無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
月刊NT2017年4月号ネタバレ記事
0

    どうも、長らく放置してすみません!

    ちょっとゴタゴタしてる上に、ガタガタでして…(汗)

    しかし、無事に青色申告も終わり、体調もなんとか…

    NT誌最新号も買ってきました、なにこれしゅごい!

    ついにツラック隊のエピソードも、クライマックス…!?

    超弩級GTMの登場で、戦場が大きく動きましたね!

    例のごとく、ネタバレ全開でお送りしますのでご注意を!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ・今月号のあらすじ

    セイレイのパンツァーカイル、そしてアイリーン・ジョルたちの援軍。

    圧倒的な多勢を相手に、ツラック隊は一丸となって抵抗を続ける。

    そんなAPの騎士たちをあざ笑うかのように、ついにジィッドが動く。

    クロスジャマーでの集団戦、数を数で潰す大規模戦闘の混乱の中。

    ニナリスにナルミ支隊長の位置を特定させ、ジィッドが出撃する。

    彼の目的はただ一つ…電撃戦で本陣を襲い、ナルミの首を取ること。

    数で勝る枢軸国の中で、無謀とも邪道とも言える突撃が始まった。

    あっという間にナルミのバーガ・ハリに、デムザンバラが迫る。

    一度はラキシスの強制介入コントロールで、難を逃れたが…

    絶体絶命のピンチ、騎士団長が倒れればツラック隊は総崩れに!?

    しかし…突如ジィッドの前に、恐るべき白亜のGTMが現れるのだった!

     

    えー、まずは表紙で登場の新GTM、ついにベールを脱ぐF型ミラージュ!

    フレイムミラージュ改めフレイムハカランダ改めファルトゥルムブリンガー改め…

    フォクスライヒバイテが登場です…すんごい格好いい新デザインGTMです。

    長き時を経て、ついにF型ミラージュがアイシャと共に戦場へ出ました。

    その圧倒的な強さは、ジィッドのデムザンバラを全くの子供扱い。

    気になる方は是非、今月号を買って確かめてみてくださいね♪

    そして、フォクスライヒバイテの背中のレールマウントって…

    これ、絶対後付オプション兵装でバスターランチャーつきますよね!?

    フレイムミラージュはもともと、小型ヤクトという設計思想でしたし。

    ファルトゥルム自体、アイシャ専用騎としてAKDの象徴となるGTMです。

    皇帝騎はマグナパレスですが、アイシャのこの騎体もまた、時代を牽引してゆく…

    彼女がアドラーに行くと、共にそちらへ配備されたという話も読みましたね。

    マグナパレスやツァラトラストラ・アプターブリンガーと同じく、エンジンはニ基。

    閃1014型エンジンのツインドライブで、圧倒的なパワーを絞り出しています。

    グリットブリンガーやハイファブリンガーは、エンジンは一基みたいですね。

    昔のミラージュマシンの設定と違い、シングルエンジン騎も増えています。

     

    さて、いよいよジィッド君の企みが明らかになりました…これは、ずるい。

    恐らく「背徳者」の名で呼ばれるには、まだ段階がありそうですが。

    彼が今回やったのは「おいしいとこだけもらいます!ごっつぁんです!」ってやつ。

    そして、ジィッド君というキャラクターが持つ全てが今回は描かれていました。

    その人格や気質、騎士としての腕…なによりも、自分第一主義の傲慢さと身勝手さ。

    目立ちたいから手柄が欲しい、手柄といえば最高は勿論、敵の大将首!

    実に単純で、自分の利益しか考えていない短慮とも言えるかもしれません。

    しかし、ウモスのクローゼがそれを許すあたり、なにか裏があるのかも…

    そして、ジィッド君はその「裏があるかも」すら、考えていない様子でした。

    騎士とは軍人であり指揮官、そして将ですが、ジィッド君は端武者なんですね。

    自分という戦術単位で可能な、一番かっこうよくて派手な武功しか頭にない。

    そして哀しいことに、ニナリスが優秀で、ジィッドくんも弱くはない騎士なのです。

    ナルミ支隊長へと放ったソニックブレード、彼はそれができるレベルの騎士です。

    そしてナルミ支隊長は、ラキシスが介入せねばそれを避けられませんでした。

    ナルミ支隊長は有能ですが、単純な騎士の腕だけならジィッド君が上っぽいのかな?

    ただ、そんなジィッド君が乱入してきたアイシャに、コテンパン…鎧袖一触です。

    ある意味、今回はジィッド回、全国のジィッドファンが大喜びのシーンでしたね。

    ジィッド君だからこそ、ああいうやられっぷりも絵になる、読者がすっきりする。

    同時に、こうした人間がデムザンバラに乗ってて、バッハトマのエースという現状…

    色々と考えさせられるものがありますね。

     

    扉絵はアイリーン・ジョルの設定画と、シェン・ラン騎士団&ピチカート公国。

    ピチカート公国はコーラス三王朝の外縁国家で、GTM製造国として有名です。

    コーラスの星団有数の軍事力を、影で支えているのがピチカート公国なんですね。

    カイリーダウンや、そのSP騎であるアマリカルバリを作っているわけです。

    また、ワイマール(ベルリン)も新たにダイヤモンドのD型ブランデンを採用しました。

    新型ワイマールも順次、このピチカート公国で作られていくようです。

    以前から公開されてる通り、ダイヤモンドの売り方はアッセンブル方式…

    設計はするけど生産は各国で自分でやってね、というものなんですね。

    これは、ダイヤモンドが自分の立場を動きやすくするためでしょう。

    シャープスやマギー・コーターのように、特定の国家に密着はしない。

    あくまでダイヤモンドは、人間である限り誰にでも、誰しもに寄り添うつもりなのかも。

    そうして神々と戦おうとする彼は、国家ではなく人間のためにGTMを作り続ける…

    か、どうかは今後を見るにしても、コーラスの軍事力の一端を垣間見ましたね。

    | ながやん | 月刊ニュータイプFSS連載情報 | comments(41) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - |
      Comment
      2017/03/14 3:29 PM posted by: 破烈の人形
      >>ながやんさん
      以前の設定ではG型グリットの雌型にあたるファンダウンがF型で
      ファルトリムがF2型でした。今月号のFRWの解説ではF型ミラージュ
      になってますが、名前の方にはApB-F2やMirage F2 GTMとあるので
      F2型の誤植の可能性もあるかと。F2型ということから以前はF型を
      ベースにしたカスタム騎かと思ってましたが騎体の型番にツァラ
      トゥラと同じApBの文字があるのでこちらをベースとしたカスタム
      騎なのでしょう。

      これでツインエンジンのミラージュGTMはこれまで設定が明かさ
      れていたa型(B型のテスト騎)、B型、D型、J型に新たにF2型が
      加わりましたが、改変前のフレイムミラージュにはN型、S型の2種
      が存在しており、アイシャが魔導大戦で使うのはN型だったので
      もしかしたらS型に相当するツインエンジンのミラージュGTMも
      あるのかもしれません。
      2017/03/14 5:49 PM posted by: シケルブ(見習い)
      管理人のながやん様、はじめまして。
      前スレから、こちらに参加させてもらっているシケルブ(見習い)です。

      体調が良くなられたとの事で何よりです。
      こちらの永野ファンの方々の熱意、思考、楽しく拝見、コメントさせてもらっています。
      今後ともよろしくお願いいたします<m(__)m>

      ツラック隊のエピソード、激熱ですね。今週のツバンツヒさんの「ダムド・ストローク」に、ジィット君の「ソニック・ブレード」にはテンションが上がりました(^^♪
      ジィット、強いっ!
      ソニック系の技はヴァイ・オ・ラや、ビブロスがGTM(MH)で撃ってはくれましたが、鈍い描写でした。が、騎士が撃つモーションで放たれた今週の描写は斬新でした。(パラパラ漫画見たく、ジィットとツバンツヒ、ぺらっとめくり比べると使いまわしか?と思うぐらいの絵でしたが(笑))カッコいいのでオールOKです。
      こういった人間的なモーションが取れるのは頭の可動範囲や、胴体のうねりが協調されるGTMならではですね。

