東北なので、これから梅雨前線がやってきます。
                      今日はカラッと晴れてますが、七月に入ると梅雨本番ですかね。
                      さて、今日はFSSでも屈指の人気キャラ、デコースのお話。
                      なんと彼、コミック一巻から登場しているんですね。
                      あのKOG(現マグナパレス)と戦って生き残った凄腕騎士…
                      最初は大物感なくて、アニメでも中尾隆聖さんが声当ててて。
                      でも、フリーザ様と同じ声が納得の騎士に今はなりました。
                      そんな彼の価値観や生き方、今後を少し書いてみようと思います。

                       

                      まず、デコースの設定や人物評を軽くおさらいしてみましょう。
                      彼は名門の騎士でもなく、王族や貴族でもない様子…不思議。
                      あれだけの腕を持ちながら、出生は謎に包まれています。
                      初登場は一巻、ユーバーの甥っ子としてソープと会いました。
                      美貌のソープを男と知りながら誘うなど、三下ムード満載…
                      しかし、一巻のラストではKOGに一閃で倒されるも、生還。
                      そこからデコースの最強伝説、そして最凶伝説が始まります。
                      カステポーを根城に、二代目黒騎士ロードス公に勝利。
                      その後、主を探すエストことバーシャに見初められます。
                      彼が三代目黒騎士になることは、以前から決まっていました。
                      コミック一巻のキャラシートでは、黒騎士の服を着てますね。
                      そして、ボスヤスフォートのバッハトマ黒騎士団団長に就任。
                      星都ペイジ攻防戦でA-TOLLを相手に、星団中へ名を轟かせます。
                      一流騎士として知れ渡り、天位をも手にした無頼の男ですね。
                       

                      さて、FSSが長い歴史を持ち、その中に入り込む物語なので…
                      当然、時間の推移と共にキャラクターも歳を取る訳ですね。
                      アイシャみたいに永遠の女の子で爆走、邁進してる人もいる。
                      一方で、子供は大きくなり、騎士にも老いた者たちがチラホラ。
                      星団暦という世界の中で、キャラクターのうつろいが豊かなこと。
                      これもまたFSSの大きな魅力、FSSならではの作風だと思います。
                      そんな中、デコースも随分と雰囲気が変わったと思いませんか?
                      嘗てはチンピラというか、狂気をはらんだ天才騎士の印象でした。
                      危うい強さというか、常軌を逸した理解不能な強さでしたね。
                      それが今や大騎士団の頭、一国の軍を統制する騎士団長です。
                      あのデコースがダッカスを見て月日を口にする日がくるなんて…
                      読者としても感慨深いですが、彼も成長し大人になりましたね。

                       

                      そんなデコースと言えばやはり、型にはまらぬ強さがあります。
                      二刀流の狂騎士、シバレースとまで言われた才能溢れる剣技。
                      ミラージュを片っ端から斬りまくる、我流剣士の凶暴な太刀筋。
                      彼はやはり、王族や貴族とは無縁な出身なのかもしれませんね。
                      正当な剣術ではなく、戦いの中で磨いた腕なのかもしれません。
                      七音剣、ストラトブレードというオリジナル必殺技まで持ってる。
                      剣術は勿論、GTMでも強く、あのバーバリュース・ヴィを負かす程。
                      三騎のサイレンを屠り、バーバリュースをわざと逃がす腕です。
                      ノイエ・シルチスのサイレンライダーを一人で三騎撃破…
                      これはジョーカーの常識で考えれば、破格の強さということです。
                      そして、それを自らバーバリュースを通してプロデュース。
                      恐るべき腕前です…しかも、中古のデヴォンシャでです。
                      それほどの腕を持ちつつ、今までずっと騎士団には参加せず。
                      彼ならばミラージュは勿論、三大騎士団にも席がある筈です。
                      ですが、カステポーで仲間たちを引き連れての放蕩生活三昧。
                      そんな彼が選んだのは、新興国バッハトマの黒騎士団でした。
                      多分「腕はあるけど家柄がない者たち」を使う姿勢に共感?
                      彼自身が家柄や銘を持たぬ人間という雰囲気、ありますよね。
                      エストに対しても「その名……銘か」と言ってましたし。
                      実力主義をうたうバッハトマの理念は、彼に響いたのかも。

                       

                      また、デコースの特徴として独自のファティマ観があります。
                      彼は今まで、ずっとエトラムルのファティマを使ってました。
                      KOGとの対戦は勿論、サイレンを三騎倒した時もエトラムルです。
                      彼ほどの腕ならば、ファティマはある程度よりどりみどりの筈…
                      それが何故、一貫してエトラムルばかりだったのでしょうか?
                      理由は二つほど考えられますが、どれも妄想レベルです(汗)
                      まず思ったのは、彼が強いこと、十分だったことがあるかも。
                      彼にとって全ての敵は「エトラムルで十分」だったのです。
                      なにせ、中古のデヴォンシャ&エトラムルでサイレンに勝つ腕。
                      わざわざ、いいGTMや人型ファティマにする必要がなかった。
                      しかし、ある出会いがデコースの人生を一変させてしまいます。
                      そう、ソープとラキシス、そしてKOGとの一戦と、生還です。
                      手も足も出ず一刀のもとに斬り伏せられた、あの戦いの後…
                      デコースの中でなにかが変わったような気がしませんか?
                      始めて、自分の強さに相応しいGTMやファティマを求めた。
                      だから多分、人が集まるカステポーにいたのかもしれません。
                      殺そうとしたファティマがエストと知るや、求めに応じました。
                      それは、権威主義を冒涜する以上に価値があったのかも。

                       

                      次に、デコースはファティマに忌避の感情を持っている?
                      ユーバーの城では、ラキシスに少し興味があった様子でした。
                      またオジサン一人で楽しむ気だよ、なんて言ってた気が(笑)
                      しかし、デコースは始めて会ったバーシャに痛烈でしたね。
                      ファティマの魔性という言葉で、健気さを切って捨てた。
                      ファティマの魔性とは、一途に尽くす姿がもたらす愛らしさ。
                      それを無自覚に本能として騎士とGTMに捧げるから、魔性です。
                      そのことをデコースは不思議と、過剰なまでに警戒してます。
                      なにか彼をそうさせるのでしょう…なにかあったのかも。
                      過去にデコース本人か、親しい人が魔性につかまったとか。
                      決してファティマに心を委ねぬ彼は、フィルモア系です。
                      しかも、フィルモア騎士以上に徹底した「物扱い」ですね。
                      水を飲ませたりアクセサリを贈ったりしても、物扱い。
                      全て「ファティマの性能維持」以上の気持ちがありません。
                      エストをモラード博士の元へメンテに送り出しても、そう。
                      徹底してファティマを物、兵器として扱う理由はなにか?
                      多くの騎士がパートナーとドラマを作る中、徹底してます。

                       

                      デコースは不思議なキャラで、非常に格好良い男です。
                      一巻の時点では、まさかこんな大物になるとは…と(笑)
                      ですが、どんな人気キャラも死ぬのがFSSのならいです。
                      彼にも今、生涯を終える戦いが迫っている気がします。
                      ヨーンとの決着か、戦場で討ち死にか、それとも…?
                      ただ、彼がカイエンに並ぶ騎士として読者に記憶されること…
                      いつまでもファンの心に残ることだけは確かでしょう。

                      | ながやん | キャラクター | comments(29) | - |