無料ブログ作成サービス JUGEM
第229回FSS考察「エストとバーシャの不思議な関係」
0

    はいっ、一週間の学業や労働、その他もろもろお疲れ様でした!
    お盆休み、終わっちゃいましたね…次は年末年始くらいかなあ。
    皆様はこの夏、ゆっくり休んでいい思い出を作れましたか?
    自分は家でゴロゴロしてました…ふ、普段通りですね(笑)
    さて、今日は非常にデリケートというか、難しいお話…
    読者と作者の間でも二転三転してるファティマのお話デス!

     

    さて、最新話にてヨーンはバーシャとの会話を思い出してました。
    以前、ジークにクラーケンベールが語った剣聖の試練のお話。
    ロードス公を立会人として、カイエンが二人の少年を試しました。
    それはダイ・グとジークだったのですが…あれ?あれれぇ?
    この話を「バーシャが話す」って、ちょっと変じゃないですか?
    そう、何故ならバーシャはエストのシークモード人格だから。
    主を探す間、銘を隠すために変身する裏の人格だからです。
    そして、以前ヨーンとバーシャを助けた静は言ってました…
    「バーシャの時、エストの記憶はない」みたいなことを。
    しかし、バーシャはエストとして例の試練に居合わせたのです。
    うーん、これはどういうことか…少し整理してみましょう。

     

    ・エスト
    シンクロナイズド・フラッターを持つ突然変異のファティマ。
    黒騎士専用で、黒騎士に乗るとパワーゲージが跳ね上がる。
    黒騎士に最もふさわしい騎士を優先的に選びマスターとする。
    ソープと並ぶ物語の狂言回しで、黒騎士以外のマスターも多数。
    五代目黒騎士グラード卿と共に永眠(諸説アリ)
     

    ・バーシャ
    壊れて騎士をマスターとして認識できないはぐれファティマ。
    カステポーではある種の都市伝説となっている。
    「黒き死の女神」の異名で一部の人に恐れられている。
    騎士やファティマの間では、ある程度は有名人っぽい。
    見込みのある騎士を鍛え、剣技や戦いの基礎を教える。
     

    で、大事なのは「エストとバーシャが共有してる記憶」の話。
    作中、双方は互いを意識していないようにも見えますが…?
    ただ、バーシャはヨーンをデコースから守った時、察した感じも。
    自分の中のエストが目覚めそうなのを、感じてたっぽいですよね。
    エストがデコースを求めて目覚める直前、最後のバーシャの力…
    それが、ヨーンを守ってブレイクダウン・タイフォーンを見せた。
    そうも思えます、だからバーシャはエストを知っているのかも。
    逆に、エストはバーシャを完全に知らないように思いますね。
    また、エストになるとバーシャの記憶は感知できないようです。
    デコースをマスターとした瞬間、ヨーンをすっかり忘れてました。
    ヨーンを命懸けで守ったバーシャが、突然エストとして無視する。
    これは確かに、いたいけな少年の心を歪ませるかもしれません。

     

    あ、では…バーシャはエストの記憶を認知できるのでしょうか。
    エストはバーシャの記憶を認知できない、これはほぼ確定です。
    だからヨーンは、彼女がデコースのエストである限り再会できない。
    デコースを倒せば再びバーシャになると思われますが、果たして…?
    それはさておき、バーシャ側からエストの記憶、これはどうか。
    静はスペアのスーツを貸しつつ、確かに言っていました。
    エストの時戦った自分を、バーシャは覚えていないだろう、と。
    しかし、よくよく考えてみると…それは少し矛盾がありますね。
    もしかしたら、静の言葉は星団中の著名人の共通認識でも…
    事実ではないのかもしれない、そう思うようになりました。
    一般的に「バーシャになるとエストの記憶はない」と言われてる。
    二人が安全にマスターを探すための方便、嘘なのかもしれない。
    実際にはバーシャは、エストの記憶を知ってて使えるのでは?

    まず、今回のダイ・グとジークの話を語れたことが一つ。
    更に、バーシャは数々の剣技をヨーンに実際に教えていました。
    バーシャは表向きは工場製のファティマなので、少し不自然です。
    エストは数々の騎士から、剣技を学んだという設定があるので…
    バーシャがヨーンに見せた剣技は、エストの記憶の可能性が高い。
    それに、バーシャは慧茄のダブルヘキサグラムの逸話を知ってた。
    慧茄が攻撃タイミングを得る為、牽制に使ったことを話しました。
    バーシャが慧茄と面識がなかったとは言い切れないでしょう。
    しかし、慧茄がそうした手の内を明かすなら、それは多分…
    誰かのパートナーである時の、エストへが自然ではないかなと。
    勿論、慧茄の逸話が騎士やファティマには有名な話かもですが。

     

    現段階では「バーシャはエストの記憶がある」と思えます。
    逆に「エストはバーシャの記憶がない」、これもほぼ確定?
    だとすると、エストが魔性の女と呼ばれるのも頷けますね。
    ひょっとしたら黒騎士以外にも、多くの若者を育ててきたのかも。
    五人の黒騎士と無数のマスター、そして若き才能の騎士達…
    多くの男達と関わりながら生きてきた、魔性の女…恐いですね!

    | ながやん | ファティマ | comments(32) | - |
    第226回FSS考察「ジョーカーで一番ヤバいファティマは…誰だ!」
    0

      はい、こんにちは!暑かったり豪雨だったり大変な夏ですね。
      水害にあわれた地域の方、大丈夫でしょうか?とても心配です。
      そういえば先日、古いNT誌を整理していたらこんなイラストが…
      これは2011年、東日本大震災の時の御見舞のイラストですね。
      熊本でも大きな地震がありましたし、今年は豪雨も凄いです。
      でも、大変な時だからこそ、ネットでは楽しく盛り上がりたいですね。

       

      さて…先週もお話した通り、オーハイネさんがヤベェです、ガチで。
      あの人、アーカス・マーキュリーさんが作ったフローレスですよね?
      剣聖ヘリデ・サヤステのパートナーだった子なんですよね…(笑)
      金髪で白すぎる肌っていう、珍しいタイプのファティマですが。
      なによりあの思考、性格、どこまで計算でやってるんでしょうか!?
      まず、ツラック隊でもモロバレ前提でエニーホを名乗る度胸!
      そして、今のマスターのツバンツヒをコロコロ転がす器量と知略!
      なんでしょう、そこ知れぬ恐ろしさを感じずにはいられません。
      今週はそんな訳で、ジョーカーでもトップを争う激ヤバ娘達の話。
       

      まあ、普通に言えば運命の三女神が一番危ないファティマでしょう。
      時限回廊を開く子、オール3Aな子、神殺しの力を持たされた子…
      ま、彼女達は最終的にはファティマでなくなってしまうんですが。
      そうした超越者なファティマとは、違った意味でヤバい奴ら(笑)
      ヤバいファティマと言われると、まずは彼女が脳裏をよぎりませんか?
      そうです、ちゃあのパートナー、エミリィことヒュートランです。
      3Aを超えるスペックを目指すべく、自己鍛錬プログラムを搭載…
      結果「より苦戦を味わえる弱い騎士を求める」というおバカな子に。
      でも、ちゃあみたいなへっぽこ騎士でも天位級と互角に戦えちゃう。
      はっきり言って、スペックは文句なしに最強レベルかと思われます。
      ただ、ログナーや剣聖、天位級の人には全く見向きもしないという。
      桜子も言ってましたが、宝の持ち腐れ感もありますね…イイノカシラ。

       