      季節の変わり目ですし、お体無理なさらず、ご自愛ください。
      2017/03/14 9:21 PM posted by: グッチ
      非難の嵐かも知れませんが、ジィッドのこの作戦は戦国時代の戦い方としては正解なんですよ。相手の武将の首を獲る、獲ったほうが勝ちですからね。そのために敵の本陣の周囲を手薄にして、一気に攻めこむこの方法 ……大正解なんすよね。大将の首を獲れば勝ちですから。
      まージィッドは自分の手柄のためだけにやったことですけど、こんな奴はどこにでもいるはずだし、武士はそうやって出世するものですからね。
      GTMの戦い方は戦国時代の合戦そのものですな。 人ではなくなっただけで、人がGTMになっただけと。
      しかし、ニナリスの受難はこれからが本格的に始まりそうですね。今まではほんの序ノ口で、これからが受難の本番……。それを考えると不憫で不憫で……

      話は変わってF型ミラージュ この背中のリアフライアーは翼のようにも見えますね。正面カットを見るとシルエットは悪魔のように見えます。
      天照の星団進行で人々を恐怖に突き落とすにはぴったりの悪魔の化身みたいですね。
      そんでもって、スタント遊星戦では本物のサタン達と戦うんですから、悪魔vs悪魔の様な戦いになりそう。 侵略者サタンに立ち向かうのは悪魔みたいなGTMなんですね。
      2017/03/15 6:58 AM posted by: 騎士警察
      >ながやん様

      体調も回復なさり またバタバタ事も落ち着かれたようで何よりです
      今月号のFRW出現!の見開きページ!
      と言うか ブーメラン系の攻撃からの見開きって…どことなくテロル・ミラージュ(ハイファ・ブリンガー)の初披露を思い起こしますね

      ジィッド君の行動については"作戦としてはアリ"なのでしょうね
      軍師のナオも反対する理由はないとの事でしたし…
      まあジィッド君自身は作戦より何より 自分の功名心を満たす為だけの行動かもしれませんが そこら辺をウモスのクローゼに上手く利用されている感じも(^_^;)
      逆にクローゼは 手柄と引き換えに騎士としての悪名・味方からの不満等をジィッド君一人に押し付けて"名より実を取る"つもりなのかな?とも
      2017/03/15 8:58 AM posted by: トランキーロ
      初めまして。
      設定だとF型は半透明のワインレッドだったと思います。なので、今回の機体がF型というのは間違いかと…(ま、設定はコロコロ変わりますが)

      ただ、顔の意匠がクロスミラージュを継いでるので、F型をツインエンジンに改修した機体ってことでF型としており、通称はF2型と呼ばれるのかなぁ
      2017/03/15 8:30 PM posted by: アイスクリーム
      皆さんお疲れ様です

      ながやんさん>
       体調回復良かったです お体ご自愛下さいませ あらすじに詳しい解説はいつもためになります ありがとうございます

      破裂さん>
      さらに詳しくお疲れさまです 深いです 凄いです 流石ですね

      グッチさん>
      同感です
      ジィット君の戦法は利にかなってますよね
      敵の隙をつく ランチェスター戦法
      まあこの場合違いますが
      圧倒的な数の差もあって
      本来ならそれで楽勝!勝利ですよね…

      ナオ君や凸やんは知っていますね
      ベラ国は何かおかしいと
      彼らの戦歴の中では異常な事なんでしょう
      ジィッド君は野心で焦りでベラ国の異常さが見えていない 
      若さもあるのでしょう
      協力したウモスのクローゼも同じように背負うものがあるのでしょう…
       普通にまさかのミラージュ騎士団にソープ&ラキなんて誰も考えつかないでしょう
      想定外どころか想像もつかない
      ただしバランシェFA達はソープを知っている故に
      気づいた者たちは想定はできているみたいですが…(開戦時FAに勝敗質問したナオ君のカンはすごいですね)
      自分が駆逐軍指揮官でしたらオッタマゲ〜〜!の恐怖百倍ですょ 
      何故ならジィット君と同じような行動をしてしまいそう(笑)
      普通にエース級をマークして本陣指揮官を狙うのが当たり前です
      ベラ国防衛戦は駆逐軍にとってそれだけ異常な怪奇現象とも言えると思いますょ





      2017/03/15 9:26 PM posted by: たっかぁ
      ながやん様、皆様はじめまして。
      幅広い知識と深い考察、いつもうなずきながら拝見しております。

      今月のFSS、わたしがビビッときたのはジイッド君の「オレの戦果はたった一つでいいんだ!!それはツラック隊の中心!ナルミ支隊長の首だ!!」のところです。アイリーン姉ゴの「またあの時と同じ事が!!」のセリフと相まって、コーラス対ハグーダ戦役終盤の、ジュノーンがサイレンに墜とされる場面を思い起こさせる仕掛けになっておりました。
      まぁ、ラルゴ・ケンタウリさんと比べると、ジイッド君は功名心しかない・・・。コーラス契い箸凌爾ぐ縁が丁寧に描かれたラルゴさんは、役者が違いますね。
      「久しぶりだ!コーラス!」のセリフにはシビれたなぁ。

      あの時代(コーラス対ハグーダ戦)でも、描写されなかっただけでファティマ達による大規模ネットワーク集団戦闘がなされていたんでしょうね。覚醒したクローソーは全MHに強制割り込みして動けなくしていたとか?実はナイト・オブ・ゴールドも操られて剣を渡しちゃったとか?シューシャとパラーシャ双子だから連携ネットワークが強力だったとか?妄想捗ります!萌えるぜ!
      2017/03/16 1:02 AM posted by: シケルブ(見習い)
      皆さま、こんばんは。
      ジィット君の戦いは成功していれば、大成果なんですがね、、、ツラック隊エピソードは、ほぼ決着ですが(ナオ団長、帰りそうですし)ですが、巻頭特集によれば思いがけない展開との事で、、センセーの餌に、よだれを垂らして待っています。

      アイリーンの「またあの時と同じ事が!!」には思わずニヤリとしました。せっかく満を持して登場したのに、また出てこなくなってしまうと(笑)
      ホーミング・ブーメラン(バル・バラ)も読者をニヤリとさせるエピソードですね(^^♪
      「使えん!」で一コマでポイッと捨てられた謎武器ですが、(ハイファ)テロルの本来の使用者カイダの得意武器です。きっと、どや顔で決めている筈です(笑)

      今回はAFが情報戦をバリバリ展開しています。ね。永野センセーは無類の最新兵器好きの方ですから、電子戦争と言われている現代戦を知り尽くしていますね。すごく説得力のある戦闘描写です。

      ハグーダ戦は今の設定からすると、総突っ込みになりますので、発言を控えますが、、、ジュノーンの首元に剣があるとはいえ、相手が、、、略。
      この頃の戦いは逆に人間的な描写がしっかりしていて、今とは違う感動が味わえますね。個人的にジュノーンのエンジンが回った時は、シビれました。

      F2は単行本13巻205ページに単独製造の特殊な機体と書いてありますよ。デザインズ4にはさらに詳しく書いてあるとおもいますが、私は持っていませんので。
      カラーリングですが、皆さま(読者)が騙された様に、これは前々からセイレイや、マロリーがアイシャに打診していた事もあり、ハグーダ戦のLEDミラージュみたく、コーラスサイドに見える様にカモフラージュ塗装ではと、最近勝手に妄想しています。スネに思いっきりマーク入っていますが、、、それぐらいなら後々もみ消せそうですし。冒頭のF2の説明にもそんな事を匂わせる記述が。「戦の勝敗を決定付けるも、その所属、騎士、国家等、一切不明である。」
      アマテラスに従順なアイシャがこんなにも思いっきり戦闘に参戦するのはなぜなのでしょう?ってか勝敗を分ける程の軍事介入。
      デムザンバラを回収したいだけ?

