無料ブログ作成サービス JUGEM
第287回FSS考察「ややこしいあの人に関するまとめ・改訂版」
0

    はい、皆様お疲れ様です!よーやっとこさ、金曜日ですね。
    すっかり春らしくなって、自分の地域でも暖かい日々が…
    ま、まあ、朝起きると雪が積もってるんですけどね(笑)
    さて、今日は月刊NT誌の最新号でも大活躍?なあの人の話。
    ややこしい略歴を持つ騎士なので、まとめてみましたっ!

     

    さて、この度めでたくデコース君と結ばれた、マドラさん。
    元からベルベットの存在が明かされてたため、既定路線です。
    まあ…あんなふうにやられちゃうんだなーって、びっくり。
    ところで、マドラさんとスパーク、プロミネンスの関係は?
    この辺は作中でも語られてますが、少しまとめてみましょう。

     

    まず、大元の人格、本当に星団に生まれてきた女の子…
    それが、マドラ・モイライです…この人がオリジナルですね。
    マドラは小天位の剣豪ハルカオン・ハリスの娘に生まれます。
    しかし、当初は騎士としての力を全く見せませんでした。
    それもその筈、幼い頃から彼女は剣聖レベルの騎士でした。
    力を見せよと父に言われれば、あっさり殺してしまいます。
    マドラは剣聖スバースの血を受け継ぐ、純血の騎士の家系…
    騎士になろうとしないため、聖帝ミマスに引き取られます。
    その後は女官として、平和な日々を普通に過ごしました。
    ここで肝心なのは、マドラは清楚な乙女に見えて実は…
    快楽のために殺人や破壊を行う、狂気こそが本性なのです。
    貞淑な女性に見えますが、自分のために戦うのが大好きです。
    基本的に「一番やべぇ狂い方」をしてるのが、マドラですね。

     

    で、マドラは剣聖カイエンに攻撃されても、なんのその。
    あまりに強く、その力を望まないのに、本性は殺人鬼です。
    そのため、詩女フンフトは自身の力を使い、制御を試みます。
    そうして、マドラの力を弱めるリミッターとしての人格…
    ここでピッキング・ハリス、通称スパークが生まれるのです。
    スパークはミラージュ騎士になれる程の、非常に強い騎士。
    しかし、その状態すら「マドラを弱体化させたもの」です。
    ただ、マドラと違って普通に騎士の力を使うことができます。
    最強で無敵なのに「怖いわ、恐ろしいわ」なんて言いません。
    で、ヴァイ・オ・ラを駆り、驚異的な撃墜数を叩き出します。
    この時期、ヴァイ・オ・ラ・スパークの名は星団に轟きました。
    また、AP騎士団スキーンズ隊にも在籍、ヤーボと恋人同士でした。
    しかし、度重なる素行不良でAP騎士団を追放されてしまいます。
    その後は犯罪組織ゲイト・ジーベンに入るも、自ら組織を破壊。
    最後は天照の私設騎士団、ミラージュのレフト大体に入ります。

     

    そして…彼女の中にはもう一人、恐るべき人格が宿ってます。
    それが、AD世紀の超帝國剣聖アルゴン・プロミネンスですね。
    超帝國剣聖は、この時代の剣聖とは比較にならない強さです。
    純然たる戦闘兵器として生み出され、思考と人格を制御される。
    そうして管理しておかねばならないほど、危険な存在なんです。
    このプロミネンスは、スパークとマドラとはどういう関係か?
    最近ようやく「リストア」という設定で、少しわかってきました。
    ようするに、マドラはプロミネンスがリストアしてるんですね。
    ただし、ナオ(クルマルス)や恋ダウド(オージェ)とは違う…
    マドラである時、彼女は自分の中のプロミネンスを知らなかった。
    どういう訳か、リストアでありながら肉体側の方が強かった。
    超帝國剣聖の精神を宿すと、人格と記憶は超帝國剣聖になる。
    しかし、マドラはその狂気ゆえか、プロミネンスの人格がない。
    当初はなかった、というべきでしょうか…特別な存在です。

     

    ナオや恋ダウドは、脆弱な肉体に最強の超帝國剣聖が入ってます。
    記憶や人格、性格といったものは、超帝國剣聖のものです。
    つまり、ナオや恋ダウドという個人の人格は存在しません。
    これは恐らく、ハリコン(ララファ)も同じだと思います。
    ハリコンの場合、モナークセイクレットの任務前後が気になります…
    一年の剣聖在位の時期、確実に彼はララファの人格だったでしょう。
    しかし、星団に帰還した彼が、まだララファだったかは微妙です。
    ともあれ、普通はリストアすると「中の人の人格になる」です。
    しかし、マドラはプロミネンスを宿しながら、自我があった。
    ただし、彼女の乙女チック妄想や結婚願望、異常な愛情表現…
    これはまさしく、プロミネンスの影響が最新号で語られました。

     

    マドラ、スパーク、そしてプロミネンス…この三人は、特殊です。
    あまりにも複雑ですが、一番ややこしいのはマドラとプロミネンス。
    普通のリストアって、弱い身体に超帝國剣聖の人格と記憶が宿る。
    超帝國剣聖から見て弱いだけで、普通の騎士以上の肉体かもしれない。
    でも、マドラは違った…星団暦剣聖の肉体に、超帝國剣聖が入ってる。
    その弊害なのか、プロミネンスはしばらく外にでてきません。
    マドラというオリジナルの人格で、しばらく暴れまわるようです。
    ただ、マキシの師匠となった時には、既にプロミネンスの様子。
    マドラと人格が統合された、完全体と呼べる状態かと思われます。
    そのプロミネンスが、ミストブレーカー(懐園剣)を抜いた戦い…
    超帝國剣聖でも片腕を失う、サタンたちとの戦いとはいったい!?
    いやあ、恐ろしいですね…FSSの強さ談義は不毛な話なんですけど。
    リストア勢の中でも、最強の肉体を持つプロミネンスですら負傷する。
    そんな戦いがこれから待ってて、不可避の歴史なのがワクワクですね〜

     

    さて、来週はいよいよクロス・ジャマーで突然登場のファティマ!
    そう、あの謎のファティマに迫って、勝手に妄想や予想をしまっす!