      そんなヒュートランのベースとも言われる、令令謝もヤバい。
      戦闘力は勿論のこと、ヒュートランを小芝居で亡き者にしようと…
      ま、まあ、ギャグシーンだとしても妹を消そうとしたの、怖い。
      ネコ耳だし、バリバリやる気だったのに京に言い負かされてるし。
      ヒュートランとは別次元で怖いですね…だからでしょうかね?
      ソープ様のGTMに対しても、ソープ様自身にも引け目はなかった様子。
      自分のベストを見せることが最善、そう心に決めてた節もあります。
      アークマスター問題は心配でしたが、マドリガルも平気だったみたい。
      さて、バランシェファティマに目立つヤバい子ですが、どれどれ…
      よく考えてみたら、エストだって飛び抜けてヤバい子ですよね。
      ダッカス最優先主義の騎士選び!不思議と老騎士を多く選ぶとこ!
      そしてなにより、セーフモードを持つ放浪癖と二重人格の子。
      さらに…性格は清楚で可憐、聖女キャラ…この魔性感ヤバイですね!
      ああいう虫も殺さないような顔してる女性が、一番危ないデス。

       

      バランシェ、モラードと両博士の作品がやはり個性的ですね。
      そういった意味では、モンスーンやシクローンもかなり凄い。
      風のファティマ四姉妹は、どっちかというとマスターのせいかな?
      ラキシスと同じダブルイプシロン型ヒューマノイドのタイ・フォン。
      モナークセイクレッド探索のため、彼女は特殊なファティマです。
      まだまだ謎が多いので、タイ・フォンもヤバい秘密があったりして。
      そして、セイレイのシクローンにマロリーのモンスーンですが…
      多分、ヤバいシーンが多いのはあらかたマスターのせいかなあ。
      ユリケンヌは真面目な子のイメージがあるんですが、どうだか。
      意外とアルルもユリケンヌに苦労をかけているかもしれません。

       

      他には…そうですね、意外に怖いのが…ダイオード、とか?
      ネイパーに対しても「マジゲロヤバイ」だの、凄い口のききかた。
      マスターに局所的にタメ口なファティマは、結構見られますね。
      主にギャグシーンになると、ツッコミがタメ口になる子がいる。
      アレクトーやアウクソーなんかですね…マスターが凄い奴だから。
      他には、ティータやイエッタも凄い秘密設定がありそうですよね。
      ティータなんて対エスト用って言われてますから、後付け設定が…
      あとはやっぱり、超ヤンデレファティマのアウクソーかなあ。
      あれだけ一人を慕うのは凄いけど、純血の騎士専用だもんね。
      他には、出来た姉さん女房オーラが出てるメガエラ、とか?
      工場製ファティマなのにミラージュ入りしたパルスェット、とか?
      クーンなんかもう、分裂した片方が神様ですからね(笑)
      皆様は「こいつヤベェ!」って思ったファティマ、いますか?

      | ながやん | ファティマ | comments(53) | - |
      第203回FSS考察「死地からの生還が生むもの」
      0
        さて、前回話題にふれられなかった、ベラ国攻防戦の台風の目…
        今日はその話について、ちょっと語ってみたいと思います。
        と、いいますのも…意外な形で、とあるファティマが再登場しました。
        ベルミ・クローゼのパートナー、ヴィルマーちゃんです。
        以前、バイドバイパー騎士団のケルシャーと一緒でしたね。
        そして、皆様もご存知のように、バイドバイパーは壊滅しました。
        AKDとシーブルの地域紛争で、ミラージュの騎士に敗れたのです。
        これで、バイドバイパーのファティマたちは全員生存なのかも。
        オキストロやビルドは勿論、マエッセンのプーラーも生きてそうだし。
        マエッセンはルンにやられた時、胴を一閃されての完敗でした。
        ファティマシェルへの直撃はなさそうだったので、無事だといいですね。

         

        で…どうしてヴィルマーちゃんが台風の目になりうるのでしょうか。
        それは、彼女が「ミラージュと戦って生還したファティマ」だからです。
        以前、コーラスハグーダ戦の折に、ブルーノ君のバラーシャが生還しました。
        彼女は星団でも数少ない、本当のミラージュの強さを知るファティマです。
        今後、大侵攻が開始されれば、その価値は更に高まってゆくでしょう。
        そして、今回は味方にビルド、敵にヴィルマーと、生還者同士の対決です。
        勿論、読者視点ではミラージュの参戦は明らかですが、作中では違います。
        AKDは公式には、玉座の間を荒らされても静観、全く動いていません。
        だから、まさかボォスにミラージュが来てるとは思わない筈なんです。

         

        勿論、バラーシャは「LEDミラージュと戦って生還した」ので、希少なんです。
        今ではツァラトラストラ・アプターブリンガーですね…な、長い名前だ(笑)
        長い星団史の中で、僅か数度しか出撃しなかった幻の最強ロボット、ですね。
        フレイムランチャーであらゆるものを灰にするという、殺戮の代名詞です。
        じゃあ、LEDことアプターブリンガー以外のミラージュマシンはどうでしょう?
        …多分、現段階では一部を除いて「張子の虎」と思ってる筈です。
        スカ閣下の論評「趣味の式典騎士団」は、大多数の感想かと思います。
        ケーニヒは身をもってミラージュの強さを知りましたが、伝わりませんでした。
        屈強なバイドバイパーを壊滅させる強さ、それがミラージュなんですけど。
        多くの権力者や騎士、軍人は、ミラージュはハッタリだと思ってるんです。
        勿論、シュバイツァーやグレイスは、真の強さを知ってるかもしれません。
        …多分、ジィット君は知らなそうだけど…絶対に知らなそうだけど(笑)

         

        ヴィルマーは己の痛みで、ミラージュの本当の力を経験しました。
        恐らく、ヤクトミラージュにやられた最初の騎士の一人ですしね。
        常識はずれの装備と強さを持つミラージュを、わかっているんです。
        で、そのミラージュが突然戦場に現れたら…彼女の判断は重要です。
        ツラック隊にただの援軍、普通の騎士団がきたなら問題ないでしょう。
        しかし、ミラージュが現れたと知れば、話は全く別になるんです。
        まだ未登場なので、アイシャたちが国籍や騎士団名を明かすかは不明です。
        ですが、マドリガルが支配する戦場でも、ひょっとしたら伝わるかも…
        ジャミング合戦の中で、駆動音や見た目で、ミラージュだと知れるかも。
        最悪、デカデカとAKDとミラージュのマークが入ってる可能性もあるし。
        常識はずれの強さを持つミラージュの、突然のツラック隊への援軍。
        数で見ればまだまだ枢軸国連合が全然上ですが、はたして…?
        以前のマスターを瞬殺したミラージュが、また現れた時、彼女は?
        今のマスターであるクローゼを大事に思えば、選択肢は限られます。
        クローゼが正々堂々の勝負を望めば、最後まで一蓮托生でしょう。
        また、危険性をヴィルマーが説けば、クローゼは退くかもしれません。
        彼女がクローゼに、全騎士にミラージュの恐ろしさを伝えられるか…
        それが、このベラ国の¥最後の攻防戦で大きな意味を持ちそうですね!
        | ながやん | ファティマ | comments(8) | - |
        第202回FSS考察「アークマスター問題と台風の目」
        0
          はい、来週の今頃はもう、早い人はNT誌ゲットですね!
          楽しみです…早くクラッツ隊の最後の決戦、見たいです。
          あ、さて…今回はFSSの歴史でも、非常に珍しい戦いです。
          なんと、味方にはラキシス以外、バランシェファティマがいない!
          ラキシスは騎士服を着てましたし、一応カウントしない方向で…
          まあ、全騎に割り込みアクセスすると豪語してましたけどね。
          ビルド、オーハイネ、そして名も無き無数のファティマたち。
          一応ミラージュが味方につくので、アレクトー等がいますけどね。
          でも、今の段階で味方にはバランシェファティマがいません。
          そして、敵には令令謝とマドリガル・オペレッタがいます。
          初めて「バランシェファティマを敵に回す恐怖」が遅い来る…
          今日はそのことに関してと、もう一つ気になる話をしたいですね。

           

          まず、皆さんご存知のようにバランシェファティマは強いです。
          デリケートで繊細という点はありますが、それはマスター次第。
          全てにおいて突出した能力を持つ、ファティマの最高ブランドです。
          今までの物語において、彼女たちは常に味方側の存在でした。
          バランシェファティマは、戦いの一方、善玉側が多かったのです。
          例外はブラフォードと共に戦った京だけではないでしょうか。
          あの時はアトロポスとの対決、バランシェファティマ対決でした。
          そして、思い出してください…あの時、京になにが起こったかを。
          バランシェファティマは皆、ある人物をアークマスターにしてます。
          それが、レディオス・ソープ…父バランシェの親友で恋人です。
          そのため、彼女たちはソープ様のGTMと戦わぬ誓いを立てました。