      皆さまの思考、妄想、お聞きしたいです(^^♪
      2017/03/16 1:46 AM posted by: 破烈の人形
      >>シケルブ(見習い)さん
      デザインズ4ではGTMのヘリオス装甲は作られる時に決定されあと
      で変更することは基本的に不可。ただ、一部の騎体は色を電磁波で
      変えることが可能とされてます。
      この機能を持っているのがカイゼリンで映画では装甲の色がどんどん
      と変化する場面がありました。
      だからFRWもこの機能を持っていて装甲の色を変化させてる可能性
      はあるでしょうね。

      今月号のFRWの解説の隣のページ、ファティマ・ヌーリの解説にも
      ヘリオス装甲の色の変化についての解説が載ってます。
      2017/03/16 9:57 AM posted by: グッチ
      アイスクリームさん
      フィルモアvsヨメーヨの名乗りをあげてのガチンコ真っ向正面衝突の戦いはスポーツマンシップにあふれてると言ってもいいくらい正々堂々してますね(笑)。
      むしろこの陽動戦 ランチェスター戦法でしたっけ? 本来はナルミ側のツラック隊が使うべき戦法なんですがね。
      ナルミはベラ国を守る気概、愛国心、犠牲心はあっても戦術、策士としてはイマイチかなぁ~と。
      彼女の場合人望によって人が寄ってきて助けてくれる。 まーマンガならではの世界ですね。
      2017/03/16 7:12 PM posted by: アイスクリーム
      >グッチさん
      フィルモアVSメヨーヨ戦は正に見栄のぶつかり合いですね(笑)星団屈指VS鼻へし折り団
      奇策では通用しませんでした…まぁ勝てば官軍何でしょうが…誇り高き騎士団戦ですね
      ナルミ支隊長は繰り上がり指揮官ですからね ソニックブレードに反応するエース級とまでは行かないのかな…でもAP騎士の高位なんですよね ソープがくっついているからとも思えますが なかなかのバカっぷりキャラが幸運でしたね(笑)
      アホキャラには何故か力になるバカップル(笑)
      FSSの醍醐味です(笑)
      本来の作戦としてはナオ君の戦術
      数で消耗させる 押しつぶす帝王学が戦術としては正解でしょうね 
      けど、レレイスホトの計算でも負けてしまう
      AP弱小隊で壊滅寸前まで追い込まれたツラック隊 ベラ国難民雪崩込みの頻拍情勢報道もされているのに 倒しても倒しても出てくるバーガーハリ 10倍の戦力投入でも勝てない笑える戦ですよね 
      ジラシ作戦で一気に行かないのも凄いかも
      目的はベラ国占拠ですから
      軍司レイ君は後退帰ると思いますょ
      ただウモスはどうなるのか
      レスターを追いやった落とし前がくるような…
      その辺はいつもキッチリしてる物語かと期待(?)もあるんですが(笑)

      >シケルブ(見習い)さん
      アイシャは陛下のことになると見境がなくなりますよ
      ベラ国が敗退すれば陛下もどうなるか…それよりも陛下側の軍が敗れる事態ありえない 
      そりゃ命投げ出しても駆けつけます
      AKDの政事に軍事介入なんて二の次で
      かまっていないでしょうね
      唯我一人唯一の忠誠 退団は死をもってのみ
      ミラージュ騎士団はそんな騎士団ですから
      さらにアイシャには追い求める方なんですから
      デムザンバラなんてどうでもいいんでしょ(笑)





       
       
      2017/03/16 9:24 PM posted by: グッチ
      アイスクリームさん
      そうでしたね。ナルミは繰り上がり指揮官でしたね。すっかり忘れてました。しかも、ソニックブレードがそこそこの大技だったなんて皆さんのコメント読んで初めて知りました(笑)
      ソニックブレードは騎士全員が出来るもんで、問題はその威力が騎士によって全く違うものだと思ってました。 剣聖クラスのソニックブレードと一般騎士のソニックブレードは威力が桁違いに異なると。 …何でこんな勘違いしたんだろう?
      それはさておき、枢軸側はやはり一般岩とはいかなそうですね。この辺はツラック隊のほうが強みですね。

      シケルブさん
      コーラスカムフラージュのF型ミラージュ これ正解かも知れません。
      少なくともアイシャは「ちょうど良くね!」って思ってますよ。
      アイシャが参戦した理由は陛下守るモードに入ってしまったからです。剣聖レベルの強さです
      2017/03/17 3:09 AM posted by: シケルブ(見習い)
      こんばんは。
      >破烈の人形さん
      詳しいご説明、いつもありがとうございます。映画ゴッティクメードは見ました。パンフのカイゼリンの装甲説明で、無色、完全透明!?と驚いたのを思い出しました。F2のカラー最初にを見た時、一番疑問に感じたのが、昨今のミラージュマシーンなのに、半透明でないソリッドカラーなのが、一番気にかかったので。(おそらく、ネームも間違える程飛ばしてる今のセンセーの勢いでは透明装甲を描いてるしてる時間がない!えい、これで出してしまえ!!)という、ナナメからの私の突っ込みも、したかった次第です(笑)

      >アイスクリームさん
      >グッチさん

      なるほど、陛下が危ないモードと言う、単純かつ一番恐ろしい状態の訳ですね。肝心のソープは今回、ラキシスがいるので実は無問題ですが、さすがアイシャです。
      ソニックブレードをGTM(MH)で放てる騎士は稀です。背徳者と言われようが、今回のジィット君の作戦はいろんな意味で素晴らしいと思います。彼の性格からして、バギィをも騙すほど、じーっと耐えていてからの渾身の一撃。が!ラキシスに割り込まれ、ブチ切れアイシャに対敵、、、コレハ、ジィット君可哀そうです。(別にジィットファンではありませんが)敢えて彼に星を上げたいです(笑)

      ナオは「やれやれ、藪を突いたら大蛇が出たぜよ、んじゃ、オイは退散しょっと(こけたハロ・ガロでよろよろ、トホホ)」と言ったところでしょうか?
      是非とも、ツバンツヒとの剣聖クラスの対決が見たかったですが、こういうおいしいカードは見れないのがやはりFSSですね、、、デコース率いるバッハトマVSシュペルターカイエンにしかり。トホホ
      2017/03/17 4:17 AM posted by: さクマ餅
      ながやんさん、皆さん、初めまして。
      ジィッド、ついにやらかしましたね。絶好のチャンスが最大のピンチって、神様のイタズラとしか思えんな(笑)。

      大将首を取る、その作戦自体は悪くないし、敵を欺くには味方からと言いますし、まぁ良いのですが、一番ダメなのはジィッド自ら行ったことでしょう。
      今回のベラ攻略戦、各国それぞれ思惑があるでしょうが、バッハトマに取っては16年6月号のNTで、ボスデココンビの会話にあるように、最悪ベラなんて落とせなくても痛くも痒くもないでしょう。
      それよりも、バッハトマの人間が目立つ、大手柄を立てるなんて、例え勝っても同盟にヒビが入りかねない、最悪の行為でしかないですよ。少なくとも、デコースはブチキレると思う。
      やはりジィッドはバッハトマ以外では重用されない、腕は一流でも国家騎士としては三流くらいの、ダメなやつですね。
      とは言え、ジィッドて魔導大戦を盛り上げる道化の様な気がするので、しぶとく生き延びて行くんだろうな(笑)。

      グッチさん
      ズバ抜けたところは無くても、ナルミは腐ってもAP騎士ですからね。
      怪しい人間でも受け入れ、助言も良く聞き皆に慕われる彼女を見ていると、劉邦や劉備のようなタイプの人だなと思ってしまう。指揮官としてはジィッドとは比べ物にならないぐらい優秀ですよ。
      2017/03/17 8:30 AM posted by: グッチ
      さクマ餅さん
      劉邦、劉備 昔世界史で習ったような?
      ナルミ系の人だったんですね。
      逆か!ナルミが劉邦、劉備系か(笑)
      FSSのGTM戦はAFの電子戦を無視すれば、日本や中国の戦国時代の戦いを連想すれば良く理解できるかもですね。

      遥か未来の? 高度文明が戦国時代の戦いをしてるなんて…
      2017/03/17 5:06 PM posted by: ながやん
      >破烈の人形さん
      いつもコメントありがとうございます♪
      そうなんですよね、ついにF型ミラージュ出撃です!
      ひょっとしたらF型も、雄と雌があるのかしら…?
      確かにF2の型番がついてましたよね、フォクス。
      広義の意味で、多分ファンダウンもファルトゥリムも一緒なのかしら。
      旧フレイムミラージュにも、S型とN型があったようですね。
      多分、ウンダーとクラウド、両スピードミラージュみたいな扱いかな?
      どっちにしろ、嬉しい登場になりました、盛り上がっちゃう!