    | ながやん | キャラクター | comments(17) | - |
    第283回FSS考察「永野護先生ってどんな人?」
    0

      はい、皆様こんにちは!先週はすみません…寝込んじゃって。
      今回はですね、趣向を変えてFSSの作者さんのお話です。
      そう、最近全く連載を休まない永野護先生のお話。
      古いファンは、マモルマニアとかを読んだ方もいるかも。
      自分も、いわゆる氏の伝記的なマモルマニアを読みました。
      これだけの作品を描く方だけあって、凄い人ですね。

       

      ・バッシュ誕生秘話
      ガンダムで有名なサンライズに出入りしていた、永野護先生。
      当時、富野由悠季監督は若い才能を集めて育てていました。
      当然「珍しい絵を描く奴がいる」と、永野護先生を見つけます。
      若きロックにーちゃんだった氏も、かなりイキッってたとか。
      「ロボもキャラも描けちゃうぜ!」などと、自信満々でした。
      しかし!サンライズ重役が並ぶ会議で、ホワイトボードに!
      さあロボを!描け!と言われて…全く描けなかったんですね。
      いやこれ、ちょっと今ならパワハラ?圧迫ナントヤラかも?
      まあ、永野護先生は始めて「思ってたより駄目じゃん俺」と。
      その会議で、富野御大が「ガンダムを想像するのよ!」と!
      そうです、その場でロボを描けと言われて描けなかったのが…
      RX-78ガンダムを想像して、それを自分なりに描くとあら不思議!
      なんとかアニメの企画会議で、ロボを描くことができました。
      それが重戦機エルガイムに登場する、バッシュだと言われてます。
      そう、バッシュはガンダムから換骨奪胎して生まれたんですね。

       

      ・Zガンダムでのアレコレ
      重戦機エルガイムで、メカとキャラの両方をやりきった。
      これは当時、大抜擢な上に異例の起用で、話題になりました。
      当時は新番組があると、第一話の前に変な特番がありました。
      何故か直接富野監督が出る番組で、アレコレ語るんです。
      当然、永野護先生も一緒に出ました…しかも、絵を描きました。
      「特番の時間内にエルガイムを描く」という無茶振りされて。
      まあ、時間内に完成しなかったんですけどね、その絵は(笑)
      そんなこんなで、アニメの世界に氏は華々しくデビューしました。
      そして、あのビッグタイトル…機動戦士Zガンダムと関わります。
      しかし、エルガイムと違ってガンダムは、いわゆる続編物です。
      既に1stガンダムという下地、歴史を持った作品だったのです。
      永野護先生のメカデザインは、当時ファンの批判に晒されました。
      アーガマ、リックディアスなどへの風当たりは、当時は強かった。
      そして、そのことにサンライズ上層部は敏感だったのです。
      富野監督はそれでも、氏にどんどんデザインをさせました。
      ただ、商売として客の反応を気にする上層部が難色を示します。
      こうして徐々に、永野護先生は商業アニメから離れていきました。
      辛い時期だったと思うし、二十年くらい前まで根に持ってた様子。
      ただ、最近はかなりマイルドと言うか、人間が丸くなりましたね。
      今月のガンダムエースに、FSSの広告が載ってて、あらビックリ!

       

      ・で、永野先生のガンダムの仕事って?
      まずはやはり、百式!…と思ったそこのあなた、正解です。
      でも、半分不正解…残念ながら、百式はちょっと違うんです。
      因みに百式、アナハイムのナガノ博士が開発したという設定のMS。
      百年持つように、との願いを込めて百式って名前にしたんですね。
      実はこれ、永野護先生が新型ガンダムとしてデザインしたもの。
      そのラフを、藤田一己さんがクリナップして完成したんですね。
      100%永野デザインといえば、リックディアスなどがそうです。
      リックディアス、実はシュツルムディアスというバージョンがある。
      このシュツルムディアスは実は、シャア用のカスタム機なんです。
      でも、永野護先生がデザインを提出し忘れたんですね…おいおい。
      アニメでは出てこなくて、クワトロ大尉も普通のリックディアス。
      しかし、永野護先生が去ったあとのZZで、掘り出されて使われます。
      あとは、アーガマ等の艦船のデザインを数多く手がけられました。
      珍しいところでは、0083に出てくるグワンバンなんかもそうです。
      アマテラスがMHやGTMと同時に、ウィルのような船も手がけたように…
      中の人である永野護先生も、多種多様なメカをデザインしたのでした。

       

      ・永野護先生と音、音楽の世界
      よく自分は、永野護先生を「ロックにーちゃん」と呼ぶようです。
      本当に、氏の音に対するこだわり、音楽に対する情熱は凄いんです。
      サンライズもそうですが、普通のロボットアニメ、ありますよね?
      音は結構、あちこちで同じものを使いまわしたりするんですよ。
      だから、ビームライフルの音は別のアニメでも、たまに聴けます。
      ようするに、特別に金をかける必要がない要素だと思われてました。
      またZガンダムの話になりますが、アッシマーって大型MSがあります。
      強いMSで、高出力のビームライフルを持って、戦いを挑んでくる。
      このアッシマー等、一部のMSだけ独自のSE、発射音が違うんです。
      更に、氏の映画「ゴティックメード」では音が半端なく凄いです。
      何種もの複雑なミキシングで、ロボットの駆動音を完全に再現してる。
      普通のアニメや劇場映画で、こんなに複雑な音を出してる、まずない。
      FSSだって、昔から永野護先生はCDを沢山出していたんですよ。
      ロボットモノを、漫画とアニメと音楽で表現しちゃう、それが永野護。
      自前のベースを持ってスタジオ入し、自分で演奏もしちゃうんです。
      当然、氏が学生時代からロックンロールに夢中だったのがあります。
      そう考えると、例えば漫画の中でも擬音の表現が特別、そして独特。
      ロボットが出る度に書き込まれる擬音、グォングォン、イヤァァンと。
      ちゃんと、ロボ毎に違う音を出したり、チューニングの違いも再現。
      FSSってヴィジュアル作品なのに、音とか臭い、味にこだわってますよね。

       

      さあ、どうでしょう…異例のロングランコンテンツ、FSSの創造主。
      日本のメカデザインに革命を起こした、永野護先生秘話を話しました。
      ほんとね、若い頃…特に90年代から00年代初頭あたりは、尖ってた。
      作品もそうだけど、先生自身が「なめんなよ!」って突っ張ってた。
      それはガンダムやアニメ業界への劣等感であり、反骨精神だった。
      でも、最近はそういう攻撃色、全く見せなくなりましたね…(笑)

      | ながやん | キャラクター | comments(7) | - |
      第276回FSS考察「一国の剣術指南級、とは」
      0

        はい、皆様こんにちは!夜の方、お疲れ様でっす!こんばんは!
        えー、ちょっと田舎に住んでるので、ニュータイプ買えない…
        んぎぎ、いつものTSUTAYAでは、12日にならないと届かないとか。
        いやあ、早くユーゾッタちゃんの活躍が見たいですね…楽しみ!
        さて、今日は毎度センシティブな話題…騎士の強さの話。
        第して、ミラージュ騎士は本当に強いのか!?でお送りします。
        よくミラージュは「一人一人が一国の剣術指南級」と言われます。
        これ、どれくらい強いんでしょうか?そして、何故大量に死亡!?
        相手が悪かったにしても、ブラッスリーにやられまくりでした。
        その辺はこちら、記念すべき第一回を見てもらえると嬉しいデス!

         

        第一回FSS考察「ミラージュはホントは強いんだい!」
        http://nagamono.jugem.jp/?eid=2
         

        で、一国の剣術指南級という、ちょっと曖昧な強さの表現。
        物語の中では、ズバリ剣術指南をしている騎士は誰でしょうか?
        まず思い出されるのが、コーラスのトリオの指南役、ロードス公。
        二代目黒騎士、ロードス・ドラクーンですね…因みに故人です。
        この方もデコースにやられてるので、まあミラージュと同格か。
        デコースが「高名な剣術指南役」の上であることは確かですね。
        因みに、同じくデコースにやられたヌーソード・グラファイト…
        彼はAKDゴーズ騎士団の剣術指南役をやってたりするんですね。
        現実でも、あらゆる分野で「人に教える」のは熟練者、習熟者。
        自分である程度技能と知識を高めた人だけが、教える側になれる。
        …つまり、ミラージュ騎士は全員そのレベルだという話、らしい。

         

        では、どうして最近ミラージュ騎士の無敵感が薄れてしまったのか。
        一巻でビョイト殿が恐怖した、あの強いミラージュ騎士はどこへ?
        まあ、キャラが増えて世界観が広がったので、しょうがないです。
        また、超帝國設定が大きなウェイトを占めた点も大きいでしょう。
        さらに言えば、ミラージュの大半(特にライト)は王族や貴族です。
        騎士の濃ゆい血を持ってるとはいえ、よくも悪くも綺麗な剣では?
        デコースのような、実戦で磨いた野獣の剣とは、少し違うのかも。
        スカ閣下は「戦場では試合と違って手加減してくれない」って…
        そこまでではないですが、やはり正統派の騎士が多いんでしょう。
        その穴を埋めるためか、レフトは各国で名を上げた騎士が多いです。
        外交や内政に関わるライトとは別物、完全な戦闘用がレフトですね。

         

        さてさて、ミラージュが最近尖ってないのは、どうしてか。
        ブラッスリー襲撃からも、早いもので十年近くが経ってます。
        その間、ミラージュがどういった活動をしてきたか思い出しましょう。
        まず、なんといってもツラック隊のエピソードでの大活躍ですね。
        相変わらず無敵に素敵なアイシャ様、そしてサポートの三人。
        あっ、カイダさんって強かったんだ、なんて思ったりもしました。
        でも、直後にナオがドドーンと出ちゃいましたからね…うーむ。
        キュキィのソニックブレードとかも、簡単に無効化しちゃったし。
        さらに言えば、バイズビズなんかツバンツヒの部下扱いでしたしね。
        ミラージュではないエレーナと、ほぼ同格の扱いをされていました。
        バイズビズ、あのバギィ・ブーフが「やべぇ!」って言う強さです。
        でも、相手はカリギュラの重合人間ツバンツヒでしたからねえ…
        超強かったランドも、今はハスハで騎士団務め、責任ある立場だし。

         

        他にも要因として、若いギャル(死語)のミラージュが増えたこと。
        以前の、血の十字架に集った凄腕騎士同士の緊張感、やや薄いかな?
        天照が唯一自由にできる財産であり、彼の全権代理人たるミラージュ。
        でも、今ちょうど所属騎士の世代交代の時期なのもあるでしょう。
        ヨーンだって、強いは強いですが、すぐ近くにニーゼルがいます。
        一時的かもですが、3000年代初頭のミラージュは…やや弱い?かな?
        これが3159年には、凶悪な殺戮騎士団として星団を脅かすのです。
        誰ももう、天照の式典騎士団だなんて言わないでしょうね(笑)

        | ながやん | キャラクター | comments(13) | - |
        第270回FSS考察「謎多きエイブロゥ男爵の過去」
        0

          はい、皆様こんにちは!ようやくの週末ですね!
          今日も元気よく、FSSに関する妄想を垂れ流してきまっす。
          さてさて、いよいよミラージュデビューのエィブロゥ男爵。
          御存知、ビット・マエッセンその人でございます。
          元パイドパイパー騎士団の、博士号を持つ超エース…
          ルンのシュペルターに破れるも、大活躍しました。
          特に、テロルから降りたアイシャを見つけた目のよさ!
          そんな彼の過去が、少しだけ語られようとしてます。
          今日はそのへんを、突っついてみようと思います。

           

          最新話にて、デモール(KAN)のテストを監視する男…
          ミラージュ入りしたエィブロゥ・ビット・マエッセンです。
          長い療養の末に、彼はミラージュ騎士団を選択しました。
          そして、そんな彼をさらに監視する、謎の老人と女騎士。
          女騎士はクバルカンのローテ騎士団副団長のようですが?
          この謎の老人、マエッセンの過去を知ってる様子です。
          なんでも、ローテ騎士団にゆかりのある人間だとか。
          さてさて、まずはこの老人、いったい誰なんでしょう。
          ヒントは、先月号で静と会っていることでしょうか。
          ルーン騎士団の本営、静のいる場所まで入れる身分の男。
          ないしは、勝手に忍び込むだけの腕を持つ騎士でしょう。
          そして恐らく、その両方…かなりの身分の人かもです。
          恐らく、ヘリデ・サヤステではないか、と思うのですが…
          ヘリデならば、遠縁のユーゾッタを心配するのも道理。
          そして、元ルーン騎士(人形遣い)なので無問題。
          もし彼がヘリデなら、久々に破烈の人形が見れるかも?

           

          で、ちょっと不思議だなーって思ったんですけどね。
          クバルカンにはルーン騎士団とローテ騎士団が存在します。
          どちらも宮廷騎士団格で、ルーンが男、ローテが女のみ。
          今はどちらもノンナ・ストラウスが司令官を務めています。
          配備されるGTMは、どちらもザ・ルッセンフリードを使用。
          ルーン用をフラウ・ワイツ、ローテ用をフラウ・ロット…
          意味は「白の婦人」「赤の婦人」って感じでしょうね。
          厳格な宗教国家でもあるクバルカンでは、男女別々。
          そんな中で、ちょっと気になることがありませんか?

           

          当たり前ですが、マエッセンは男、オトコノコですね。
          何故、ルーン騎士団ではなく、ローテ騎士団なのでしょう。
          ケーニヒがフィルモア騎士だったように、クバルカン騎士?
          なら、マエッセンは元ルーン騎士であるのが自然です。
          男なのに、ローテ騎士団にゆかりのあるのは、どうしてか。
          もしかして、マエッセンって女の子なんでしょうか!?
          それはないと思いますが、そこらへんを考えると…
          もしかしたら、デリケートな過去かもしれません。

           

          パイドパイパーにいた頃の、湿地の戦いを思い出します。
          出撃するケーニヒに「付き合うぜよ!」と飛び出すマエッセン。
          同僚のケルシャーには「激ラブ…」と言われてしまいますね。
          これ、前からちょっとどういう意味かなって思ってて。
          単純に「お前等仲がいーね」みたいな、深い意味はない言葉?
          それとも、実は本当に…薄い本がアツくなるような感じに!?
          ケーニヒをやられた時のマエッセン、激怒してましたしね。
          アイシャ相手に「勝ち逃げは許さん、俺と戦え!」と激昂。
          それってもしかして、ケーニヒのことが…なんてつい!ついね!

           

          では、全く根拠のない話ですが、妄想を纏めますと、ですね。
          以前、マエッセンはローテ騎士団に在籍してたかもしれません。
          男なのにどうして?それは、心が女だから…性同一性障害的な。
          身体は男だけど、心は女、そんな時期があったらどうでしょう。
          腕は確かなので、騎士団では欲しいが、さてどうしたものか…
          それで思い切って、クバルカンではローテ騎士に入れてみた。
          しかし、それで今度はローテ騎士内の風紀が乱れてしまった!?
          そう、お姉さま方が次々と腐っていった…赤の腐人になった。
          こうした問題があって、放り出されてパイドパイパーへ…
          マエッセンには、そういう悲しい過去があったのです!

           

          …ごめんなさい、ないと思う…けど、普通にルーン騎士かな?
          ローテ騎士と並び立つルーンの騎士だった、じゃないかなあ。
          でも自分は友人のお手伝いでしか、そういうの書かないですが…
          ケーニヒとマエッセン、この二人のホモォな関係、需要ない?
          なんていうか、腐女子や貴腐人の皆様はどうなんでしょうか。
          ま、それはおいといて…マエッセンはルーン騎士だったと過程。
          何故彼がルーン騎士をやめたか、最悪破門されたかもしれない。
          なにがあったか…来月号あたりから語られると思いますが。
          やっぱケーニヒ同様、堅苦しい大騎士団に辟易していたとか?
          自分の力をもっと広い世界で試したかった…とかですかね。
          不祥事という線は考えにくいですが、ないとも言い切れない。
          さあ、来月のマエッセンに注目ですね…GTMに乗ってほしい!

          | ながやん | キャラクター | comments(12) | - |
          第267回FSS考察「踏み込め、アルルと桜子の謎!」
          0

            こんにちは、お疲れ様です!夜の方、こんばんは!
            先週はすみません…ちょっと夏コミの原稿が(汗)
            友達の本を今年は二人分、手伝うことになったので。
            いやあ、なんとか形になったみたいでよかったです。
            ではでは、今週も楽しくFSSのアレコレをほじくります!

             

            最近、衝撃の事実が発覚し、ファンを騒然とさせました。
            フンフトと不義密通したピアノ・メロディなる人物…
            この人の正体が、死んだかと思われていたハリコンだった。
            ハリコンはカリギュラと戦い、死んだかと思われていた。
            しかし、どうやらクラウン銀河の中心にいたようです。
            時間の止まった場所で、彼はタイ・フォンと別れたか?
            そんなこんなで、彼はジョーカー星団に帰ってきてます。
            そして、ピアノという「いないはずの王族」として密通。

             

            フンフトが懐胎し、詩女の座を追われたことは事実です。
            そして、その相手がコーラスのメロディ家だということも。
            ただ、これは一部の人間達によって作られた事実でした。
            ハリコンとフンフトの間に子供ができた、これは事実。
            しかし、それをそのまま公表することはできなかった…
            さてさて、そんな二人の子供がアルルと桜子です。
            でも、最近の作中描写を見ると…おや?少し妙ですね。
            桜子はアルルが姉だということを、知りませんでした。
            ただ、桜子は自分を生んでフンフトが詩女をやめたこと…
            これは知っているし、そのことで自責の念を抱いている。

             

            桜子は多分、多くの民と同様に父はピアノだと思ってる。
            逆に、アルルは真相はともかく、桜子が妹だと知ってる。
            では、どちらがフンフトとピアノの子供なのでしょう?
            そして、別々の子供を一つのお腹に宿すのは可能なのか。
            例えフンフトが詩女の力、強いスコーパーの力でも…
            果たして、一度に別々の妊娠を、順に産み分けれるのか。
            ここでヒントになりそうなのが、ミースのお話です。
            ミースはマキシを産むため、ファティマの子宮に交換。
            妊娠期間は長く、数年単位の時間マキシはお腹の中です。
            だとすれば、特殊な遺伝子の子供は長期妊娠可能か。
            ファティマの子宮にしなくても、詩女パワーで可能?

             

            他にも、大きな疑問が…それは、ハリコンの正体。
            剣聖は結局、超帝國絡みの人間、純血の騎士だけです。
            ハリコンはララファのリストアっぽい感じなんですが…
            肉体的には、ごく普通のコーラスの騎士ではないのか?
            そのハリコンが詩女と子供をもうけると、凄いのか?
            そして、アルルと桜子、どっちの父親がハリコンか。

             

            鍵を握るのは、個人的にはタイ・フォンかな?と。
            タイ・フォンはダブルイプシロン型ヒューマノイドです。
            そう、ラキシスと同じなんですね…ファティマじゃない。
            つまり、タイ・フォンも子供を産むことができるんです。
            例えば、ハリコンとタイ・フォンの間に子供ができた。
            しかし、クラウン銀河中心部は時間が止まった空間…
            恐らく、妊娠しても時間経過での成長がないのでは?
            つまり、タイ・フォンは永遠に妊婦のままという、ね。
            クラウン銀河では生命は生まれず、代謝も止まっちゃう。
            だから、タイ・フォンから取り出した胚を持ち帰った。
            ジョーカーでフンフトのお腹に入れて、無事出産と。

             

            じゃあ、どうしてフンフトの仮腹が必要だったのか。
            そして、タイ・フォンから取り出したのはどちらの子か。
            思うに、タイ・フォンから取り出した胚はアルルでは?
            そして、純粋なハリコンとフンフトの子が、桜子とか。
            フンフトは詩女だったため、特殊な胚が着床しやすいとか…
            カイエンも生まれるために、クーンの仮腹が必要でした。
            詩女のスコーパーの力、それに類する力が必要だった?
            その上で、アルルと別に二人で桜子をもうけた、と…
            ちょっと予想の域を出ないですが、こんな感じかも。
            でも「桜子が全く別人の子」である可能性もありますよね。
            うーん、アルルがもの凄い設定のキャラになりそうですね!

            | ながやん | キャラクター | comments(25) | - |
            第265回FSS考察「あの人はやっぱりGTMを沢山使う」
            0

              はい、皆様お疲れ様です!明日から三連休ですね。
              お休みの方も、お仕事の方も、元気出してきましょ!
              今日は、以前も取り上げたあの人の乗るGTM…
              そう、ログナー司令は色んなGTMに乗る予定です。
              さらに、今月号で明らかになった設定が追加ですね。
              ログナーはお気に入りGTMを、雷丸って呼ぶ。
              これ、正式名称じゃなく愛称らしいですね(笑)
              勝手に雷丸って呼ぶそうで…今日はそのお話です。

               

              今月号の扉絵によれば、正式名称ではない様子。
              破烈の人形が雷丸その六、マーク2は雷丸その五。
              そして、ログナー用のツァラトゥストラがその四。
              その六まであるということは、最低六騎ある筈。
              まず、その一は恐らく、超帝國時代のシュツィエンかも。
              ブルーに塗られた雷丸と呼ばれるGTMを持ってた筈。
              デザインズ5の超帝國設定では、剣客だったそうです。
              まあ、ほぼ間違いなくシュツィエンが雷丸その一。

               

              では、その二とその三は、どんなGTMなんでしょう。
              ここはログナーが乗ったGTMを列挙し、逆算します。
              既に破烈の人形、マーク2、ツァラトゥは除きますね。
              まず、空中宮殿崩壊時に脱出したウーラ・ソニック。
              スピードミラージュ2号機、旧クラウドスカッツです。
              あと、ご存知イェンホウ…ヤクトR型オレンジドラゴン。
              この二つが、雷丸その二とその三なんでしょうか?
              でも、ちょっと時系列が前後してるような気が(汗)
              ウーラ・ソニックに彼が乗ったのは、星団暦4100年です。
              それより前は、ツバンツヒが乗ってるようなんですよね。
              ログナーももしかしたら、乗るかもしれないんですけど…
              マーク2を気に入って雷丸認定した時、まだウーラは未完成。
              これからツバンツヒが天照と作るので、まだ存在しない。
              マーク2が雷丸その五なので、若い番号になる筈ですね。
              よって、このウーラ・ソニックは雷丸ではないような…
              なるとすれば、雷丸その七とかが相応しい番号ですよね。

               

              あと、雷丸その四こと、ツァラトゥストラなんですが…
              これはバビロンズ、いわゆるマイティβの雷丸かもですね。
              マキシ用のツァラトゥストラは、デストニアスですし。
              昔は、マイティγの暁姫と、マキシ用LEDは別騎体でした。
              どっちも凄い撃墜スコアですが、LEDの方が大幅に多かった。
              多分、LEDのフレームランチャーでサクサク倒したのかも。
              でも、どうやら今は統一されて、デストニアスの様子。
              じゃあ、雷丸バビロンズも、ログナー用LEDと合体、かな?
              統一され、このツァラトゥストラ(皚次砲砲覆辰燭も。
              で、この騎体が雷丸その四なので、それより前に二騎…

               

              多分、イェンホウことヤクトR型が、その二かその三です。
              LEDと一緒にヤクトR型、KOGが星団に一般公開されました。
              それが3000年代初頭なので、マーク2や破烈の人形より前。
              で、ツァラトゥとは同時なんですが、ログナーの皚爾脇段漫
              なので、一般公開のあとにログナー騎は造られた可能性が…
              ほら、一応マイティシリーズでもあると思うので、多分。
              なので、このイェンホウが雷丸その三じゃないかと思います。
              そうなると…雷丸その二には、なにが入っているんでしょう。
              ホーンドミラージュ?シザーフォーン?それとも…新型かな?
              ツァラトゥやヤクトより以前の騎体で、シュッツィエンのあと。
              星団暦にログナーが発生してすぐのGTM…なんでしょうね。
              あと、気に入ったものだけが雷丸認定されるようなんです。
              ログナー、他にどんなGTMに乗ったんでしょうね…興味津々。
              ほぼ確実に、ホーンドミラージュ的なのには乗ってそうですが。
              果たしてそれが雷丸その二なのか…興味は尽きませんね!

              | ながやん | キャラクター | comments(17) | - |
              第263回FSS考察「謎の騎士、ぶっ壊れさん」
              0

                はい、皆様お久しぶりです!先週はすみません!
                ちょっと所要で、東京に珍しく外出していました。
                その間も、友達と語ったりとFSS成分をフル補給!
                今日からまた、マターリと連載してきたいと思います。
                さて、今日はみんなが気になってるクラックの話。
                ワスペン・ナンダ・クラックとはいったい誰なのか?

                 

                まず、最初期から言われてる「凶悪な騎士」という設定。
                もう、ミラージュなんて全員チート級の騎士なのに…
                その中でも、凶悪という言葉を使われるのは凄いですね。
                そして現在、このクラックの正体と思しきキャラが二人。
                そう、まずはカリギュラのユーゴ・マウザー教授ですね。
                彼の「騎士としての名」が、クラックだと明かされました。
                「ぶっ壊れ」という意味で、クラックというのだそうです。
                さらに、そんな彼が騎士の名を貸した人間、ニューもいます。
                ニュートラル・ダイヤモンドを助けたのは、マウザーでした。
                彼は宇宙をさまよっていたニューを助け、名を貸します。
                さあ、果たしてミラージュのクラックは誰なのでしょうか?

                 

                ダイヤモンド・クラック・ニュートラルの名には驚きました。
                しかし、ニューのミラージュ入りにはどこか違和感もある…
                彼は神々に戦いを挑む人間を助けて支える、あっち側の人間。
                神そのものである天照の騎士団に入るというのは、難しい。
                確かに、ダブルマイトで騎士なのだから、ある意味凶悪です。
                でも、天才肌でぶっ飛んだとこありますが、凶悪…かなあ?
                騎士として飛び抜けて強い力を、まだ見せてくれてません。
                さらに、彼がミラージュ入りしてしまっては、歴史が困る。
                誰がテンプルシリーズで人間側を支えるのでしょうか、と。

                 

                反面、マウザー教授が騎士の名を取り戻して、入団するのは?
                これは意外と、すんなりという感じもしないでもないですね。
                既に先に、お友達?のスペックことツバンツヒがいますし。
                スペックとクラック、コードネームもなんだか似てる(ぉぃ
                そして、マウザー教授はカリギュラの重合人間、強いですよ。
                あのジークとヨーンを一人で手球に取った実力の持ち主です。
                凶悪な騎士という形容も、相応しい気がしますけどもね…
                ただ、カリギュラからどうやってAKDのミラージュに来るのか。
                そういえば、彼も手伝ったKANは未来にはAKDでも使われますね。
                ゴーズ騎士団がKANアルファ、KANセカンドなどを持つとか。

                 

                ただ、最新号でわかったのは、マウザー教授の気まぐれな性格。
                そして、彼がポンと騎士の名を貸してしまうことでしょうか。
                つまり、今後まだ見ぬ新キャラがクラックの名を借りることも…
                マウザー教授がミラージュ入りするよりも、そのキャラがくる?
                クラックの名を借りた新キャラが、ミラージュにくるのかも。
                こればっかりはまだまだわかりませんが、クラックは古いキャラ。
                作品集ツインタワーでは、ヤクトのバスター砲と描かれてます。
                その時は近くに、タイトネイプが一緒に描かれてた気がします。
                …ん、バスター砲と一緒にって、つまり技師系?博士系なの?
                じゃあ、やっぱりマウザー教授本人がクラックなんでしょうか?
                ぶっ壊れの名に恥じぬ凶悪な騎士、早く本編で会いたいですね!

                | ながやん | キャラクター | comments(16) | - |
                第261回FSS考察「最新設定、最大の謎へと挑む!」
                0

                  はい、皆様お疲れ様です!とうとう六月、梅雨の時期ですね。
                  自分のいる場所は北国なので、まだ少し先かもしれません。
                  しかし、どんより曇って雨模様、梅雨遠からじって感じです。
                  今日も妄想全開、空想MAXでFSS考察をお届けしたいと思います!
                   

                  さて、最新話で明らかになった、驚くべき設定が一つ。
                  剣聖ハリコンは、生きていた!そして、成人していたのです。
                  フンフトと不義密通を行ったピアノ・メロディなる人物…
                  彼の正体は、ハリコンその人だったことが明かされました。
                  しかし、そこで大きな謎が持ち上がってくるのです…
                  そう、フンフトの子といえば、ナトリウム・桜子ですね。
                  そして、腹違いの姉にアルル・フォルテシモがいた筈です。
                  しかし、アルルの父親であるピアノは、実はハリコンだった。
                  つまり、桜子とアルルは完全な異母姉妹ではないのですね。
                  さあ、どういうことが起こっているのか、追ってみましょう。

                   

                  まず、何度も話題に出てますが、ハリコンについておさらい。
                  最新の設定では、彼は超帝國剣聖ララファのリストアの様子。
                  つまり、唯一純血の騎士ではないハリコンもまた、超帝國絡み。
                  剣聖はこれで、全員が超帝國の関係者ということになります。
                  剣聖の在位期間は星団暦2619年〜2620年の、一年のみです。
                  この間にカリギュラと戦い、若くして命を落としました。
                  そういうことになってましたが、ちゃっかり生きてました。
                  しかも、成人した青年の姿になっていましたね…不思議。
                  彼はなんらかの形で死ぬも、コーラスを見守っている様子。
                  今はコーラス四世の周囲に、クローソーと一緒にいるのかな?
                  まず、普通に生きてたことにびっくりしましたね(笑)

                   

                  では、最新号でも語られたフンフトが詩女の時代の話。
                  星団暦2920年〜2961年の間、彼女は詩女を務めています。
                  彼女から見て、ハリコンは300年も前の人間になりますね。
                  しかし、ここで思い出してほしいのが、ハリコンの相棒。
                  ダブルイプシロン型ヒューマノイド、タイ・フォンです。
                  彼女は時間の止まったクラウン銀河中心部へと旅立ちました。
                  モナークセイクレットの秘密を知り、ナインに会います。
                  しかし、銀河の中心部は時間が止まっている…つまり!
                  ハリコンも一緒に行けば、彼の成長も止まることになります。
                  ハリコンの姿は、現在の連載ではせいぜい100歳前後かな?
                  連載の姿は、タイ・フォンと別れて少しあとかもです。
                  彼はピアノの名と共に、ユリケンヌを娶っている様子。

                   

                  さて、ここからが本題です…アルルはどこから出てきたの?
                  フンフトが詩女の座を追われるのは、桜子の妊娠と出産。
                  なので、その前にアルルは確実に生まれている筈ですね。
                  アルルが姉ということになってるので、2960年以前の話。
                  そのアルルが、桜子と共にフンフトのお腹にいた…?
                  どうも、連載を読んでいるとそういう感じらしいです。
                  そして、超帝國と詩女の力が、それを可能にした、と。
                  フンフトの身体には、妊娠期間の異なる胚が同居した…?
                  では、アルルは誰と誰の遺伝子を持った胚なのでしょう。
                  ここには、ダイヤモンド・ニュートラルも絡んでいる?
                  クラックの名が明かされた彼は、出産後に関係するのか?
                  それとも…Crack(亀裂)の名前が暗示してるのは…?

                   

                  ここからはもう、完全に想像の範疇なんですけどもね。
                  アルルが懐園剣とLH1アハメスを所有してるってことは…
                  間違いなくこれらは、ハリコンから譲られたものです。
                  しかし、その間にワンクッション、挟まっているのか?
                  アルルを守り育て、継承させたのは…ニューなのか。
                  ニューが拠点とした、イズモアストロシティなのかしら。
                  そう仮定すると、出産以前の関係者は絞られてきます。
                  そして、すげえ妖しいのが…やっぱタイ・フォンですね!
                  何故、ラキシスと同じダブルイプシロン型なのか。
                  厳密にはファティマではないということになります。
                  そして、クラウン銀河中枢にて、モナークに触れた…
                  その過程で、なにかがあったとしか思えないんですね。
                  …もしやアルルは、ハリコンとタイ・フォンの子では?
                  カイエンと真逆に、人間を借り腹として生まれたとか。

                   

                  桜子は「私を産んで詩女を追われた母」と言ってました。
                  その桜子が、学校ではジークの先輩、ヨーンと同世代…
                  連載でフンフトがラーンを去る原因は、桜子でしょう。
                  フンフトと同時期、ニーゼル達もラーンを去っています。
                  その直後に生まれたのが璃理、次がジーク、かなあ?
                  であれば、その前に確実にアルルは生まれてる筈です。
                  じゃあ、産んだのはフンフトじゃないという考えも…?
                  ニューは少年期、宇宙でタイ・フォンに救われてます。
                  その時、彼女とハリコンとの受精卵、胚を受け取った…
                  そして、フンフトの中で着床させ、人知れず生ませた?
                  どうしても一度、詩女のお腹を経由する必要があったとか。
                  であれば、人知れず生まれてすぐ、イズモ行きかも。
                  アルルほどの騎士が世に出ず成長した理由も頷けます。
                  実は自分、アルルのファンでして…凄く好きな子です。
                  凄く気になりますね…彼女の正体はなんなのでしょうか!?

                  | ながやん | キャラクター | comments(8) | - |
                  第260回FSS考察「神に挑む者達の拠り所になるんじゃ…!?」
                  0

                    はい、皆様こんばんは!更新遅れて申し訳ありません。
                    今月もいよいよ最後の金曜日、プレミアムフライデーですね。
                    ちょっと体調を崩してますが、自分は元気に楽しくやってます。
                    先週の記事に対しても、沢山のコメントありがとうございます。
                    あれ、ガンダムでいう「よくもジーンを!」的なのかも…
                    トローラ、最強クラスとまでもいかないまでも、強い騎士…?
                    あのデコースと気が合う仲間だったあたり、生きてれば…
                    ですが、歴史にIFは存在せず、もしもを語るのも詮無いこと。
                    ただ、デザインズで新規イラストと名字がついたのが気になる。
                    とまあ、色々妄想を広げてましたが、今週は最新のネタバレです。
                    まだ今月号のNT誌を読んでない方、気をつけてくださいね♪

                     

                    あ、さ……今月号の扉絵で、恐るべき事実が明かされました。
                    しかも、なんでもなくサラッと…思わず二度見しちゃったヨ!
                    なんと、ミラージュ騎士団レフトのNo.21、ワスペン・クラック…
                    どうやらその正体は、ダイヤモンド・ニュートラルかもしれない!
                    まだ確証は得られませんが、その可能性がでてきたみたいです。
                    魔導大戦は「あの凶悪な強い騎士クラックも出る」と言われてた。
                    昔のNT誌のかなんかで、永野護先生の言葉を見た気がします。
                    しかし、その正体は…まさかまさかの、金剛様なんでしょうか?
                    扉絵には「ダイアモンド・クラック・ニュートラル」とある。
                    アルルにとって、桜子と同じくらい関わりの深いキャラとのこと。

                     

                    アルルが初登場した場所は、イズモ・アストロシティでしたね。
                    その時、コーラスの王子マヨール・レーベンハイトを弟子にしてた。
                    エンゲージSR1ことLH1アハメスと懐園剣を手にしていました。
                    初登場時、突然のエルガイムリスペクトなMHにびっくりしました…
                    久しくメインエピソードから離れていた、コーラスの風が吹いた。
                    そしてアルルは、ハスハに身を寄せ双子を守る騎士になった。
                    昨今は、父親がハリコンであったことも判明し、謎を呼んでます。
                    アルルは桜子の姉、年も結構離れている筈ですが…どういうこと?
                    今日はそんな謎の前に、クラックの話に切り込んでみたいですね!

                     

                    ワスペン・ナンダ・クラック…彼の名前は古くから登場します。
                    作品集「TWIN TOWER」に、クラックの姿を見ることができた筈。
                    ヤクト用バスターランチャー&タイトネイプと一緒のイラスト。
                    この時点で「フードで外見がわからないキャラ」でしたね。
                    そう、この騎士は永野護先生に「最凶」と言われてきました。
                    なのに、さっぱり情報もないし、キャラシートも描かれてない。
                    しかし、ずっと我々は彼を、後に彼になる人物を見てきたのでは?
                    そんな衝撃を与えてくれたのが、今月号の扉絵の一言でした。
                    では、どうしてニューがミラージュ入りするんでしょうか?
                    彼は「神(天照)と戦う者達、人間達」を応援するのでは?
                    LEDミラージュ&ヤクトミラージュオレンジライト公開時…
                    彼はその式典の映像を見て、はっきりとそう呟いていました。
                    じゃあ、ニューがクラックと呼ばれる騎士ではないとしたら…
                    ですが、彼がダイアモンド・クラック・ニュートラルなのです。
                    そして、もう一つの可能性を、彼の設定は最初から封じている。

                     

                    ニューは「性別を捨てた人間」です…全ては研究のためです。
                    美しい容姿を持ちながら、性器は勿論、乳首まで切除した…
                    完全に性別を捨て、男でも女でもない知的生命体になったのです。
                    彼は貧しい移民の子でしたが、宇宙で事故に巻き込まれます。
                    そして(偶然か否か)クラウン銀河中心でタイフォンに会います。
                    そう考えると、タイフォンの元マスターの子、アルルとは因縁…
                    不思議な縁ができていたことも、いまさらながら納得です。
                    騎士な上にGTMとファティマのダブルガーランド、ニュー…
                    彼は性別を捨ててるので、子供を作るのが難しそうです。
                    よって「クラックはニューの子孫」というのは、考え難い。
                    FSSお馴染みの、子孫や血縁者というのは、ちょっとなかなか…

                     

                    ただ、ここで注目したいのはアルルの存在と、その出生です。
                    桜子より先にフンフトから生まれてる筈ですが、どうも臭う…
                    既に「アルルと桜子はフンフトのお腹で別々に成長」とも。
                    アルルの謎については、今後また語りたいと思っています。
                    で、ニューですが、彼自身まず天照に接近していますよね。
                    マイティシリーズのために、LEDのエンジンをもらってます。
                    そう考えると「完全な天照の敵対者」でもないような…?
                    そして、凶悪な騎士と言われるクラックは、彼そのものなのか?
                    別人だった場合、ニューとの繋がりはどのようなものか…
                    性別を捨てた男が、アルルの謎の技術を使って生むのか?
                    興味は尽きませんが、また一つ謎が明かされ、新たな謎に。
                    全ての謎が明かされる時が、今から楽しみですね!

                    | ながやん | キャラクター | comments(6) | - |
                    第259回FSS考察「歴史が忘れた最強クラスの騎士!?」
                    0

                      はい、皆様お疲れ様です!先週はすみません!
                      なかなかままならぬもので、色々サボり気味ですね。
                      最新号のNTも興味深いし、扉絵だけでもビックリ仰天!?
                      最近、FSSの物語が加速してる、そんな気がしますね。
                      コミック発売時も休載しないし、新設定もどんどん出る…
                      永野護先生もきっと、ゴールを見据えて挑んでるのかも。
                      先日、高畑勲監督が亡くなったように、人には寿命がある。
                      バランシェのように身体を入れ替える訳にはいかないし。
                      個人的にはFSSの完結より、氏の充実した毎日を希望ですね!

                       

                      あ、さて…今日は誰もがみんな忘れてる、あの騎士の話。
                      皆様、覚えていらっしゃいますか…デコースの初登場を。
                      その時、一緒に誰かいませんでしたか?そう、似た格好で!
                      そう、ユーバーの甥っ子として紹介された、トローラです!
                      本名、トローラ・ロージン…彼はKOGの記念すべき最初の敵。
                      そして、KOGでソープとラキシスが倒した最初の騎士です。
                      右手でバルンシャの頭部を掴まれ、握り潰されました。
                      この時点で死んだか、バスターランチャーに巻き込まれたか…
                      公式に死亡認定されており、以後全く出てきておりません。
                      今日は彼、トローラについて勝手な話をしたいと思います。

                       

                      まず、当たり前ですがユーバーと血縁関係はありません。
                      ボードが「あいつに騎士の血なんかあるものか」って…
                      そう言ってますが、誰の血からも騎士が生まれるんですよ。
                      ただ、金で雇った傭兵、名目上の甥ということなんでしょう。
                      デコースと共に登場した時は、いかにもな三下雑魚でした。
                      台詞は少なく「ずるいなあ〜」「ムッ?なんだ?」だけ(笑)
                      ところで、頭部へのバックラッシュってあるんでしょうかね。
                      頭部を潰されただけだと、ファティマが死ぬくらいでは…
                      あと、ファティマシェルは超頑丈って設定もありますよね。
                      でも、MHの頭部は兜の中で顔が「騎士に合わせて」回る。
                      つまり、逆を言えば頭部へのダメージが中の騎士にも…
                      いやでも、なんかちょっと間抜けに見えちゃうんですけどね。
                      ただ、剣すら抜かず鎧袖一触、KOGの強さが引き立地ますね!

                       

                      で、トローラってどれくらい強い騎士なの?と思いまして。
                      笑わないでくださいね、多分ですが…結構強いのでは?
                      まず、あのデコースがつるんでる、一緒にいるということ。
                      このデコースは1巻の時間軸の前、バーバリュースを撃破。
                      中古のデヴォンシャでサイレン3騎を撃破していました。
                      また、狂騎士と呼ばれるくらい、権力や権威になびかない。
                      手下や仲間もまた、尖った人が多そうなイメージですよね。
                      そんなデコースが、結構仲よさげにつるんでるトローラ。
                      …ひょっとして、デコースも認める腕の持ち主なのでは?
                      デヴォンシャが少数のサイレンと戦えるお膳立てをしたのも…
                      まあ、立証しようがないんですが、そうだったら凄いですね。

                       

                      トローラは昔からの、デコースの仲間、相棒だった。
                      そうだとしたら、彼の生死は歴史を揺るがす事件でした。
                      デコースには及ばぬまでも、彼が認める騎士だったトローラ。
                      例えば、バギィ・ブーフくらいの腕はあったとしたら?
                      彼が生きていて、そのままデコースとバッハトマにいたら?
                      かなりバッハトマの手駒は、充実するんじゃないでしょうか。
                      勿論IFの話、トローラが本当に強い騎士だったらですが(笑)
                      彼の腕は計測不能、なにせKOGに挑んで死んだ訳ですから。
                      あのシーンは、バルンシャでもサイレンでも一緒です。
                      例えミラージュ級の騎士が乗ってても、同じ結果でしょう。
                      だからこそ、生き残ったデコースが凄いんですけどね。

                       

                      謎の騎士、トローラ…もし、彼が屈強な騎士だったなら。
                      デコースも認める腕、気の合う仲間…相棒だったとしたら。
                      紛争解決に来たフィルモアに、中古のMH二騎で挑んだら。
                      周囲を引き受け、がバーバリュースを倒す援護をしてたら。
                      真相はわかりませんが、もしそうだったら面白いですよね〜

                      | ながやん | キャラクター | comments(34) | - |