           

          世界で唯一、ずっと見守ってくれる人…それがソープ様なのです。
          次々と戦いでマスターを失うさだめの、その横を共に歩いてくれえる人。
          ソープは45人の兄弟姉妹の、永遠のお母さん的存在かもしれません。
          ですが…その結果、アルス・キュルと戦った京は大変でした。
          頭痛と嘔吐、そして体調異常…さらにその後、精神崩壊の予兆…
          間違いなく、ソープのGTMと戦ったために起こった悲劇でした。
          これ以降、ミラージュマシンと戦ったバランシェファティマはいません。
          ですが…今回のベラ国防衛の決戦、再び過酷な運命がめぐりそうです。
          クラッツ隊には、ミラージュが恐らく救援に駆けつけるでしょう。
          アイシャを始めとする面々は、グリット・ブリンガーを持ち込んでます。
          カイダとブラフォードは、ハイファ・ブリンガーかもしれませんね。
          アイシャ自身も、AKDの象徴の一つとなるファルトゥルム・ブリンガー…
          当たり前ですが、全部ミラージュマシンです、さあ…どうするのか。
          令令謝とマドリガルは、京のようになってしまうのでしょうか?

           

          この辺について、自分なりに少し考えてみました、少し妄想ですが。
          まず、京はNo.17、令令謝はNo.18、マドリガルはNo.23ですね。
          この三人、育成時期は恐らく100年も離れていないかと思われます。
          そして、京が遭遇して苦しめられたのは、オージェ・アルス・キュル。
          オージェはシュペルターとペアで作られた、比較的古い騎体です。
          メガエラの幼少期には完成していて、バランシェ邸のサイロに保管。
          京はアルス・キュルをKOGのシリーズだと気付き、直後に苦しみました。
          制御された記憶のことを「父様、酷い」とも言ってたと思います。
          恐らく「ソープの騎体と戦わない」は、45人の総意で伝統なのかも…
          しかし、それを具体的に施したのは、父バランシェなのでしょう。
          「ソープ様と戦いたくない、なんとかして」とお願いされたのかな?
          それで、みんなに内緒で記憶を制御し、身体が拒絶反応するように…

           

          さて、ここからが問題です…ミラージュマシンアレルギーのお話。
          バランシェファティマは何を基準に、ミラージュマシンを見分けるのか?
          当然ですが、バランシェファティマは分析力も超一流の存在です。
          恐らくGTMの駆動音やエンジン音を聞けば、はっきりわかるでしょう。
          ソープも「この音できる人、それは僕〜」と言ってましたしね。
          次に、ミラージュマシンならミラージュマークが打ち込まれてます。
          ゴッズも最近ではグリット・ブリンガーを使う設定になってますが…
          恐らく、ミラージュマークの刻印はミラージュ騎士用のみでしょう。
          あとは、気になったのは彼女たちの「制御されてた記憶」ですね。
          京はアルス・キュルを知っていました…比較的古いGTMだから?かな?
          アルス・キュルはシュペルターとペアの、もともとカイエン用の騎体。
          ですが、シュペルターはその前はウォータードラゴンの時代がある。
          ウォータードラゴンと同時期に作成されたかは、少し不明瞭です。
          ですが、やはりミラージュマシンの中で比較的古い騎体です。
          だから、京が育成中の頃には多分、存在したのではないでしょうか。
          つまり、バランシェは「アルス・キュルはソープ作」と教えれた。
          そういう記憶を入れてあげて、制御することは可能だと思います。
          結果、京は制御され忘れていた記憶に触れ、発作を起こしたのかも。

           

          では、今回参戦するグリット・ブリンガー等はどうだと思いますか?
          グリットは最後の三姉妹、運命の三姉妹が生まれた後に制作されてます。
          コミック二巻と三巻では、まだテストベットのカルバリィCでしたね。
          つまり…京の世代の子たちは、グリットを知らない可能性があります。
          もちろん、その派生騎であるハイファやファルトゥルムも同様かも。
          でも、ファティマなら音を聞き、ミラージュマークを目視すれば…
          ここで今回のベラ国防衛の最終決戦を思い出してみてください。
          今回はナルミたちが言ってたように、目視以外が封じられてます。
          音探知や光学索敵ができない状態の戦場なのです…偶然にも。
          まず、令令謝やマドリガルが聞き分けることはできない可能性アリ。
          次に、目視でミラージュマークを見た場合、ですが…逆説的に。
          仮に「ミラージュマークが描かれてなければ」どうでしょうか。
          強力なジャミングの中、見知らぬGTMに識別マークがない…
          そうだったら、令令謝もマドちゃんも、気付けるでしょうか?
          逆に京のマスターたるブラフォードが今回は参戦してきます。
          彼から事情を知らされれば、ミラージュの騎士たちはどうするか?
          …ミラージュマーク、わざと消そうと思うかもしれません。
          何故なら、騎士の敵は騎士であって、ファティマではないのです。
          それも、バランシェファティマは貴重な世界の宝物なのです。
          正々堂々戦うためにも、彼女たちの健気さを守るためにも、多分…
          もしかしたら、ミラージュマークは消されるかもしれませんね。

           

          最後に、令令謝とマドちゃんから見て、ミラージュが出たら…
          咄嗟に「伏兵!」「どこの騎士団!?」ってなるとは思います。
          その時、記憶にない新型で、ミラージュマークが見えなければ…
          なにより、戦場が音を拾えぬジャミングの範囲内だったならば。
          きっと二人は、そうとは気付かず全力で戦えるはずです。
          そして、ミラージュの騎士はそう臨むような気もしています。
          特にアイシャは「ソープ様絶対悲しませないウーマン」なので。
          ま、ちょっと憶測の域を出ませんが、どうでしょうか。
          それで…長引いてしまいました、台風の目については次回!
          | ながやん | ファティマ | comments(18) | - |
          第201回FSS考察「バランシェファティマ大集合!」
          0
            さて、先月号で最新の未公開バランシェファティマが現れました。
            マドリガル・オペレッタはグレイスと共にオーバーボイスを駆ります。
            ロッゾの旗騎ですね…来月号では活躍が見られそうな気がします。
            では、ここで全バランシェファティマをおさらいしてみましょう。
            データは本をひっくり返すのが大変で、一部WEBからお借りしました。

             

            01.クーン
            戦闘2A・MH制御2A・演算A・耐久3A・精神B1・クリアランスVVS1・タイプM
            ご存知、カイエンを生むために作られたファティマです。
            セントリー・ライブの力を持つという、凄い子ですね。
            【ハイアラキ→カイエン→ニュー】

             

            02.パルテノ
            戦闘3A・MH制御3A・演算3A・耐久B2・精神D・クリアランスVS2・タイプM
            八巻で大活躍しました、ヤクトミラージュのママですね。
            ドラッグでダムゲードコントロールを壊してるとのこと。
            【シャフト→ベルベット】

             

            04.マージャ(魔邪)
            戦闘2A・MH制御3A・演算2A・耐久A・精神2A・クリアランスVVS1・タイプS
            サリオンのママとして、グロウ・プログラムを持ってます。
            ようするに子守能力が高いということでしょうか(笑)
            【サリオン】

             

            05.バランス
            バランシェの延命用のファティマボディ。
            つまり、読者が見るバランシェの大半が、このバランス。

             

            05.チャンダナ
            戦闘A・MH制御2A・演算A・耐久B2・精神B1・クリアランスVVS1・タイプS-M
            ぼーっとしてるんですが、超強い子ですね…メンタル強い。
            独特なコミュニュケーション能力が必要かもしれません。
            【慧茄→ダイ・グ】

             