      こうして見ると、ツインエンジンの騎体って少ないんですね。
      クロス(グリット)やテロル(ハイファ)は違うっぽいし。
      ルガー(ルーガル)とかも多分、シングルエンジン?かな?
      デムザンバラはどうなんでしょうね、気になりますね!
      ニナリスがエンジンの話してる時話題にのぼらなかったから…
      他のGTM同様、デムザンバラはシングルなのかも。
      2017/03/17 5:12 PM posted by: ながやん
      >シケルブ(見習い)さん
      今回の掲載、凄く良かったですよね!
      自分も興奮しました、ほんとに痺れました…
      まず、ジィッドが強く描かれてましたね。
      ほんとに短慮でやんちゃな子ですが、強いです。
      多分、私感ですがナルミより強いですよね、彼。
      ただのタイマンバトルなら、ナルミより強い。
      …まあ、指揮能力や人望、判断力に決断力は…かなわなそう。
      でも、ソニックブレードを放てる騎士って凄いですしね。
      で、そんな彼の「俺様TUEEE作戦」をぶった切るアイシャ!
      いやあ、燃えました…問答無用の強さでしたね!
      剣聖技を出すツバンツヒを、それを見つつスルーするハレーもいい。
      いちいち問い詰めない、味方だからOK!みたいな即時対応。
      今月号も見どころが多くて、本当に最高でした!
      2017/03/17 5:16 PM posted by: ながやん
      >グッチさん
      仰る通り、戦いの常套ですよね。
      頭を潰せば軍は機能しなくなりますから。
      そういった意味で、ジィッドの戦術は正解です。
      また、それを後押ししたクローゼも、わかってる。
      重要なのは「数で勝る優位、勝ってる状況でそれをやる」ってことかも。
      大将首を取ったるでえ!って、ある意味決死隊で特攻なジィッド君。
      なりふり構わぬ劣勢のツラック隊がやるんじゃなく、枢軸国がやる。
      これは精神的にもキますよ、ツラック隊大慌てでしたしね。
      黙って普通にやってりゃ、時間がかかるだろうけど確実に勝つ。
      既に軍勢を並べた時点で勝ってる枢軸国が、これをやってくる。
      もとよりカツカツで余裕がないツラック隊、泡食ったでしょうね。
      そういった意味では、ジィッド君の才能は天性のものです。
      アイシャと切り結んで生き残ったのも、今後の成長に繋がるかも。
      生き延びた騎士こそが強い、生還が全てと言われる騎士業界。
      これでジィッド君が一皮むけたら…嬉しいですね。

      でも、不謹慎だけど…ジィッドくんにはずっとヤンチャでいてほしい(笑)
      2017/03/17 5:22 PM posted by: ながやん
      >騎士警察さん
      今回は多分、とうとうミラージュが出張ってきた気がしますね。
      フォクスのアイシャ様をデムザンバラに当てるため、総動員。
      見えないコマでブラフォードやカイダのハイファが動いてるとか。
      そうやって、一人一人が一騎当千のミラージュが道を開く。
      そして堂々と、アイシャ様はナルミを助けてジィッドを一発KOと。

      この作戦、邪道と言えば邪道で、正道と言えば正道です。
      グッチさんも仰る通り、大将首を取るのは戦の常ですし。
      しかし、それを圧倒的有利な枢軸側がやる、これをどう見るか。
      戦にも作法やルールがあり、個人個人のこだわりもあります。
      数で勝る横綱相撲の枢軸軍が、これをやる意味があるのか、と。
      それは騎士として美しいのか、無様なのかもあるでしょう。
      そういった意味で、ジィッドにやらせてるクローゼは凄い。
      彼は騎士で武人な上に、政治家としても見ているのでしょう。
      恐らく、ジィッドが成功しても失敗しても、自分は安全。
      ひいては、ウモスは安全で、どっちでも利があると見ている。
      そういうしたたかな男、ちょっと格好いい…ヴィルマ、見る目あるー!
      2017/03/17 5:25 PM posted by: ながやん
      >トランキーロさん
      はじめまして、コメントありがとうございます!
      F型は、これは旧設定のフレイムミラージュですよね。
      ずっと出る出る言われてて、とうとう出たか!という感じです。
      一応、今月号のカラーページでF型と断言されてました。
      ただ、F型らしきGTMは当初、別の名前だったんですよね。
      G型(グリット=クロス)のスペシャルVerだったような…
      F型がファンダウン、F2型がファルトゥルムだった気がします。
      ま、多分アイシャに特別なGTMをあげたかったのかも(笑)
      顔はなんか、クロスミラージュ系ですよね、左右非対称だし。
      エルガイムのカルバリーテンプルに少し似てる気がします。
      いやあ、格好いいですね…来月号も凄く楽しみです♪
      2017/03/17 5:28 PM posted by: ながやん
      >アイスクリームさん
      今回、ある意味で最大の殊勲賞はニナリスかもですよね。
      だって、あのクロスジャマーの中、ナルミを見つけたんですから。
      ただそれだけやってろ!って言われたからかもしれませんけど。
      でも、多くのファティマたちが電子線でシノギを削ってる中で、です。
      互いの識別が不能な「敵か味方か」しかわからない状態で、です。
      そんな中でナルミのバーガ・ハリの場所を特定するの、しゅごい…
      やっぱニナリスって有能なファティマ、一流ですよね。
      なんで君、ジィッド君に…いや、あえて言うまい(笑)
      でも、今回の敗戦でジィッド君が謙虚に目覚めてくれれば…?
      そうすれば、ニナリスと仲良くなれたり…し、しないかあ(汗)
      2017/03/17 5:32 PM posted by: ながやん
      >たっかぁさん
      コメントありがとうございます♪
      同じFSSファン同士、是非仲良くしてやってくださいね。
      ながやんはペケペケーと毎度馬鹿話してますが、よろしくです!

      コーラスハグーダ戦も、ファティマ同士の電子線、あったでしょうね。
      当時はまだ描写されてない、設定がなかったかもですけど。
      でも、今の最新の設定や世界観で、当時の戦を振り返ると…
      ファティマ同士で撹乱し合って、錯綜する情報と結界。
      そんな中で、ハグーダがミミバ族を使ってくる。
      電子的に双方ジャミング済みだからこその、ミミバ族かも。
      目視で見て、脚で伝えに帰る…これは阻めません。
      コーラスも通信に紙媒体の伝言を筒に入れて送ってましたしね。
      確か永野先生も「戦が発達するほど原始的な通信が役立つ」みたいに言ってましたし。
      しかし、今回のジィッド君…とうとう、彼のターンが来ましたね!
      アイシャに一蹴されてしまいましたが、生還からの成長に期待です!
      2017/03/17 5:38 PM posted by: ながやん
      >さクマ餅さん
      コメントありがとうございます!
      返信遅れてしまって、ホント申し訳ないです。
      これからもよろしくおねがいしますね♪

      ジィッド君は、多分「腕は一流、他は三流」の典型なのかも。
      だって、腕も他も一流だったら、一流騎士団にいく筈だもの。
      腕だけしかないから、バッハトマで一旗揚げて団長になった。
      でも、そこにはバッハトマの、新興国ならではの苦しさがある。
      デコースやバギィのような人間がいても、数が圧倒的に足りない。
      だから「腕さえあればゴロツキからデムザンバラ持ちだぜ!」って…
      そうやって人材を集めるしかないのかもしれません。

      で…今回の作戦、確かにジィッドが出る必要はないかも。
      ナルミの場所がわかったら、そこにウモス主力と一緒になだれ込めばいい筈。
      なにゆえ、自分から出張るかというと…手柄ほしかったんでしょうね。
      彼は彼で、エースながら「デムザンバラのおかげ」なんて言われてます。
      敵の大将を一騎打ちで屠るという、わかりやすい手柄が欲しかったのかも。
      ただ、ナルミの居場所というのは、枢軸軍全体に利益となる重要情報です。
      それを自分だけのために使ってしまうのは…しょうがない子だなあ、もう(笑)
      でも、そんなジィッド君がかわいくも思える俺なのでした。
      2017/03/17 6:26 PM posted by: 破烈の人形
      >>ながやんさん
      改変後の設定の変遷は

      ニュータイプ2013年5月号 星団列強パワーバランス表
      アイシャのGTM ファルトリム・ブリンガー(F型ミラージュ)
      ミラージュ騎士団の使用GTM
      グリットブリンガー(G型ミラージュ、雄型、雌型あり)

      2014年4月号 特集記事
      G型グリットブリンガー(色はレモンイエロー)の雌型がF型ファン
      ダウンブリンガー(色は淡いワインカラー)

      2014年5月号 連載
      単騎製造の特殊なF2型ファルトリムブリンガー

      今月号 特集記事
      名称欄 ApB-F2、Mirage F2 GTM
      解説文 F型ミラージュ
      巻末読者プレゼントの作者の色紙
      GTM F2 =FulltrimBringer= 〜FuchsReichweite〜

      GTM改変が行われた2013年5月号時点ではファルトリムがF型でしたが
      2014年4月号と5月号でファンダウンがF型、ファルトリムがF2型に変更。

      今月号ではフォクスライヒバイテ=ファルトリムブリンガーのようで
      すが所々にF2の文字があるので「F型ミラージュ」って記述が再び設定
      変更されたのかF2の誤植か判断がつきかねるところです。

      FRWの顔の左右非対称な目はグリットと同じ特徴なのでグリット同様に
      索敵機能を持ってる可能性はあるでしょうね。
      ツインエンジンベースで作ったグリットブリンガーに相当するGTMなの
      かも。

      あと、A型(アフォート)、G型(グリット)、F型(ファンダウン)
      R型(ルーガル)らは全てレオパルトフレームでシングルの閃1015
      エンジン搭載。
      ツバンツヒが設計するS1型スピードミラージュ(スカイアギフト)
      S2型スピードミラージュ(ウーラソニック)はティーガーフレーム
      でグリットらと同じくシングルの閃1015エンジン搭載。
      デムザンバラ、トリバネルは天照が作ったモルフォ型のカスタムGTM
      でフレームは不明ですがエンジンはやはり同じシングルの閃1015エン
      ジンとなってます。

      デムザンバラがツインエンジンならツァラトラ同様の1000京馬力超の
      出力があることになるので、剣聖にしか扱えないような無茶なチュー
      ニングをしてまで出力を上げる必要も無いでしょうから。
      2017/03/17 7:32 PM posted by: 騎士警察
      こんにちわ

      >ながやん様
      ご丁寧なレス ありがとうございます
      戦場を切り裂くように飛来し 一撃で2騎のGTMを撃破したブーメラン系の武器
      ワタシは何とな〜くアイシャのFRWが放ったモノだと思っていましたが…先々月号ではカイダがカレに「バル・バラGBセット」って指示してましたね そう言えば
      (^_^;)

      ウモスのクローゼは今のところ「レスターを追い出した嫌なヤツ」といった印象ですが 悪役ですらカッコイイ見せ場があるのがFSS
      オジサン(を描くのが)好きな永野センセーが彼の魅力をどのように描写してくれるのか…楽しみではありますね

      >グッチさん
      「ソニック・ブレード」は「ショック・ブレード」と「メイデン・ブレード」という それぞれ衝撃波と真空波を生み出す技を合わせて使う大技で 騎士剣の中でも最高クラスの技とされています
      ただ ワタシの知ってる限りでは更なる上位剣として「天位剣技」「剣聖剣技」等の分類があるようなので 恐らくソニック・ブレードは"一般的な騎士が使う技の中では最高クラス"なのでしょう
      永野センセーも言ってますが 物語に出てくるメイン級のキャラクターは例外的な強さなので いとも簡単に使っているようですけどね

      >破裂の人形さん
      豊富な知識と深い考察 いつも感服しております

      モルフォ型GTM"トリバネル"というのはワタシには初耳でしたが 旧オージェ・アルスキュルのGTM版と考えて宜しいのでしょうか?
      デザインズ4のMGPの解説で「写しは無い」とされた事で旧パトラクシェの存在が否定されたと思っていたので もしオージェが存在している(いた?)のなら とても嬉しいです
      2017/03/17 8:07 PM posted by: 破烈の人形
      >>騎士警察さん
      トリバネルはアトロポスがひとりで操縦してブラフォードに負けて
      破壊された設定なのでおっしゃる通り、オージェ・アルスキュルに
      相当すると思われます。
      ただエンジンがMGPとは別物なので、改変前のようにトリバネルの
      エンジンを使って新たにGTMを作ってもMGPの写しにはならないでし
      ょうね。

      改変前のK.O.G.AT(パトラクシェミラージュ)は天照がジュノーンと
      の対戦もありうると考えて作ったって設定だったので、改変後に作る
      としたらエンドレスに対抗できるパワーを持ったツインエンジン仕様
      の騎体にする可能性が高いはずです。
      2017/03/18 1:37 AM posted by: シケルブ(見習い)
      こんばんは。皆さま。
      スレの回転が早いですね。皆さまの知識、思考など、読んでいるだけで楽しいです(^^♪

      >ながやんさん、丁重なレス、ありがとうございます。今月号は熱くなりました。

      ジィット君の話に絞らせてもらいますが、今回の戦闘で予想以上に強い事が分かりましたね。ナルミそれほど強くないと思います。皆さんが仰るとおり、人徳、人柄、等は優れていますね。そして、ジィット君はかなり強いと思われます、、、

      ソニックブレード、一般的な騎士なら、ほぼ全て打てますがGTMで撃てるのは稀で、尚且つジィット君は同時に、2発放っています。しかも当たれば撃破出来る威力と推定。
      逆にツバンツヒが幾らエース機としてマークされているとは言え、システム・カリギュラである事から、強さは恐らく現在の剣聖レベル。機体が何であれ、多重分身からのM・T・B、飛燕剣、と桁外れの技を撃てるはずですが、、、素性を公にしたくない事情もあるでしょうが、このなりふり構っていられない状況にツバンツヒには、ちょっとガッカリでした。

      しっかし、今回の主役はソープ。ベラにこれだけ敵味方が集まってきたのは、間違いなくこの気まぐれな、神様の行いです。ツラック隊はある意味、犠牲者的な見方も出来ますね笑、、、神様の気まぐれには困ったものです。
      いや、めちゃくちゃ、楽しかったですけど(^^♪
      2017/03/18 3:32 AM posted by: 騎士警察
      >シケルブさん こんばんわ