            06.ヴィン・ティン(弁天)
            戦闘A・MH制御2A・演算A・耐久B2・精神B1・クリアランスVVS1・タイプS
            ジャコーを「将来に期待します」とのことでマスターに選んだ子
            ある意味凄い…そして、期待通りになるところがまた凄い。
            【ジャコー】

             

            07.イエッタ
            戦闘A・MH制御2A・演算2A・耐久A・精神B1・クリアランスF・タイプM
            ログナーの妻、そしてログナーの母の名をつけられたらしい。
            しかも「五つの星の物語」のアイエッタ姫とも同じである…謎だ。
            【ログナー】

             

            08.オデット
            スペック…戦闘A・MH制御A・演算A・耐久B2・精神B1・クリアランスVVS2・タイプM
            オデット(白)とオディール(黒)、二つの顔を持つファティマ。
            オデットはニーゼル、オデットは茄里のパートナーだが、どうやってるの?
            【ダンチヒ→ニーゼル&茄里】

             

            09.オーロラ
            戦闘A・MH制御A・演算A・耐久B2・精神B1・クリアランスVVS2・タイプM
            スカートの中に太刀を隠していた、ファンサービスな子
            ユーゾッタとも関係のあるサヤステ家に以前はいたらしい。
            【ユーゾッタ】

             

            10.ジゼル
            戦闘A・MH制御A・演算A・耐久B2・精神B1・クリアランスVVS2・タイプM
            ファントムを駆るナイアスのパートナーである。
            三ツ星傭兵騎士団の頃からの相棒なのだろうか?
            【ナイアス】

             

            11.バクスチュアル
            戦闘D・MH制御3A・演算3A・耐久D2・精神E・クリアランス無し・タイプM
            MH開発用ファティマだが、戦闘モード「ザ・ブライド」にもなる。
            LEDミラージュのテストでは、アイシャやランドと実戦を経験した。
            星団脱出後はレディ・スペクターやビクトリーとの対話の役目を果たす。
            【天照】

             

            12.大門
            戦闘A・MH制御A・演算A・耐久B2・精神B2・クリアランスVVS2・タイプM-L
            イオタ宇宙騎士団の三条香のパートナーである。
            宇宙戦闘が得意なんだろうか?珍しい男性型ファティマである。
            【三条香】

             

            13.ヴィッターシャッセ
            戦闘D・MH制御2A・演算2A・耐久C・精神A・クリアランス無し・タイプM
            バクスチュアルの感情カットに衝撃を受けた天照が自分で育成。
            MH開発用のファティマで、やっぱり浮遊城にいるんだろうか。
            【天照】

             

            14.時
            戦闘A・MH制御A・演算A・耐久A・精神A・クリアランスVVS1・タイプL
            能力がオールAという、非情に優秀なファティマである。
            耐久や精神もAって、チャンダナより頑丈ってことでしょうか…
            【アイオ】

             

            15.静
            戦闘B1・MH制御2A・演算A・耐久A・精神B1・クリアランスVVS2・タイプS-M
            ご存知クバルカンの人形使い、有名なファティマですね。
            サンダー(ブリッツ)のドラゴンドロップ持ってるんですけど…
            最後は破烈の人形と共にAKDにくることになると思う。
            【ミューズ】

             

            16.町
            戦闘A・MH制御2A・演算A・耐久B1・精神B2・クリアランスVVS2・タイプS
            ビィ家に仕えているファティマで、気苦労が絶えない。
            まだまだ未熟なクリスティンと共に、彼女も成長してるのかも。
            【バーバリュース→クリスティン】

             

            17.京
            戦闘A・MH制御A・演算A・耐久A・精神B1・クリアランスVVS2・タイプM
            マスターの貧乏生活で、わりと洒落にならなかった子。
            今はAKDでシアワセ…よかった、よかった、助かった!
            【ブラフォード】

             

            18.令令謝
            戦闘2A・MH制御A・演算A・耐久B1・精神B1・クリアランスVVS2・タイプS
            新顔、ヒュートランのベースになったトンデモスペックの子
            天位殺しのマスターと共に、とっても警戒されている。
            【ナオ】

             

            19.アンドロメーダ
            戦闘A・MH制御A・演算A・耐久A・精神B2・クリアランスVVS2・タイプL
            色黒アフリカ系のファティマで、ブーメランしたことでも有名。
            戦争大好きなマスターの下にいる割には、割りとまともなイメージが。
            【クラーケンベール】

             

            20.ハスノホルテ
            戦闘2A・MH制御A・演算A・耐久B2・精神B2・クリアランスVVS2・タイプS
            おっと、まだ出てきてない子がいたか…全員出たと思ったんだけどな。
            ハスノホルテ、バランシェ邸で休眠中…だったかな?
            【????】

             

            21.ヒュートラン
            戦闘2A・MH制御3A・演算2A・耐久3A・精神3A・クリアランス????・タイプ ほっといて型
            別名は「えみりぃ」、自己鍛錬プログラムを搭載したドMファティマである。
            あのちゃあが天位騎士と戦えるのだから、超スペックなのは言うまでもない。
            【ワスチャ】

             

            22.ソーナー
            戦闘B1・MH制御2A・演算2A・耐久2A・精神B2・クリアランスVVS2・タイプS
            ミース預かりで、バランシェ家の建物の管理っぽい仕事をしてた。
            デキる子はなにをやらせてもデキるということの見本である。
            【????】

             

            23.マドリガル・オペレッタ
            戦闘A・MH制御A・演算A・耐久2A・精神A・クリアランスVVS1・タイプM
            電子索敵に対してのカウンターに特化した能力を持つファティマ。
            彼女のせいで、ツラック隊は肉眼の目視に頼ることになったようだ。
            【グレイス】

             

            24.ドアランデアスティルーテ
            戦闘B1・MH制御2A・演算A・耐久A・精神A・クリアランスVVS2・タイプM
            シアン婦人預かりで、今はどこにいるのやら…
            彼女もそういえば、まだ出てないバランシェファティマですね。
            【ドワイス】

             

            25.蘭丸(オーキッド)
            戦闘A・MH制御A・演算2A・耐久A・精神2A・クリアランスVVS1・タイプS
            こいつ、ずっと四巻に出てきたと勘違いしてたんですよね。
            コークス博士預かり、四巻最後に出てきたのはバララッティでした。
            【????】

             

            26.瑠璃(ラピス)
            戦闘A・MH制御2A・演算2A・耐久2A・精神A・クリアランスVVS1・タイプS
            でっけえねーちゃんこと、ノンナのパートナーを務めるファティマ。
            ボストークT-233がA-TOLLやフェードラの部品を使ってることを見抜いた。
            【ノンナ】

             

            27.カナハ
            戦闘B1・MH制御A・演算2A・耐久A・精神A・クリアランスVVS1・タイプM
            現在はシアン夫人が預かってて、未登場のファティマ。
            アイル・フェルノア団長、キャナリア・アイデルマの相棒って設定は残るか?
            【キャナリア】

             

            28.スパリチューダ
            戦闘A・MH制御2A・演算3A・耐久B1・精神B1・クリアランスVVS1・タイプS
            ご存知、スクリティ隊のエミュレーション戦闘特化型ファティマ。
            魔導大戦ではマスターが重職のため前線には出ないらしい。
            【ロータス】

             

            29.アキレス
            戦闘B2・MH制御A・演算A・耐久2A・精神B2・クリアランスVVS2・タイプM-L
            すっごいイケメンで長身、そして耐久2Aって凄くないですか?
            二巻でディッパ博士と共に登場、カルバリィCで活躍した
            【ディッパ】

             

            30.イカロス
            戦闘A・MH制御A・演算A・耐久A・精神B2・クリアランスVVS2・タイプS-M
            エックス家に代々仕えているファティマ…いいのか、それ。
            クリサリス家もそうだけど、世襲マスターは星団法すれすれっぽい。
            【リィ→パナール→アラート】

             

            31.ティータ
            戦闘B2・MH制御2A・演算2A・耐久B2・精神B2・クリアランスVVS1・タイプM
            ご存知、対エスト用の切り札、別名「ショウ・マスト・ゴーオン」
            彼女が何故特別なのか、特殊能力の設定が知らされるのが楽しみですね。
            【レオパルド→メロウ→カーレル】

             

            32.クラカライン
            戦闘B2・MH制御A・演算A・耐久B2・精神B1・クリアランスVVS2・タイプM
            実は初登場は六巻、バクシに慰められるラキシスを見守っている。
            同じマスターを持つベルクトと仲良しなのがなんかかわいい。
            【スパーク】

             

            33.エフロシューネ
            戦闘B2・MH制御A・演算A・耐久B2・精神B1・クリアランスVVS1・タイプL
            マスターだったシャーリィが騎士を引退したため、バランカ家預かり。
            後の世に、シャーリィの子孫ロレッタをマスターとする。
            【シャーリィ→ロレッタ】

             

            34.カレ
            戦闘A・MH制御A・演算A・耐久A・精神B1・クリアランスVVS2・タイプS
            カイダのパートナーで、最近は「大草原のファティマ」として登場。
            ぴゅーってさくてきちゅー、本当にのんきなイイ子っぽい。
            【カイダ】

             

            35.パテシア
            戦闘B2・MH制御A・演算A・耐久A・精神B2・クリアランスVVS1・タイプL
            ブラッスリーの襲撃でマスターを殺され、コークス博士預かりに。
            どうでもいいが、マスターとMHに乗るシーンがないまま退場とは…
            【ヌー・ソード】

             

            36.アグライア
            戦闘B1・MH制御A・演算A・耐久A・精神B2・クリアランスVVS1・タイプL
            たまに「アグレイア」になってるけど、どっちでもいいみたい?
            マスターがあんなヘンテコ言語のヤク中だけど、会話は大丈夫だろうか。
            【キュキィ】

             

            37.タレイア
            戦闘B1・MH制御A・演算A・耐久A・精神B2・クリアランスVVS1・タイプM
            悪知恵を働かせて、ランドが帰国した時にはティスホーンを起こしていた。
            ハインド・キルとクロークル・ハーマンは同一人物らしいが…?
            【ハインド&クロークル】

             

            38.アウクソー
            戦闘A・MH制御2A・演算2A・耐久3A・精神B1・クリアランスVVS2(のちF)・タイプM
            ご存知フォーカスライトが再構成された、純血の騎士専用ファティマ。
            カイエンのためだけの自分しか望んでいないため、過酷な運命が待っている。
            ツバンツヒによれば、壊れてはいないとのこと…今後どうなるのだろうか。
            【カイエン→マキシ→ラベル】

             

            39.アレクトー
            戦闘A・MH制御2A・演算2A・耐久A・精神B1・クリアランスVVS1・タイプM
            アイシャの親友兼パートナー、女の友情で結ばれているらしい。
            マスターの妹が自分の姉のマスターという、ややこしいことに。
            【アイシャ】

             

            40.メガエラ
            戦闘A・MH制御2A・演算2A・耐久A・精神B1・クリアランスF・タイプM
            おでこちゃん…あのエピソードで一気にファンが増えたファティマ。
            大侵攻前にヴュラードが亡くなるので、そのあとにミラージュ入りか。
            【ボード→ウピゾナ】

             

            41.ティスホーン
            戦闘A・MH制御2A・演算2A・耐久A・精神B2・クリアランスVVS1・タイプL
            侠気の化身ランドのパートナーで、最近はかなり出番が多い。
            ツラック隊にソープ(天照)がいることに気付いてずっこけてた。
            【ランド】

             

            42.ユーパンドラ
            戦闘2A・MH制御2A・演算A・耐久3A・精神3A・クリアランス無し・タイプ無し
            バランシェが最後にウィルと一緒に天照に託した最後のファティマ。
            天照のコピーだが、目覚めたあとは人間の駄目なとこばかり表現してしまった。
            因みにアトロポスのマスターで、ファティマなのにファティマを娶ってる
            【なし】

             

            43.アトロポス
            戦闘3A・MH制御3A・演算3A・耐久3A・精神3A・クリアランスOUT・タイプ????
            オール3Aファティマという、ありえないスペックを持つ運命の女神の長女。
            現実の三女神と違って、クローソーと役割が逆になっている。
            【天照→ユーパンドラ】

             

            44.ラキシス
            戦闘??・MH制御??・演算??・耐久??・精神??・クリアランスOUT・タイプ∞
            メインヒロインにして謎のダブルイプシロンヒューマノイドである。
            後に天照と合体して全能神になるらしい、顎が丈夫で柱をかじったりする。
            そして、当たり前のようにGTMに「騎士として」乗ろうとする…なんでもありか。
            【天照】

             

            45.クローソー
            戦闘3A・MH制御VA・演算VA・耐久3A・精神A・クリアランスFF・タイプ????
            ご存知、天然の超わがまま娘…そして、最大の悲劇のヒロイン。
            一応設定では、目覚めることなく姉と戦い、相打ちになっている。
            ファティマシェルで干からびて老婆になってる設定はいきてるのかしら。
            【コーラス三世→ラベル】

             

            さて、どうでしょう…かなりの数のファティマがいますね、45人です。
            マキシが46人目ですし、他にもサロメやパトラがファクトリー時代にいます。
            エトラムルもムーンチャイルドやロンド・ヘアラインがいますね。
            あとは、五つの星の名のエトラムルを作ったとかいう話も…未確認です。
            これだけのファティマがいて、どれも全然違う属性のヒロインなの、凄い。
            みなさんは誰が好きですか?自分は…うーん、オキストロかな(爆)
            ああっ、すみません、石を投げないで!強いて言えばメガエラかなあ。
            | ながやん | ファティマ | comments(32) | - |
            177回FSS考察「ネコミミファティマの真価は」
            0
              さて、一時期話題を(笑いを)さらった謎のネコミミファティマ。
              破烈の人形と一緒なことから、スパルタかとも思われてましたが…
              今月のNT誌で正体が判明、ヒュートランでした。
              しかもこのネコミミアリシア、ちゃあのデザインとか。
              無駄にツインスイングで耳が動くんですよ!
              重いから効率悪くなって、ますますヒュートランがドMに。
              ツインスイング頭に乗っけてたら、首が悪くなりそうですよネ。
              あ、さて…今日は何度目かですが、ヒュートランのお話。

              最新作品集「リッターピクト」と、今月のNT誌で色々考えさせられました。
              ヒュートランはご存知「自己鍛錬プログラム」を持つドMファティマです。
              3Aを超えるスペックを得るべく、ワザと不利な条件で戦い勝利する…
              わざわざ最弱騎士を選んで嫁ぐという、なんとも難儀なファティマです。
              そんな彼女を静が「フォーカスライトお姉さまと同じ機能がある」と言及。
              リッターピクトの静のページです、これはどういう意味なのでしょうか。
              フォーカスライトと言えば星団初の4ファッティスの一人です。
              いわずもがな、再構成されてアウクソーになった娘ですね。
              フォーカスライトとほとんど同じ機能とは…なんでしょうか。
              フォーカスライトの特異性は「純血の騎士専用ファティマ」が有名ですが。
              他にも、ファティマとして特別な機能を有しているのでしょうか。

              そもそも、静は何故「アウクソー」ではなく「フォーカスライト」と言ったのか。
              確かに、純血の騎士のみをマスターとし、延々追いかけてくフォーカスライト…
              奇しくも「絶対的に弱い騎士」のみを追いかけるヒュートランと似てはいます。
              真逆の対極にある二人ですが、似てるそうです…ほぼ同じ機能がある。
              同じ機能とは「特定の傾向の騎士を求めること」でしょうか?
              しかしそれでは、ダルマスこと破烈の人形を制御できる説明になってない。
              フォーカスライトとヒュートランが持つ機能は、GTM制御に関係がある筈。
              因みにヒュートランは、マグナパレス(KOG)を脅して制御してるんですよね。
              その方法でヒュートランは、あらゆるGTMを制御するという話もあります。
              もしかしてフォーカスライトも、恫喝や恐喝まがいの制御をするのでしょうか?
              そういえばアウクソーになった彼女、戦闘シーン(制御シーン)がありませんね。
              しかし、以前はシュペルターのコクピットに藁人形を打ち込んだりしてました。
              ひょっとして、実は未だ書かれぬアウクソーのGTM制御方法も…けっこう…
              こ、怖いですね、よく悲劇のヒロインになってますが、アウクソーも怖い娘?かも?

              ほかにも、ヒュートランとアウクソーには面白い共通点があります。
              彼女たちは二人共、バランシェに途中で育成を放棄されているのです。
              アウクソーは勘当され、ヒュートランも放置され「ほっといて型」になりました。
              でも、よく考えたら少しおかしいような気もしてきます…
              メガエラがヴュラードに嫁ぐエピソードで、彼は強い愛情を見せました。
              バランシェは、ファティマの娘たちのためなら自分を曲げられる男です。
              娘たちのためなら、法を犯してでも尽くす、全てを捧げる父親なんです。
              それが、育児放棄?勘当?…果たして、本当にそうでしょうか。
              実は「勘当や放棄に見えて、なにか意図があった」のではないでしょうか。
              そして、それがヒュートランやアウクソーの希望に沿うための処置だった…
              加えて言えば、二人が持つ「GTM制御のための謎機能」と関係している?
              どうでしょう、アウクソーもヒュートランも、スペックに疑う余地はありません。
              額面上のスペックは勿論、経験値も相当のものを持っている筈です。
              アウクソーはフォーカスライトの経験を引き継いでると見ていいでしょう。
              一度も戦場に出なかったとはいえ、スバースのファティマだったのです。
              加えてカイエンの相棒として、星団中を駆け巡ったツワモノでもあります。
              ヒュートランは「150年ぶりの戦場だ」と言ってたので、戦闘経験はある。
              3030年から振り返って150年前…2880年、年表ではどんな出来事が?
              年表では2899年に、天照のデルタ・ベルン統一という大事件があります。
              もしかしたら…デルタ・ベルン統一戦争みたいな武力衝突があったら?
              そして、そこでヒュートランは弱い騎士をパートナーに戦った…?
              全ては憶測に過ぎませんが、この二人の共通点は今後も注目ですね。

              最後に、ヒュートランとアウクソー(フォーカスライト)の特殊性について…
              もしかしたらヒュートランも、ドラゴン由来の技術がフィードバックされてるとか?
              3A以上を目指す自己鍛錬プログラムは、言い換えれば進化の意志の象徴です。
              ドラゴンネイチャーことドラゴンから、クーンを通して得られた数々の技術…
              その一つがヒュートランにも使われてる可能性とか、ないでしょうかね。
              とりあえず今は、クバルカンの非公開の撮影に、何故ヒュートランがいたのか。
              今後、ちゃあと一緒にクバルカン側に接触することがあるんでしょうかね。
              | ながやん | ファティマ | comments(2) | - |
              第155回FSS考察「罪の炎に身を焼いて」
              0
                最新の単行本13巻、233Pに次のような記述があります。
                魔導大戦後半には、ファティマをシン・ファイアへと移行する技術が登場する、と。
                …突然あたかも「こういうシーン出すからね」と匂わせるような設定の追加。
                今日はこの辺をちょっとお話してみたいと思います。

                さて、聞き慣れないシン・ファイアなる単語、おさらいしておきましょう。
                星団暦初頭、ファティマがまだなかった時代のGTM制御装置です。
                ガス状の演算装置で、ファティマと同じくGTM頭部に収められています。
                基本的に気体なのですが、まれに女性形の幻影を表示させることもある様子。
                やることはファティマと同じく、GTM制御、騎士のナビゲーターですね。
                こういう物が実用化されてたにもかかわらず、ファティマが必要になった。
                それは多分、基本的にファティマ(騎士遺伝子による演算速度)が高性能だから?
                それもあるでしょうし、同じ人型の身体を持って、私生活等もサポートしてくれるから。
                色々と要素や要因はあるでしょうが、ファティマの方が便利だとされています。
                そういう訳で、ジョーカー星団3000年代では、ファティマが主流として普及してます。
                シン・ファイアを使ったGTMというのは、まだ作中では出てきてませんね。
                映画「ゴティックメード」では、このシン・ファイアが主流の時代が描かれました。
                特に作中、マーク2の頭部から女性形の幻影が発生するシーンがあります。

                総括すると「ファティマより前の世代のGTM制御装置」、それがシン・ファイアです。
                一般的な例をあげると、セガサターンがシン・ファイア、ドリームキャストがファティマ!
                ですが、エトラムルの例もありますし、単純な上下の話ではないようなんですけど…
                エトラムルは性能で劣りますが、コストや入手しやすさ等、利点もあるようです。
                また、人型のファティマを嫌悪する騎士もいるようなので、その点も重要ですね。
                しかし、「ファティマをシン・ファイアにする技術」とは…どういうことなのでしょう。
                つまり、ドリームキャストをわざわざセガサターンに作り変えるわけですよね(笑)
                アレクトーやメガエラみたいなカワイイ娘が、ガスにされちゃうってことなんですよね。
                どんな必要性や必然性が、そこには存在するのでしょうか!?

                まず、真っ先に思いつくのが「ファティマでいられなくなったから」ということ。
                例えば、アウクソーの例を思い出してみてください。
                壊れてる訳ではないにしろ、GTMとの感応能力がない…
                そんなファティマを、フローレスとはいえ生かしておけないのが星団法です。
                そこで、アウクソーの記憶や能力を、一度シン・ファイアにする。
                シン・ファイアに関する法令等は、まだ作中で出てきていません。
                ですが、ファティマほど厳しいものではないように思えます。
                それというのも、ファティマは人の姿ゆえに星団法の縛りがあるのです。
                人の姿を失えば、単なるガス状コンピュータですからね。
                ほかには、ファティマをシン・ファイア化するメリットはなんでしょう。
                性能があがるとは思えませんし、管理費が下がる?のかな?
                シン・ファイアには新品のブラウスを買い与える必要はなさそうです。
                なんにせよ、意味深にこうした技術があると書かれるからには…
                今後、誰か我々の知るファティマが、シン・ファイアになるようです。
                果たして誰が、どの子がシン・ファイアにされてしまうのでしょうか?
                その決定に、ファティマ自身の意思は介在するのでしょうかね。
                | ながやん | ファティマ | comments(1) | - |
                第153回FSS考察「彼女の受難はどこまで続く」
                0
                  さて、コミック13巻の興奮も冷めやらぬ中、色々と妄想ばかりが先走ります。
                  今後はデザインズ5のリッター・ピクト、そして連載再開が待たれるばかりですね。
                  自分は折りに触れ13巻を見直しつつ、ニヤニヤしながら毎日を過ごしてまっす(笑)
                  で、気になったコマがあったんですが…今日はそれを話題にしたいと思います。

                  皆さんもご承知の通り、バッハトマの銀騎士ジィッド君、かなり暴れん坊ですね。
                  今までの荒くれ騎士、悪童騎士とは違って、随分とファッションな雰囲気があります。
                  中身は勿論、あのデムザンバラ(シュペルター)で星をあげてるので、腕は確か。
                  しかし、騎士としての礼節や気品、なにより他者への敬意が足りない様子です。
                  そういうところが、「所詮はファッション」という雰囲気がよく出ていますね。
                  立身出世を目指すところなんかは、ヨーンとかと近いキャラなんですが。
                  多分ジィッド君にとっては、騎士は「目的」ではなく「手段」なんでしょうね。

                  さて、そんな彼が自分のファティマであるニナリスに不満を感じているようです。
                  …そんなに駄目ですかね、ニナリス…自分は凄くいいファティマだと思いますが。
                  あのベルクドと並び称される、スティル・クープ博士の娘さんなんですけどね…
                  ジィッド君はお子様なとこがあって(そこがかわいいんですが)ニナリスは大変。
                  やれ持ち上げろの、空気読めの、しまいにはS型のスーツまで着せられて。
                  んで、そんなニナリスに不満を感じるジィッド君、どうやらアウクソーに目をつけた様子。
                  嗚呼、いったいアウクソーの受難はいつまで続くんでしょうか…

                  アウクソーの不幸は、そもそも初登場で華々しく死亡という扱いから始まります。
                  コミック四巻で剣聖カイエンをマスターに登場するも、Tマインを喰らって即死。
                  辛うじてコークス博士の処置で一命をとりとめますが、一悶着ありましたね。
                  記憶が飛んでしまう筈が、アウクソーはカイエンを覚えているまま再生しました。
                  ここが「ドラゴンの技術を使った、純血の騎士専用ファティマ」の伏線なんですよね。
                  その後、彼女はカイエンと共にフロートテンプルへと赴きます。
                  左翼大隊の反乱を鎮圧後、シュペルターがルンに貸し出されます。
                  その時、クラッパにシュペルターを扱う際の注意をアドバイスしてました。
                  その後はハスハへ入って、ここでマスターであるカイエンの放浪は終わります。
                  しかし、アウクソーは一度としてシュペルターどころか、MHに乗っていないのです。
                  そして星団暦3030年、魔導大戦開戦を前に、突然カイエンに別れを告げられました。
                  ここからまた、アウクソー最大の受難が始まったとも言えるでしょう。

                  そもそも、アウクソーの正体は星団四ファッティスの一人、フォーカスライトです。
                  ナンカットラ・スバースに仕えた彼女は、その後も純血の騎士を求めるのです。
                  思えば、この時から彼女の苦難の人生は始まっていたのかもしれません。
                  次なる純血の騎士に使えるべく、アウクソーとして生まれ変わった彼女。
                  そんな彼女を、何故か育成途中でバランシェは勘当してしまってますよね。
                  実は、恐らくその瞬間と思しきシーンが、コミック旧7巻135Pに登場します。
                  崩れ落ちる瀕死のカイエンと、その前に立ちはだかるメル・リンス。
                  そして、瀕死のカイエンをクーンと一緒に守ろうとする少女、これがアウクソーでは?
                  バランシェを殺しに来たカイエンは恐らく、メル・リンスに返り討ちにあったのかと。
                  そこでカイエンの助命を乞うたのが、幼い頃の、育成中のアウクソーでしょう。
                  その時もしかしたら、カイエンをマスターとする代わりに勘当になったのかも。
                  ひょっとしたらアウクソーの中のフォーカスライトは、この時目覚めたのかもですね。
                  バランシェの再構成を持ってしても、フォーカスライトの業は消えなかったのでしょう。

                  そんなアウクソーですが、今は世間一般的には「壊れた」ということになってます。
                  アウクソーの不具合は二点、「GTMとのやりとりが不能」「カイエンがまだマスター」です。
                  この状態をツバンツヒは、壊れている訳ではないと判断したようですが…
                  同時に、アウクソーが逗留する館に、アララギ・ハイトがやってきたのも気になります。
                  偽カイエンをやってたへっぽこ騎士が、どうやってアウクソーと道を交えるのか…
                  ハイトはミースにご執心のようで、なんだか人としてかあいらしいですよね。
                  FSSでは運命的な出会いやすれ違いが多発しますので、意味があるかと。
                  しかし、アウクソーは壊れていない…この発言はファンの間で議論を呼びました。
                  GTMとの意思疎通は、ファティマが兵器として持つ本能な訳ですから。
                  それが閉ざされている状態は、やはり壊れているのではとも思えます。
                  ただ、例えば人間にも、生来備わってる機能が一時的に失われることがあります。
                  心因性ショックによる失語症、失明、難聴などがそうですね…
                  大きなショックを受けると、身体がいうことをきかなくなります。
                  アウクソーの場合、純血の騎士に仕えるというアイデンティティの喪失…
                  それが大きなショックとなって、GTMとの意思疎通を閉ざしているのかも。
                  もしくは、あれです…純血の騎士の存在自体が、彼女をファティマたらしめてるとか。
                  純血の騎士が実質物語に不在ですので、アウクソーは仮休眠モード、とか。
                  デプレにはコンコードがもういますし、マキシはまだ赤ん坊ですから。

                  で…どう見ても今後の流れでは、ジィッド君がアウクソーを狙いそうなんですよね。
                  アウクソーが壊れてるとか、そういうことは多分彼には関係ないのでしょう。
                  作者いわく「凄い伏線の詰まった最強ロボ」こと、シュペルターを持つ彼です。
                  残念ながら彼には、倫理も論理も通用しない…よくも悪くもチンピラなんです。
                  そういう人間がもしかしたら、3070年のハスハ解放戦時、アウクソーを手に入れてるかも。
                  ジィッドのせいでミースは、アウクソーと共に城の中に閉じ込められてるのかもですね。
                  | ながやん | ファティマ | comments(0) | - |
                  第145回FSS考察「ザ・ラストナンバー20」
                  0
                    さて、皆さん…バランシェファティマ、全員言えますか?
                    自分は言えません、せいぜい30人がいいとこですね(笑)
                    ドアランデアスティルーテとかもう「…誰ですか?」って感じですし。
                    とかく専門用語やキャラ名が多いFSSですが、ファティマ名も沢山!
                    一番多く娘を生み出してるバランシェの作品だけでも、45人ですから。
                    因みにドアランデアスティルーテは、24のバランシェファティマ。
                    トワイス・カステリ枢機卿のパートナーだそうです、多分クバルカン所属。
                    本編には勿論未登場ですが、今後魔導大戦に出てきそうですね。
                    あ、さて…今回はそんなバランシェファティマの話題です。

                    バランシェファティマといえば、一人一人が超弩級ヒロイン級の扱いの娘たち。
                    数多く登場するファティマの中でも、バランシェ作は別格という扱いになってます。
                    運命の三女神は勿論、静に京、ティータにバクスチュアル…みんな印象深いですね。
                    そんなバランシェファティマの中で、未登場の娘はあと数人しかいません。
                    ストーリーにも未だ登場せず、イラストも公開されていないファティマですね。
                    先にあげたドアランデアスティルーテもそうなんですが、設定は公開されてます。
                    トワイス・カステリは枢機卿とのことですので、ルーン騎士かと思われます。
                    ただ、FSSは数多くのキャラが登場するため、一コマのみ出演もよくある話。
                    例えば、マドリガル・オペレッタ(23)…彼女の所有者はなんと、シアン夫人。
                    多分、荷物持ちとかでどこかに出てそうなんですよね…うろ覚えですが。
                    シアン夫人は定期的にお披露目に出してるそうですが、戻ってきちゃうとのこと。
                    こんな風に、超弩級スペックのファティマがさらりと登場しててもおかしくない…
                    それがまた、FSSの魅力の一つでもありますね。
                    では…今日はそんなファティマを一人紹介します。

                    皆さん、バランシェファティマの20をご存知でしょうか。
                    20って…だれなんだ…(しゅわっち)←このネタが通じる人はエライ!
                    バランシェファティマ20、ヒュートランが21なのでお姉さんですね。
                    彼女の名はハスノホルテ…なんか、名前だけは聞いたことありますよね。
                    そう、バランシェファティマの名前は随分前に45人分公開されてますから。
                    旧コミックの巻末とかにも、時々載ってたように思います。
                    ハスノホルテに関しては、全てが不明…勿論イラストもありません。
                    現在はバランシェ邸にて休眠中とのことですが…怪しいですね。
                    ファティマに関しては「休眠中」は全部、怪しいのがFSSのお約束。
                    こういうファティマは、突然すげーマスターと一緒に登場するんですよね!

                    例えば、星団初の4ファッティスの一人、ニーヴを覚えてますでしょうか。
                    4ファッティスの中で唯一、行方がわかっていなかったニーヴです。
                    実は彼女、あのバッシュ王女のファティマとして今後登場するのです。
                    バッシュ王女って、あのヤーン・バッシュ・カステポーです、ユニオIVです。
                    そう、超帝國の皆様はまだご存命で、ナイン以下数人が参戦予定なんですね。
                    ナインのパートナーはタイ・フォンですし…名だたるファティマが続々登場です。
                    ニーヴも経緯は不明ですが、今まで「休眠中」だったのが、ヤーンのパートーナーに。
                    ヤーンと一緒に超凄いロボット、フェイスラ・シュッツェンを駆るとのことです。
                    このように、休眠中という設定のファティマには「なにかある」のですよ…!
                    SSLもそうでした、今はアトラスと名を変えて休眠から目覚めています。
                    後々彼女は、あのマキシのパートナーになるということになってますね。

                    そんな中、ハスノホルテは今も休眠中という設定が動いていません。
                    誰もが欲しがるバランシェファティマ、星団中に45人しかいないファティマです。
                    はたしていかなる騎士が彼女を娶り、一緒にGTMを駆るのでしょうか。
                    因みに、本当に全てが不明でイラストもないのは、ハスノホルテだけですね。
                    22のソーナーは、ミース預かりで連載に登場したようですし。
                    コミック13巻が出れば、ソーナーの姿を少しだけ見ることができます。
                    27のカナハは、今はシアン夫人のところにいるようですね。
                    ただ、今後はアイル・フェルノアの団長キャナリア・アイデルマに嫁ぐ予定です。
                    クラカラインやパテシアはセル画がありますし、もうお馴染みのミラージュファティマ。
                    令令謝はガマッシャーンのシュバイツァー・ドラグーンのファティマですね。
                    …ハスノホルテのマスターが確定して物語に登場する時、全てがそろう。
                    全てのバランシェファティマが登場したことになるのですが…まだ先ですかね?(笑)
                    | ながやん | ファティマ | comments(0) | - |
                    第117回FSS考察「続・彼女ですらないモノたち」
                    0
                      さて、シンファイアによる制御の時代を経て、ファティマの時代へ。
                      そうした進化の中で、一種異形とも言えるファティマが生まれました。
                      …ある意味こっちが「GTM制御を目的とした演算装置」として正当でしょう。
                      むしろ、可憐な少女の姿をしているファティマたちの方が特異なのかもです。
                      今回は非人型ファティマ、エトラムルについて色々と考えてみましょう。

                      さて、そもそもどうしてファティマは美少女(もしくは美女)の姿をしているのでしょう。
                      一部、男性型もいますけどね…オブリサイドくんとかかわいいですよねグヘヘヘ。
                      …おっと、心の声が駄々漏れになってしまいました、基本的に女性形ですよね。
                      まず、「どうして等身大の人間型なのか」という話ですが…メタな話は置いといて。
                      おそらく、騎士の血、スバースの血から生まれたことと無関係ではない筈です。
                      まず最初に騎士ありき、超帝國時代の強化人間たる彼ら彼女らが前提なのです。
                      そんな彼らのための、彼らの拡張した手足となるべく、GTMが人型をしているのです。
                      で、その演算制御にも、騎士と同じ反射神経の有機体コンピュータが必要になった…
                      ので、騎士の血からファティマを作ったわけですが…これがオンナノコだった。
                      どうしてファティマが人型かって、やはり「騎士の血を使ったから」なのかな、と。
                      これは個人的な憶測ですが、騎士と生物学的に同じ系統になるのは当然かもです。
                      だって、同じレベルの反射神経を持ってる、いわば「演算専用の騎士」なんですから。
                      わざわざ騎士の一部を流用するのに、騎士と違う姿にする方が面倒だと思いません?

                      だから、エトラムルは「人型の後に」星団で作られ、少しずつニッチな需要に応えます。
                      我々としては、ミジンコ型のエトラムルの方が、有機体コンピュータとしては自然ですが…
                      騎士の血を継いだ生命体としては、エトラムルの方がむしろ亜種なんですね、多分。
                      あとは、当然ですがエトラムルには騎士の各種サポートができません。
                      エトラムルには、GTMの制御しかできません…だからいいんです。
                      特に、星団の一部の女性にとっては。

                      リチウム・バランス博士が初めてフォーカスライトを公開した時、星団中が驚愕した。
                      最新鋭のGTM制御システムが、騎士の動きを完全に再現してみせたからだ。
                      …同時に、それを成し得た最新システムの姿が、可憐な美少女だったから。
                      こうしてファティマという存在が世界に産声をあげ、徐々に居場所を広げていった。
                      国家の所有物であった時代を経て、パートナーとして騎士の隣へと。
                      そしていつしか、騎士の私的なサポートをする者まで現れたのである。
                      どうしても一般人からは、生まれながらのエリートにして殺人マシーンとみられる騎士。
                      畏怖と畏敬の念は同時に、嫉妬と羨望でもあるのです…騎士は常に孤高、そして孤独。
                      そんな騎士の隣にそっと寄り添う、自分たちと似た境遇のファティマ…どうでしょう。
                      コーラスやAKDの騎士に多いようですが、心を開いた者は多かったでしょうね。

                      さて、そんな境遇を黙って見ていられなかったのが、世のご婦人方です。
                      エルメラ王妃がコミック3巻でクローソーやラキシスに語った通り…かなりオコの様子。
                      旦那の仕事の相棒が、すこぶる美人で老いを知らず、しかも女性として完璧だったら?
                      大半の女性は少なからず、心穏やかではいられないのではないかと思います。
                      「子供を産める」という以外、何一つファティマには勝てそうもないのですから。
                      一方で、最大にして唯一の優位点も、その機能を中心に見られたくないのが女心。
                      かくして、人型ファティマへの規制が始まった、その一方で…
                      やはり騎士にも「ファティマはどうも、なぁ」って人がいたようです。

                      そんなニーズにおされてか、「ファティマ機能のみのファティマ」が生まれます。
                      それがエトラムル…エトラムル博士が作ったから、エトラムル・ファティマですね。
                      彼でも彼女でもないエトラムルは、ただ有機体コンピュータとして溶液内に浮いてます。
                      そして、与えれたコマンドを処理し、淡々とGTMを制御するためだけに稼働しています。
                      …まるでそう、前時代のシンファイアのように…何も主張せず、何者も敵に回さず。
                      ただ面白いのは、エトラムルは人型ファティマに性能で劣る(一部例外を覗く)そうです。
                      やはりジョーカーでは、人型こそがスタンダード、エトラムルは代替品のいち付なのか。
                      …それもあるでしょう、実際エトラムルは価格も維持費も人型に比べて安価でしょう。
                      その分、機械としての信頼性は上だろうし、よくも悪くも代わりのきく存在です。
                      それでも大半の騎士は、人型ファティマを、それも銘入りのファティマを求めます。
                      騎士にとってGTM戦こそ全て、そしてGTM戦は僅かな差が生死を分かつ戦場。
                      少しでも長生きしたい騎士は、数パーセントでも勝率をあげたいと思うでしょうね。
                      相性のいいファティマとのコンビでは、数値以上の力が出るともいいますし。
                      だから、シンファイアが舞台から降ろされ、エトラムルも主役にはなれない…
                      騎士という「生きた絶対兵器」を中心に考える、歪んだ世界ゆえのさらなる歪み。
                      そこはアニメか漫画のような、人型ロボが美少女ロボを乗せて戦う狂った世界なのです。

                      さて、一部のエトラムルは人型に匹敵する能力を有していることがありますね。
                      そう、バランシェ博士が残した、いわゆるバランシェ・エトラムルです。
                      例えばレーベンハイトが所有するロンド・ヘアラインなんかがそうです。
                      もう、見た目からして普通じゃねえ…なんだろう、この「才能の無駄遣い」感。
                      エトラムルにここまでリキ入れてしまう必要って、あるんでしょうか。
                      普通のファティマがステーキやハンバーグなら、エトラムルは代替品…大豆肉です。
                      でも、一流のシェフが超高価な大豆と高レベルの調理技術で作った大豆肉もあるという。
                      優美な姿すら与えられたバランシェ・エトラムルは、カプセルの中で何を訴えるのか?
                      そこにはもしかしたら、自分の娘たちを取り合う世間への、バランシェの皮肉があるのかもですね。
                      銘がバランシェ作ならば、エトラムルでさえ欲して争う…それを彼は嗤っているのかもしれません。
                      | ながやん | ファティマ | comments(0) | - |