      確かにジィッド君の強さは 並みのエース騎士を上回るモノだと思えますね
      そもそも開幕戦でデコースの次にバーガ・ハリを撃墜したのが彼な訳ですし(しかもあまり"ちゃんとしてないGTM"でww)
      ただナルミに関しては 皆様が仰る程"人柄・人望だけ"の指揮官と思えないのが正直なトコロです

      その理由は二つ
      戦時下の簡易おひろめ(と推測されます)とは言え バランシェの名を継いだミースのAFに力を認められている点

      そしてナルミのバーガ・ハリはツバンツヒの騎体と同じ特別チューンがされている設定となっています
      (デザインズ4時点での設定。元はハレー騎も同様でしたがBS-Rに変更されたので)
      当然 それを行ったのは我等がソープ様
      勿論"指揮官だから"というのはあるでしょうが それだけの理由で使いこなせない騎体を押し付けるような事はないと思われます

      そしてあの場でのツバンツヒの行動に期待外れ感をお持ちのようですが ワタシ的には十分にアリ(それ以外の選択肢が"正解"なのかは永野センセーにしか分かりません)だと思います
      まず飛燕剣は威力そのものよりも「攻撃範囲の広さ・攻撃方向を読ませない」事が技の本質なので あの状況ではあまり有効ではないかと(基本 一対一の剣技かなとも)
      そして密集している集団戦に於いては分身を繰り出すスペースも確保し辛いでしょうし MBTに至ってはログナーでさえ撃つ前にタメが要る程の大技
      あの場で優先すべきはコンマ1秒でも早く ハレーの為の道を開く事だと思うので こちらもやはりあの状況にはそぐわないかもと

      翻って連弾衝撃波ですが リッターピクトの解説によると"天位以上の騎士の遠隔攻撃の基本技"となっています
      ログナー・カイエン級ならほぼノーモーションで
      また今月のツバンツヒもジィッド君のソニック・ブレードと同じ程度のモーションで撃ってますよね?
      それらの観点からツバンツヒの選択はベストでは無いにしてもベターなものであったとワタシは考えています
      ついでに言ってしまうと連弾衝撃波もGTMで使おうとする(ロボーター・スキル=GTM技)と剣聖級らしいので ツバンツヒの力を十分に示すモノだと思いますよ
      (一人一人が一国の指南級のMKバイズビズが驚くレベル)

      長々と書きましたが"自分の意見が正しい"と主張する訳ではありません
      シケルブさんの不満(疑問?)に"こういう考え方はどうですか?"程度のモノなので お耳汚しでしたら聞き流して下さいませ
      m(_ _)m
      2017/03/18 8:16 PM posted by: シケルブ(見習い)
      こんばんは。
      >騎士警察さん
      とんでもないです。私の戯言にレスをくれてありがとうございます。<m(__)m>

      全て騎士警察さんが仰る通りなのですが、そこを敢えて、掘り下げたかったんです。

      ツバンツヒ→パワーバランスでは、星団歴の剣聖より上→本気出すと、正体ばれる(そしてアイシャなど活躍なくなるし、てか、ナオ団長ぐらいしか相手もいなくなり、漫画的にもNG)→だから連弾衝撃波ぐらいで無難。

      後にキャラクター解説でセンセーが(こういうキャラは、お笑い設定)と言う恒例の流れ…

      分かってはいるのですが、分かっているからこそ(だってセンセー描いてくれないし泣)連載中のこの時期に、こちらの様な素晴らしい知識を持った方々とアレコレ、お話がしたく、突っ込んでおきたかった次第です。

      ナルミですが、どこかに解説が載っていたような気がしたので今日、本棚引っ張り出してみたところ、私の持っている書籍の限りでは「リブード7の末」「トレーサーEx2のキャラ解説」に(騎士として強くもなく〜)と、おおむね連載通りの設定でした。
      機体のチューンですが連載ではボレーの機体もバーガ・ハリBS並みに仕上げていますね。この事からおそらくソープなら、搭乗者に一番使いやすく、尚且つ機体以上の性能を引き出せるようにチューン出来ると思います。

      最後に前コメで、ジィッドは2発ソニックブレードと、言ってしまってましたが、1発でした汗。2発ならラキが割り込んでも当たるヨ…

      駄文、長文、失礼いたしました<m(__)m>
      2017/03/18 9:08 PM posted by: 破烈の人形
      >>シケルブ(見習い)さん
      ツバンツヒが星団歴の剣聖より上というのはおそらくニュータイプ2003年
      8月号の連載扉に載っていたパワーバランス表で超帝國騎士が星団歴剣聖
      よりもずっと上のランクになっていた事を根拠にされているのだと思い
      ますが、既に14年も前の設定でキャラによってはその後何度も設定されて
      いるのであまり当てになりません。

      ツバンツヒについてはカリギュラの超帝國騎士ではありますがデザインズ4
      ではデコース、ランド、ジャコー、イゾルデ、クリスティン達と同格の
      強さで、この1ランク上がアイシャ、リリ。更にその1ランク上がマドラ
      慧茄といった剣聖とされていました。

      なので今の設定ではツバンツヒが本気を出したとしても11巻でマドラの
      スカートをめくる時にカイエンがやったような分身から多数の剣技を
      同時に放つのは難しいでしょう。

      今月号ではGTMでの連弾衝撃波が剣聖の使うロボータースキルとされて
      ましたが、デザインズ5では剣聖剣技の中にはミラー、MBT、真空光輪や
      多段分身攻撃ような剣聖にしか使えない別格の技が存在し、剣聖はそれ
      らの技をGTMに乗った状態でも使用可能とされています。

      だからGTMに乗っての連弾衝撃波はGTMでのMBT等よりも難易度が低く剣聖
      以外の強い騎士でも使用は可能と思われます。

      といってもミラーはサリオンが使えるとされており、真空光輪もデコース
      と戦った時にスパークがダブルヘクサグラムを使ってたので、技の難易度
      に関してはデザインズ5以降の連載でも更に変更されてる可能性はあるか
      もしれませんが。
      2017/03/19 1:08 AM posted by: シケルブ(見習い)
      >破裂の人形さん
      的確なコメントありがとうございます。
      その様な改定があったのですね。
      デザインズ4を持っていない私に発言権がないのを承知で、敢えてとばかりに、豊富な知識を持つ破裂の人形さんの主観も含めて、お聞きしたく、いくつか質問させて下さい。
      こんな会話が出来る機会はないと思っていますので。破裂の人形さんはコチラの皆さんのなかでも、凄い人だと伺っています。

      私のツバンツヒの強さの解釈は、仰る通り、パワーバランス表です。センセーはコロコロ設定を変えるので、14年前とは言え、こうして一括してまとめてくれた、このパワーバランス表はかなりパロメーターを図るに時にして、重大なものです。
      デザインズ5リッターピクトは持っていますし、騎士から剣聖までの技解説も読破し、仰ることも熟知しています。剣聖は別格、と言う設定はやはり変わっていないなぁという印象です。強天位騎士、デコースから、アイシャまで連載で強い天才騎士騎士も、ドングリ比べ。それらを数百人同時に切り捨てるのが星団歴の剣聖。その強さはGTMでも全く大差ない。

      ここからの大分上にあたるのが、超帝國剣聖。こちらもやはり、旧パワーバランスに該当する強さ(ヘリオス剣聖騎士団)

      で、その中間に位置するのが、超帝國騎士。あのパワーバランス後も、超帝國の血統が入ってくるとやはり、星団歴において敵うものはいないとされています。

      そこでようやくツバンツヒ、最新のリッターピクトでもやはり、濁しながらも、しれっと星団最強ランクの騎士と書いてあります。

      破裂の人形さんが教えて下さった、デザインズ4のツバンツヒの強さは、パワーバランス表の様な明確なものでなく、ツバンツヒのキャラクター的な書き方でしょうか?(つまりネタともとれるような)

      この超帝國騎士のパワーバランスの境目がとても重要で、分かりやすく一超帝國騎士として、ツバンツヒを持ち出しますが、超帝國騎士がそこまで格下げされると、現在の連載でも根底から覆るパワーバランスになってしまいます。

      センセーにとっては14年前だし、読者の要望に応えて、ささっと書き上げたパワーバランス表だと思いますが、今後も明確に描いてくれないと思うので、読者はこれを参考にするしかありません。

      ここぞとばかりに、一方的に質問して申し訳なく思っていますが、破裂の人形さんの豊富な知識と、個人的な主観をお聞かせいただければ幸いです。このパワーバランス表が解決しないと今後もモヤモヤしながらFSSを読んでいかなくてはならなくなってしまうのです、、、トホホ。もちろん、デザインズ4は購入しますね。

      あと、破裂の人形さんの仰るとおり、どれに当てはめてもスパークの真空光輪や、ブラフォードの極めて精度の高い無走剣、バイズビズの分身からの飛燕剣、、、突っ込みたくなりますが、これらはまあ、ドングリ比べの産物だと認識しています。
      サリオンは強力なダイバーパワーを持っているのでちょっと、推し量れないキャラですね。ミラーはダイバーパワーがないと習得できない技です。剣聖ハイアラキでも無理でした。
      2017/03/19 2:46 AM posted by: 破烈の人形
      >>シケルブ(見習い)さん
      デザインズ4の記述は冗談と取れるような解説ではないですね。現時点での
      設定、物語すべて含めた「人間の騎士」の強さとしてランク順に各キャラ
      の名前が載っていたので。

      あのパワーバランス表の当時からの設定の変化を順に追いかけていくと
      表の超帝國騎士シバレースと、カリギュラの超帝國騎士ツバンツヒが同じ
      ランクとは限らないと思えます。

      まず、パワーバランス表に超帝國剣聖と超帝國騎士シバレースの2種が載って
      いましたが、9巻の巻末に純血の騎士が800人ほど作られたって解説がありス
      バースやスキーンズ、ヤーンもこの純血の騎士とされていました。また9巻の
      AD.8383年の話ではスバースがシバレースと呼ばれ恐れられている場面があり
      KFのバキンラカンの解説にはAD世紀の剣聖はナインから授けられた騎士の階級
      に近いものと考えられると書かれていました。

      なので、あのパワーバランス表が出た当時は800人ほど作られた純血の騎士
      がパワーバランス表の超帝國騎士シバレースで、その中で更に選抜されたのが
      パワーバランス表の超帝國剣聖と予想されていました。

      が、その後はデザインズ2で星団歴剣聖は超帝國の騎士の力が薄まらずに出た
      騎士って設定が出て、更にデザインズ3で超帝國騎士にはシバレース(剣聖)
      とリッターの2種が存在しヤーンやスバースも剣聖って解説が載ったので
      この時にパワーバランス表の超帝國剣聖と超帝國騎士シバレースが同じって
      事になったって予想が出ました。で、新たに設定に加わったのがリッターで
      すが、デザインズ2で星団歴剣聖が超帝國の騎士と同じ強さって設定が出てい
      たためリッターの強さがどのくらいになるのかはっきりしなくなりました。

      そしてツバンツヒですが、12巻のキャラ紹介でカリギュラのビビエ6が超帝國
      の騎士では、あるが完全なるAD世紀の騎士とは多少異なるようだと書かれて
      おり、デザインズ1のツバンツヒの解説にはL-D-I-20はカリギュラの製造ネーム
      とあります。

      なので、ツバンツヒがカリギュラによって作られた超帝國騎士で、かつてナイン
      によって作られた超帝國騎士シバレースとは別物の可能性が高くリッター同様に
      2003年のパワーバランス表の超帝國騎士シバレースの位置にツバンツヒが来る
      とは断言できないと思われます。

      最近の設定で超帝國剣聖同士の子のカイエンが超帝國騎士よりずっと弱いのは
      ナインによって作られた騎士ではないためってのがありますが、ツバンツヒが
      カリギュラで作られた超帝國騎士であれば、カイエン同様にAD世紀にナイン
      によって作られた超帝國騎士より弱い可能性もあります。

      確かにデザインズ5ではツバンツヒは星団最強レベルと書かれてますがデザイ
      ンズ4でもランクが一番上の剣聖慧茄、剣聖マドラ、その下のランクのアイシャ
      リリの4人が現在星団最強の騎士と、ランクに差のあるキャラをまとめて最強
      にしてるので、作者の書く最強レベルが本当に文字通りの意味か信じでもい
      いのか疑問ですね。w
      2017/03/19 6:21 AM posted by: 騎士警察
      >シケルブさん

      ご存知の上で"敢えて"の発言だったのですね
      知らずとは言え 蛇足的な解説をつらつらとしてしまいました
      赤面モノです(アイシャ風に言うならはじィ〜?)

      なる程、パワーバランス表ですか
      確かにこの中での"超帝国騎士"は星団歴剣聖よりも遥かに上
      超帝国時代から騎士・ガーランドだったツバンツヒがこのレベルだったとしても不思議ではないでしょう
      しかしながらリッターピクトにこんな解説があります
      「8代以降、13代までの総帝は騎士・ボルテッツの血を蒔いていった」
      これはつまり騎士・ボルテッツの血が薄まりながら星団に拡散していった、という意味なのだと解釈出来ます
      スバースと炎の再会EP(AD8383)の時にも似たような事を話していますしね

      そして恐らく年齢的(笑)な推測からしても、ツバンツヒは"薄まった血の時代"に生まれた(生み出された?)騎士なのだろうと

      真の最強レベル(超帝国剣聖・最強GTM等)は、炎によって完全秘匿されてた訳ですし、恐らくカリギュラに可能だったのは"一般公開された技術・知識の応用"だった筈です

      …とまあ、色々書き連ねましたが、ワタシの手元にあるパワーバランス表(クロニクル2007版)にはこうあります
      「騎士の強さは"気分によって激しく上下する者達"の、ドングリの背比べ。だからこそ誰それが強い〜とか考えるも面白いのでは?」と
      つまりこうやってあ〜だこ〜だと語り合うのは、云わば作者公認ww
      これからも相手の発言はは尊重しつつ、喧嘩にならない範囲で色々と意見を出し合いましょう
      (o^-')b

      >破裂の人形さん

      資料を元に意見するなら、その出所を明記しないといけないですよね
      どうもワタシは「??にこんな描写があったよな…」って時点で書き込んでしまうので、説得力がイマイチ足りません
      (^_^;)

      さて、リッターピクトで"剣聖剣技"とされた技について、それを剣聖以外の騎士が使っている件ですが、これって「剣聖と"その他大勢の騎士"との力の差が、以前より近くなった」という意味には取れないでしょうか?
      つまり「その他大勢の中でも割と強い騎士が気分や状況によってパワーが激しく上がった時、剣聖並みの力が出せる」といった解釈です

      一応"剣聖は別格"となってはいますが「星団にただ一人」の存在でなくなったので、以前程に絶対的な存在ではないのかなぁと

      かなり乱暴な意見だとは思いますが、ワタシもシケルブさんのように破裂さんの見解をお伺いしたく駄文を連ねてみました
      御意見頂ければ幸いでございます
      m(_ _)m
      2017/03/19 10:03 AM posted by: 破烈の人形
      >>騎士警察さん
      その解釈であれば、デザインズ5で剣聖のみ使えるとされた別格の剣聖剣技を
      剣聖以外の騎士が使ってる説明にはなりますね。ただ、10巻でスパークが12分身
      から真空光輪を放つダブルヘクサグラムを使ってるので、この時のスパークは
      剣聖並の力ということになりますが、その攻撃を受け止めたデコースもパワー
      が上がって剣聖並になった事になるのはタイミングが良すぎて不自然に思えます。
      2017/03/19 10:58 AM posted by: シケルブ(見習い)
      おはようございます。
      >破裂の人形さん
      針の穴に糸を通すような私の気が遠くなる質問に、すっと糸を通してくれるかのような、丁寧で細やかな設定、コメント、鋭い見解、本当にありがとうございました。

      お応え下さった設定書籍は、デザインズ4以外の書籍は持っていましたので、全て改めて読み返し、腑に落ち(落とせましたw)

      超帝國騎士の「新たに設定に加わったのがリッター」ここが、もうドンピシャでした。超帝國騎士の量産型がいたのですね。これなら、パワーバランス表的にも紙一重ですし、超帝國の騎士が、劇的に落ちるポジションでもないですね。ここが長らく気にかかっていたので(ツバンツヒの強さの話からの派生でしたが、そこで新たに出てきた超帝國騎士の強さ)と言うより、もっと掘り下げればポジションです。超帝國騎士が、デザインズ4のランク(アイシャ達と同じ)ならもう、FSS物語的に崩壊し兼ねないレベルです…

      本当になんとお礼を言っていいやら、、、にございます。感謝感激です<m(__)m>

      と、破裂の人形さんがデザインズ4のランクからここまで、掘り下げて答えを導き出してくれたので良いものの、センセーには困ったもんですね笑、、、仰るとおり、ジャンル別にランクアップしないと、デザインズ4にピックアプされたメンバーなんて、センセーが今好きなキャラレベルですよ笑。…あ、センセーは昔からそんな風にしか考えていませんね…

      最近の設定でナインから出来てないからって、カイエンは超帝國剣聖と同等か、それ以上ってトレーサーEx1に書いてあったのに、いや、カイエンはもう死んでるからどうでもいいとして、ついでにマキシまで、そんな下方修正からの覚醒、変身、その実態は、という何とも??な展開はFSSの醍醐味ですが、そろそろ置いてけぼりくらいそうです(笑)
      センセーの「えい、どんどん行っちゃえ」感が、センセー自信を置いてけぼりにして行きますね〜

      これで、スカッとした気持ちで連載に付いていけます。重ね重ね、ありがとうございました<m(__)m>
      2017/03/19 11:13 AM posted by: シケルブ(見習い)
      >騎士警察さん
      いえいえ、気になさらないで下さい(^^♪
      私も??な事だらけですから。

      元々どうでもいい事が無意味に気になるので、言葉を選んでいるつもりですが、どうしても、一方的な文章になってしまっているな〜と一応自覚はあるのですが、なかなかピーキーな頭です。ファティマ欲しいです(違)

      最近の騎士の剣聖技多様には私も、ん?と思う事がありますね〜

      破裂の人形さんが的確にコメントされています
      ので、私はかなり、ナナメから。

      センセーの上書き描写の賜物です(身も蓋もない)

      終。
      2017/03/24 3:13 PM posted by: ながやん
      >破烈の人形さん
      確かに、色々と変節した末の設定なんですよね…
      自分もちょっと混乱してました。
      Fがファンダウン(シングル)、F2がファルトゥリム(ツイン)かな?
      そして、ファルトゥリム=フォクスライヒバイテなのかもですね。
      うーん、ややこしい!でも、ミラージュマシンは嬉しいですね。
      一時期は大幅にリストラされてしまったミラージュマシン…
      でも、ルーガルやアフォートもいるので、はやくみたいです。
      過去で言うクルツやルクスも是非、出して欲しいですね。

      デムザンバラは確かに、シングルエンジンっぽいですよね。
      ツインならニナリスがデチューンするとき気づきそうですし。
      ツインならあのジィッド君でも違いに気付くでしょう。
      …ちょっと、ジィッド君に関しては…自信、ないな(笑)
      2017/03/24 3:19 PM posted by: ながやん
      >騎士警察さん
      ソニックブレードは、四巻では剣聖カイエンの技だったんですよね。
      次に使ったのは、確か六巻のラキシスで、ミラーからのソニックブレード。
      カイエンが自分の技をコピーしたと言ってたのが印象的ですね。
      で、八巻でケーニヒが「浮島っ!」ってソニックブレード出してる。
      このあたりから、普通の騎士でもいける設定なのかもですね。
      そして、ヨーンの話でバーシャが具体的に話してくれました。
      仰る通り、二つの技の極意をミックスして出す剣技のようです。

      オージェ・アルス・キュルに相当するGTMのようですね、トリパネラ。
      これと別に、ネイパーが乘ってたAUGEにあたるGTMもあるでしょうし…
      まだ名前だけのグラン・オージェも控えてるんですよね。
      アルス・キュルは後のKOG・ATことパトラクシェですが…
      マグナパレスには写しはないと公言されてしまいました。
      でも、望みは捨てないにこしたことはないですヨ!
      なにせ、あの永野先生のFSSでの話なんですから(笑)
      破烈の人形さんの仰る通り、ツインエンジンの新型GTMかも?
      パトラクシェに相当する、オージェを継ぐGTMに期待ですね♪
      2017/03/24 3:24 PM posted by: ながやん
      >シケルブ(見習い)さん
      コメントありがとうございます、返信遅れました。
      他の皆様にもですが、すんませんっっっっ!(滝汗)

      ジィッド君、本当にバトルだけなら強い子だと思います。
      アウェケンでA-TOLLを撃破した初めての騎士ですし。
      最初にA-TOLLを撃破したデコースはバッシュでしたからね。
      その実力は確かですし、腕だけなら一流騎士でしょう。
      ナルミも頑張ってますが、GTM戦ではジィッド君に軍配、かな?

      多分剣聖技って、それぞれに用途や性能が違うのかも。
      例えば、MBT…これは最強の大技という感じですよね?
      以前、リンスと戦ってたカイエンは、これを出しました。
      しかし、隙の大きな技だった故に、それが原因で負けた。
      MBTなんかは、出すのも出したあとも隙があるのかも。
      他にも多くの剣聖技がありますが、一長一短でしょう。
      そんな中、ツバンツヒが咄嗟に選んだダムドストローク。
      これはログナーも使いますが、多分「出の速い技」なのかも。
      あと、その性質上、一度に多数の敵を攻撃できそうです。
      分身からの飛燕剣やらMBT、ブラインドブレード云々もベストですが…
      咄嗟に一瞬で繰り出せる技としての判断だったかもしれませんね。
      2017/03/24 3:30 PM posted by: ながやん
      >騎士警察さん
      確かに、ナルミは「戦闘は弱い騎士」ではないでしょうね。
      人望や判断力、指揮能力を少し誇張して書きすぎました…反省。
      ナルミが生身でもGTMでも強い騎士なのは、間違いありません。
      パートナーの格、乗ってるGTMの仕様がそれを物語ってます。
      あとは…今回のジィッド君の攻撃は、奇襲ですしね。
      正式に挑まれ互いに向き合う一騎討ちなら、どうかな…
      ナルミも、自分のGTMが勝手に動いたのに驚いてました。
      でも、本来ならそういう動揺も見せず、戦えたと思いますね。
      互角の条件で戦ったら…ナルミの本気、見てみたいですよね!
      2017/03/24 3:35 PM posted by: ながやん
      ううっ、みんなありがとう…遅くなってごめーん!
      剣聖技に関しては、色々考えさせられますよね。
      自分は若い頃格闘ゲーマーだったので、特に。
      昇竜拳とか波動拳とか、そういう世界の人でした。
      なので、剣聖技や天位技にも色々ある気がします。
      難易度は勿論、出の速さ、範囲、威力、隙や硬直時間…
      永野先生も鉄拳やバーチャをやるので、刺激されてるのかな?
      …来週はいろんな必殺技について考察してみようかな?
      入力コマンドとか技の性能とか、無敵時間とか(笑)
      騎士を動かして遊ぶ格闘ゲームとかあったら面白そうですよね。
      …まあ、剣聖以上のキャラは使用禁止かな、大戦だと(笑)
      name:
      email:
      url:
      comments: