無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
第222回FSS考察「ガマッシャーン共和国ってどんな国?」
0

    はいどうも、いつも閲覧ありがとうございます!
    こんなに休載がないの、久しぶりだな、なんて思います。
    単行本化も控えていながら、毎月FSSが読めるなんて…
    本当にありがたい時代ですね、毎月10日が楽しみです。
    さて、今日のテーマはこれ…ガマッシャーン共和国!
    ボォスのハスハのお隣さん?にある国なのかな?確か。
    今日は、最近ナオと共に衝撃のデビューを果たしたこの国…
    ガマッシャーン共和国のアレコレを想像してみましょう。

     

    さて、ガマッシャーン共和国と言えば、最初はこれ。
    長らく星団パワーバランス表くらいにしか出てこなかった。
    ストーリーにもほとんど絡まないものの、あるMHで有名。
    ルビコンです…この機体、ツァイトやフェードラと同じ。
    制作はストーイ・ワーナーことツバンツヒですね。
    ティーガーフレームによる可変機以外も作ってました。
    ルビコンが名騎であることは、疑う余地がないでしょう。
    恐らく星団三大MHに匹敵する性能を持ってると思われます。
    あのケンタウリ卿も、ルビコンの名をあげていました。
    他にも、預かり屋の雪之丞さんも名前を上げてたかな?
    カステポーではケーニヒのアルカナサイレンと対決。
    一発でやられて逃げてきましたが、相手が悪かったか。
    GTM設定では、スコータイという名前かと思われます。
    アルタイ、シャムラと同じというのは変わっていません。

     

    ガマッシャーン共和国ですが、ツバンツヒのGTMを使用。
    これはもしかしたら、クバルカンと同じ事情でしょうか?
    大国ハスハの各国があって、自治独立の維持も難しそう…
    しかも、共和国というからには民主共和制かと思われます。
    ハスハの国々は連邦制ながらも、アトール聖導王朝です。
    詩女を中心とした官僚政治の巨大国家でもある訳ですね。
    そんなハスハが間近にある中、小さな国が生き延びるには…
    そう、もしかしたらカリギュラの力を借りたかもですね。
    因みに今は、シンカーにあたるGTMエクペラッハがあります。
    本来はこれがナオことシュバイツァーの乗騎でしたが…
    ラミアス型のハロ・ガロと共に衝撃の登場でしたね。
    ラミアス型はご存知、旧設定のファントムであります。
    剣聖慧茄やナイアス、マドラが使った新型のGTMです。
    フィルモアの最新鋭が、どうしてガマッシャーンに?
    それも多分、ガマッシャーンの巧妙な駆け引きなのかも。
    恐らく高度に政治的な取引があったかもしれません。
    フィルモアはガマッシャーンに肩入れして、なにを…?
    ハスハの安定に助力する裏で、枢軸国側に新型を供給。
    これはかなりきな臭い、ダイ・グの知らないことかも。

     

    さて、ガマッシャーンの政治体系はどうなってるでしょう。
    レイスル三党首が収める議会制政治を行っている、らしい。
    ナオはロードス公の孫にして、レイスル三党首の一人の息子。
    まー、ボンボンなんですが肉体的にはヘタレ、最弱レベル。
    エストが見初めず、黒騎士どころか通常騎士としてもNGだった。
    ややこしい設定ですが、ナオが弱い騎士なのは本当かも…
    ただ、その中身は超帝國剣聖クルマルスな訳であります。
    その知識と経験、技やGTM操縦技術は一流かもしれませんね。
    ミラージュを軽くあしらったあたり、ナオはGTM戦は強い。
    天位殺しというのも、あながち嘘ではないかもしれません。
    で…FSSではよくあることなんですが、かなり難しい国?か?
    共和国と聞いてフランスのような国を想像するのが普通ですが…
    多分、ガマッシャーンは『三党首』ってのが異質ですね。
    政党の上位三党(恐らく議席数)の党首が指導者となります。
    これにより、一党独裁や一強多弱が防げてたら面白いかな。
    おそらくは三党首の合議制で国政を進めてると思われます。
    この三人という数字が絶妙でして、奇数なのがミソです。
    常に誰かが、二律背反で対立軸の残り二名を離れて見れる。
    多数決をすれば、必ず2:1になる(棄権除く)形ですね。

     

    ガマッシャーン共和国は今まで本編に絡んできませんでした。
    それは何故かというと、恐らくハスハが安定してたからです。
    ハスハがムグミカのペイジ入り(ラーンに入らず)で安定…
    その間にラーンの腐敗があったのですが、表面上は盤石でした。
    巨大な国が威風堂々としていれば、周辺国も動き様がないです。
    しかし、あっという間にハスハは崩れ、世界中が敵になった。
    あらゆる国家から攻め込まれたハスハですが、これを見て…
    ガマッシャーンも危機感を覚えたのではないでしょうか。
    無数の騎士団が行き交う中、ドサクサに紛れて自国にも侵攻が。
    それは最悪のケースで、ありえない話ではありません。
    ハスハのついでに、って感じで攻められたら困ります。
    同時に、チャンスです…ハスハを他国と一緒に攻める好機。
    枢軸国側に味方することで自国を守り、領地も広がるかも?
    そんな中で出てきたのが、ナオが率いるレイスル騎士団です。
    勿論一流の騎士団で、最新鋭のエクペラッハを投入しました。
    今回のベラ国攻防戦は敗れたものの、しんがりとして大活躍。

     

    では、今後のガマッシャーンはどういった立ち位置になるのか。
    …多分、ハスハ解放戦では、ちゃっかり味方にいそうですけど。
    ガマッシャーンとしては、最低でも自国防衛が責務であります。
    シッチャカメッチャカなハスハが落ち着けば、安心できる?
    でも、ベラ国を枢軸国側として攻めた事実は残る訳でして…
    そういう意味でも「あの時はごめんね!」って解放戦に参戦。
    ナオはナオで、超帝國剣聖としてスタント遊星絡みで動きそう。
    ジョーカーに戻ってきてるナインとも連携しそうなんですよね。
    ハロ・ガロはフライヤー(盾)にファロスディー・カナーンの印…
    でかでかと超帝國の紋章入ってたけど、大丈夫なのかしら(笑)
    今後、この国は大きな事件があるかもしれず、注目ですね!

    | ながやん | 世界観 | comments(52) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - |
      Comment
      2017/06/23 8:00 PM posted by: 南北大路魯山人
      こんにちは。

      ハロ・ガロの盾に入った超帝国のシンボルもそうですが、盾自体がフィルモア太陽王家のウォータークラウンに似てる気が?
      それと、ウォータークラウンといえばラキシスのアシリアスーツのヘッドギアの右耳側の意匠がウォータークラウンっぽく見える(左側は蝶々)んですが気のせいでしょうか?

      もう1つ、マークやシンボルと言えるのかは分かりませんが、超帝国絡みの騎士(デザインズ5での超帝国所属時代のログナー含む)は金色の三角形?六角形?のブラブラ揺れそうな飾りを付けてますね。
      あれ、何なんでしょうか?センサーやアンテナの類?
      それとも単純に永野センセーのセンスでしょうかね。

      2017/06/23 8:05 PM posted by: グッチ
      ナオが本編で「ボォス星はミグノシアの民だけのものではない」って詩女のことを皮肉ってましたが、ガマッシャーンは詩女の恩恵範囲外だからこそ枢軸側についたのかも知れません。

      魔導大戦を混乱させ長引かせたいフィルモアにとってはガマッシャーンは好都合な立場の国です。
      ミグノシアの民を良く思ってないハスハの隣国ガマッシャーンですからフィルモア元老院は飛び付くはずです。

      ガマッシャーンは自国開発のGTMが無いためコーネラ帝国に開発を依頼していたと書いてありますから、自国開発でなくてもルビコン以上のGTMが手に入るならば、利用されてることを知りつつも喜びそうです。

      デザインズ3ではガマッシャーンは星団有数の大国と書いてあります。
      ??? そうだったの?って感じですが 。
      古代ローマの三頭政治のような政治体制なんでしょうか? どちらにせよ混乱している世界情勢下では足枷にしかならない政治体制だと思うのですが。
      2017/06/24 4:20 PM posted by: 騎士警察
      ながやん様、いつもスレ立てご苦労様です
      確かに長年の読者ともなれば休載こそが日常ww
      1年以上も連載があって毎月読めるなんて、ここは天国か?ですね

      さて今回のネタとなっているガマッシャーン共和国
      筆頭騎士のシュバイサーはロードス公の孫という事で、勝手にいぶし銀の実力者だと想像してましたが実際は…ww

      フライヤーの超帝国マークは、現在では既に版権の切れたフリー素材だったりするのかもしれません(爆)
      もっともあんなにデカデカとマーキングするのは痛車扱いされちゃうかも…と思わなくもありませんが

      そう言えば旧ルビコン・フェードラ・ツァイトはツバンツヒ設計でしたね
      ロッゾとガマッシャーンはカリギュラとの関係があっても不思議ではないんですが、バキン・ラカンもなんでしょうか?
      剣聖ハイアラキが乗騎とし、本国最強と表したフェードラ(ツァイト)がヘルマイネより格下扱いなのは若干納得いかない気も…
      2017/06/25 11:48 AM posted by: アイスクリーム
      ながやんさん
       スレ立てお疲れ様です
      南北大路魯山人さん
      グッチさん
      騎士警察さん
       皆さんお疲れ様です

      ガマッシャーン共和国と言えばヘリオス装甲の原材料の産出国 大変なお金持ち国というイメージ アラブ諸国が米国から戦闘機を買うイメージですね その経済力で強国フィルモアからハロ・ガロ入手という感じでしょうか…ウモスからGTMを買っていればよかったのですが、戦争になったので自国生産のGTMをと、コーネラ帝国のヒュードラー設計のエクペラハを新規採用
      2代目黒騎士ロードス・ドラクーンの名声高いレイスル騎士団をコーネラ帝国派遣して入手とか…
      自国の開発GTMが無いけど買いまくるイメージですね

      今後ガマッシャーン どうなるか…
      ウモスとバッハトマには不信感(?)は持っているように思いますね 共同戦線ですが信用は無いような感じ
      ウモスは国力増大の為に非難民拉致の行動 他国は気付いていて知らん顏
      バッハトマに至っては名声の為のようなベラ攻撃に…
      ガマッシャーンとしては今回の参戦は自国の戦術データー取りが一番の目的のように思います
      ただし…ミグノシア大戦には出遅れ感はありますね
      経済大国の余裕なのか…三党首合議制ゆえに決断が遅れたのか…
      ただ出遅れた理由に ガマッシャーンが他国に宣揚して時間がかかっているようにも思えます その経済国力とヘリオス原材料産出国という地位を使って ミグノシア大陸をバラバラにする… ナカカラのフィルモアにギレールのクバルカン ウモスにバットハマ どれもこれもお得意様ですからね 画策アリアリかと 大きな勢力を持った隣国アトールの圧力を崩すという目的は他国と同じようかと思います それ故に他国を陽動しハスハ連合解体 そのツケはバットハマに(笑) この戦争によってガマッシャーンは膨大な利益を得る事は間違いないでしょうね で 40年後にはちゃっかりバットハマを追い詰める側 でも誰も文句を言う国が無いと…知っているんでしょうね システムカリギュラの介入については多分開国時代からのものかと…クバルカンと似た状況だったのではないでしょうか?




      2017/06/25 5:51 PM posted by: グッチ
      アイスクリームさん

      お久しぶりです。
      ガマッシャーンはヘリオスの資源で潤っている金持ち国家だったんですね。
      詩女様の恩恵を受けなくたって、地下資源の恩恵は充分に受けているみたいです。 詩女様の恩恵よりヘリオスの恩恵のほうがいいような気がします(笑)

      ハスハというミグノシアの緩い連合国家をコレットが詩女ムグミカを得ることによって作り上げた。とありますが、このときにヘリオスが埋蔵しているガマッシャーン辺りもハスハに含めることは出来なかったんでしょうか?
      コレットは詩女様の恩恵のない地域は無視したんでしょうか? だとしたら、コレットは失敗したかもですね。
      2017/06/25 8:26 PM posted by: アイスクリーム
      グッチさん お久しぶりです(^◇^)

      そもそもハスハ統合で連合国家になるとき含まれていなかったように思います 統合と言えば剣聖ビサンチンの時かな… そもそもガマッシャーンは三党制共和国 多数決で政治決議される国 王家国家と異なって詩女様の御威光があっても参入はなさそう…ましてや気にもならないにではないかと…
      王朝国家に属する民事国家ってなさそうですし…あくまでも想像です(笑)

      それに詩女信仰(?)(笑)なくとも国民は結構豊かな暮らし国なのかもしれませんね
       
      ガマッシャーンはベラ参戦の時他の国家に対しても義理立てや建前上参戦のような感じなのか…ナオ君もやる気無し 騎士団もフォロー戦闘みたいな感じで でないとどこかの国関係みたい軍資金取られますからね…(笑)
       ハロガロ参入で箔付けて建前参入レイスル騎士団でこれでもかって数投入で 不思議と強いベラ国ツラック隊に噛付くバッハットマとウモスさらにジィット君がいい駒になってくれたみたいな感じなんでしょう…

      国力ある証拠に2代目黒騎士ドラグーンを指南役に迎えたりするレイスル騎士団 ウラッツェン兄団長も相当の腕前なんでしょうね
       
      黒騎士指南役というあたりコーラスのトリオ騎士団と同格? 国力もそれなりなのでしょね…
      2017/06/25 9:17 PM posted by: ちゃんぷ
      ガマッシャーンはハスハと海を隔てたボォスの東大陸、ハツーダンの南を治める大国ですね、メヨーヨより大きそうですね。北にはバッハトマとハプハミトン公国がありますね。

      ハロ・ガロにファロスディーの紋章つけてても単にへたれ騎士のハッタリヤローと周りには失笑を買ってるだけなのでしょうきっと。
      ちゃあレベルの騎士な気はしてます現状の表向き。
      転生とはいえ超帝国剣聖ということはAD時代より魔道士に憑依しながら生きながらえてきたボスやんのハイブレンの影響は受けてるのか、もしくはハイブレンを受けないよう今の形を取っているのか。いや全く関係ない肉体に転生しているので関係ないか。
      ナインに会って本来の超帝国剣聖へ覚醒変身はするのでしょうけれど、ラキシスガードのレン同様。
      2017/06/25 9:43 PM posted by: 破烈の人形
      休載といえば7月号時点で連載回数と休載回数が188回で同じになってます。
      今回の連載期間が2016年3月号からで17ヶ月。これまでの最高記録は1986年
      4月号〜1988年4月号までの25ヶ月。これを超えるくらい続くといいのですが。

      デザインズ3にバッハトマやガマッシャーンのあるボォス星のハツーダン大陸
      はかつてアースドラゴンが大陸プレートをひっくり返したので鉱物資源が豊富
      でそれを加工輸出することで繁栄した国が多いって解説がありました。
      本来なら大陸プレートの下にあるような鉱物資源が比較的容易に採掘可能とい
      うことなのでしょう。

      またハツーダン大陸には、ハスハやカステポーのあるナン大陸、ミノグシア
      大陸がラーンを中心にまとまりかけた星団歴2000年代以降に他の星から移り
      住んできた人が多く、巫女(詩女)の影響が小さいとされています。
      なので、詩女を中心にまとまっているハスハがハツーダン大陸の国を自国に
      統合するのは難しいでしょうね。

      あと2代目黒騎士ロードス・ドラクーンは2900年代半ばにガマッシャーンの
      筆頭騎士の地位を降りて剣指南として星団中を旅したとされてます。また
      孫のナオ(シュバイサー)がガマッシャーンの党首のリンドー家の人間です
      からロードスの息子が娘がリンドー家と縁組してるはずです。だからロード
      スは元々ガマッシャーンの出身だった可能性もあるでしょう。
      2017/06/26 8:07 AM posted by: グッチ
      アイスクリームさん

      ガマッシャーンはハスハの隣国といいましたが、ちゅんぷさんの指摘で海を隔てているみたいす。 大陸が違うならばコレットもハスハに統合しようと考えないでしょうね。

      しかも、この大陸は破烈の人形さんの解説読むと地殻のプレートごとアースドラゴンにひっくり返されてるなんて… こういう設定大好きでして、何かワクワクします(笑)
      移住したのが遅ければ詩女様の恩恵は受けられないか。しかし、鉱物資源の恩恵はあるので、こっちのほうが実利的でいいと思うんですが(笑)
      2017/06/26 12:53 PM posted by: 破烈の人形
      >>南北大路魯山人さん
      http://automaticflowers.ne.jp/fss/

      このナオもそれっぽいの付けてますね。ただ、持ってる卒塔婆型のガット
      ブロウはデザインズ5にはこの卒塔婆型のガットブロウを持つのは超帝國
      剣聖だけって解説があるので、この絵はナオじゃなくてAD世紀の剣聖クル
      マルスなのかも。

      その場合にはドウターチップで星団歴の人間にリストアした現在でもかつ
      てとほとんど同じ顔って事になるのでドウターチップがレストア先の人間
      の外見を以前とほぼ同じにしてるのかもしれません。同じ顔の人間がよく
      出てる話なので、ナインがそういう人物を選んでレストアしてる可能性も
      ありますが。
      2017/06/27 7:39 PM posted by: 南北大路魯山人
      >破裂の人形さん
      確かに下に“ディオ・クルマルス”って書いてありますものね。
      騎士の遺伝情報は全星団中に行き渡ったも同然らしいのでドウターチップがナオ・リンドーがまだ母親の胎内で“胚”の状態の時に干渉し、“胚”の書き換えやクルマルスの精神を定着させたのかも?
      (そもそもドウターチップがどのように肉体と精神を再生させるのか本編で説明されたことありましたっけ?エヴァンゲリオンの使徒の“コア”のように体内にあり、体が死んだらチップの回りにタンパク質を合成して肉体をゼロから作り直すのでしょうか。)
      ナオ・リンドーの父親とか出てきたら見比べてみたいですね。
      2017/06/27 9:30 PM posted by: グッチ
      スレとは関係ありませんが、
      本編でデコーズはエストにプレゼントをしているみたいで、エストは凄く喜んでたみたいですが… (そこ読んでないんで正確な描写はわかりませんが)
      これって完全に伏線ですよね?

      デコーズが何らかの理由により黒騎士を辞める時が来る。そのときエストは無慈悲にスタコラサッサとデコーズのもとを去る。 デコーズはヨーンみたいに涙目でエストを見送る?のでしょうか? いやいやそれは無い!はずです。

      私が思うにヨーンのファティマ(エスト&バーシャ)の呪縛から救うのはデコーズのような気がしてきました。アイシャでも桜子でもなくデコーズ。です。

      デコーズが死亡以外の理由でエストとのパートナーを解消するとき、特にエスト自らデコーズから離れるとき、デコーズはおそらく平然と見送るでしょう。 プレゼントは愛情表現ではなく労をねぎらうためで、デコーズは最後まで戦闘兵器としてのモノとしてエストを扱う。
      ヨーンがこれを見たり聞いたりしたら、デコーズを倒してエストを取り戻そうとしている少年マンガのヒーローみたいな自分の考え方が「騎士の道」から一番かけ離れている幼稚な考えだと気付くのではないですかね?

      デコーズはヨーンからエストを奪い奈落に突き落としましたが、ヨーンの心を一流の騎士にしたのはデコーズ。
      だったりして。
      2017/06/28 12:19 PM posted by: 破烈の人形
      >>南北大路魯山人さん
      具体的な方法はおそらく明かされていませんね。
      ドウターチップで復活を繰り返している設定があるのがナインとログナー
      で、ログナーについてはニュータイプ2016年4月号で天照家の地下にある
      巨大なシステム「ドウターチップ」で作り直されているとあります。
      なので肉体とは別の場所にチップがあり、肉体が死ぬとそのチップに保存
      されている肉体や記憶の情報を元にクローンを再生させるのでしょう。

      9巻でナインがフォーカスライトに渡したドウターチップは指先程度の大
      きさだったので、サイズに関する設定が変更されてるのかもしれません。
      ナインが渡したのはシステムの中枢部分のみって可能性もありますが。

      現在リストアしてる超帝國剣聖たちは両親がいて母親の腹から生まれて
      いるようなのでログナーとは違うようです。
      2017/06/28 4:14 PM posted by: 破烈の人形
      >>グッチさん
      エストを兵器としてしか扱わないデコースはファティマの扱いについては
      現在のヨーンの対極にいる人物でしょう。

      エストにプレゼントを渡した時も「ファティマ性能を最大に保つのは主の
      仕事だとバランシェ博士に怒られれた」、「自分の使う道具の手入れをし
      ないのはバカ者」等と言っていたので、ミースにアドバイスされて自分に
      も出来るファティマのメンテナンスをしようと考えたのかもしれません。

      高齢で引退する場合ならともかく、黒騎士がエストのような高性能ファテ
      ィマを自ら手放すとは考えにくいですが、ファティマ嫌いのデコースで
      あればエストを手放すことはあるかもしれませんね。
      2017/06/28 7:20 PM posted by: グッチ
      破烈の人形さん

      そういう経緯があったんですか。なるほどです。悪い言い方をすれば、デコーズはエストのメンテの一環としてプレゼントを渡した感じですか?

      確かにデコーズがダッカスとエストを自ら手放すのは考えにくいですが。

      私の予想としましては、

      エストがデコーズより優れた次の黒騎士(バンドラインゴールですか?)を見つけてしまう。又は、エスト自ら何らかの理由でデコーズとのパートナーを解消したくなったとき。
      エストはデコーズから貰ったプレゼントをゴミ箱に捨てて次のマスターにとっとと行ってしまう(笑)

      ファティマの冷酷な不文律全開です。
      「わが名はエスト」のときの悪魔のような顔全開です。
      しかし、デコーズは泣き崩れることなくエストを平然と手放す。
      こんな感じです。 全部妄想ですけど(笑)
      ヨーンがこれを見たり聞いたりしたら、今までの自分の考え方に疑問を持つと思うんですが。

      そもそも次の黒騎士バンドラインゴールが魔導大戦中に登場しないでしょうけど。
      2017/06/28 7:33 PM posted by: ながやん
      皆様、お疲れ様です!
      いつも閲覧ありがとうございます。

      デコース、エストに優しくしてましたね。
      多分「メンタル維持のための処置」かな?
      デコースは気持ちで優しくしたのではない感じ…
      適度にお姫様扱いしないと性能が下がる!みたいな。
      デコースのファティマ観は、フィルモアに近いですしね。

      デコースにはやはり、ヨーンと戦って欲しいですね。
      剣であれ、GTM戦であれ、決着を付けて欲しいです。
      個人的には、王道の「デコース超え」も見たいですが…
      デコースほどの名キャラが去るのも、かなりグヌヌ!
      ただ、ヨーンはデコースに勝って思い知る気もします。
      エストはもう、永遠に戻ってこないということを。
      勝敗や決着に関わらず、エストは去ってしまうでしょう。
      そこで初めて、彼はファティマの魔性を克服するかも…?
      いやー、パルスェットの章でなにかある気がしてます。
      今から再来月が楽しみ、来月はまず33年ぶりの完全変形だー!
      2017/06/28 9:17 PM posted by: グッチ
      ながやんさん

      エストとヨーンのエピソードもようやくパルスェットの章で終わりになりそうです。
      デコーズのようなファティマの扱い方が一番ファティマが安定するはずで、デコーズもそれが解ってるから私情なと一切挟まずファティマと接してるんでしょうし、 まず、ファティマに対しての感情が無いからそれが出来るんでしょう。
      ある意味お互いドライな関係ですが、ファティマが精神崩壊して、騎士は腰抜けになるよりは良いことです。
      ヨーンもその「越えてはならない一線」に気付かなければ超一流の騎士にはなれないでしょう。

      アイシャやナイアスが諭すより、桜子が恋人になるより、ヨーンはデコーズの考え方を知るのが一番だと思うんですが。

      再来月から始まるヨーン君の話が楽しみです。
      2017/06/29 12:18 AM posted by: シケルブ
      ながやんさん、皆さま、こんばんは。
      蒸し暑い日々が続きますね〜

      ヨーンとデコースは気になりますね。「デコースワイズメルはボクが倒す!!」と漫画的に王道なフラグが立っている訳ですから、対決すると思います。その過程で、ちょこっと戯言を。

      デコースが宝石をあげたのは、ほっこりエピソードだと思います(小文字で魔性のオンナ)と書いてあった気がします。


      ヨーンの一流の騎士への苦悩は、ながやんさんと同意見です。ヨーンがパルセットを得てデコースと戦うために成長していく。ヨーンを一流の騎士へと仕向けたのはバーシャ。ヨーンはそのバーシャを取り戻すために打倒デコースを誓い、自分が嫌うファティマとGTM、ミラージュ騎士の力を借り、要はなりふり構わず強く成長していく筈。

      そして、いずれデコースと対敵。
      デコースを倒した時、ながやんさんの予想に少しロマンを足してみて、エストがもし、ヨーンを何の感情もなく次の黒騎士のマスターとして求めたら、ヨーンはどう思うでしょう?
      デコースと対敵出来る程、共に成長してきたパルセットを見捨てて、あっさりとエスト(バーシャ)を自分のファティマにするでしょうか?
      もしその様な場面があれば、ヨーンには最大の試練だと思います。
      自分が何を得てきたのか、これから何を捨てて行くのか。騎士としての素質が問われます。

      4代目黒騎士獲得までは、かなり期間がありますよね。この間、ヨーンではない誰かの仮ファティマとして、エストはしばらく放浪すると思っています。

      本編のエピソードが楽しみですね〜
      2017/06/29 1:22 AM posted by: 破烈の人形
      >>グッチさん
      デコースについてはそんな感じでしょうね。
      その場面が出た連載当時には、デコースがデレたとか丸くなったって言っ
      てる人も結構居ました。連載だけ見てればそういう感想になるのはわかり
      ますが、デザインズ4に「デコースはエストを兵器としてしか見ておらず
      ツラック隊のエピソードの中でもそれは垣間見れる。デコースは決して
      エストに惹かれてるわけでも、大人になったわけでもなく最後まで変わら
      ぬ恐ろしい騎士である」って解説があったので、これがプレゼントの場面
      のことを言ってると思われます。
      2017/06/29 2:03 AM posted by: ベルゼブブ
      みなさまこんばんわ。ご無沙汰しております。

      デコ助vsヨーンはシケルプさんに一票かな。ヨーンが倒して欲しい。
      で、分からない事があるのですが、ファティマのほうから騎士との関係をを解消する方法ってあるのでしょうか。騎士からはヘッドクリスタルに手をかざし「次の主を探せ」というとパートナーシップの解消になると読んだ気がします。カイエンがアウクソーにやったやつですね。でもAFからの方法というのは記憶にないのです。もしそれが可能だとすると売春宿で働かされていたAFたちが逃げられない理由があることになります。アイシャがパルスェットに与えようとしていた補佐プログラムのようなものがあった場合、クラーケンベールが全員を解放するのも面倒な手続きが必要になったのではと思います。まあ、単に描写が省略されているだけかもしれませんが。
      以前ヒュートランがハイトに乗り換えるのではという話が出ていましたが、果たして可能なのでしょうか。
      AFは最初に主を選ぶ権利はあっても、乗り換える自由は無いのではないかというのが私の考えですがどこかで見落としていますかねえ。
      2017/06/29 2:48 AM posted by: 破烈の人形
      >>ベルゼブブさん
      基本的にモノ扱いされている以上、ファティマの側からパートナーを解除
      する事が出来るとは考えにくいでしょうね。仮にちゃあが強い騎士になった
      場合、弱い騎士を好むヒュートランが主を乗り換えるんじゃないかって予想
      は出てますが、ヒュートランが自分の意志で主を変える事が出来るって設定
      は今の所ありません。

      デザインズ3にクーンがカイエンの母親であるためパートナーになり続ける
      ことを拒否したって解説がありますが、クーンはダムゲートのないファテ
      ィマなので通常のファティマが同じことを出来るかは不明です。
      過去にシューシャがギエロにけなされまくる場面や、パラーシャがブルーノ
      に殴られまくる場面があったので、彼女らもダムゲートがなかったらパート
      ナーを続けることを拒否したかもしれませんね。

      ただそういった扱いをするあたり、主の騎士に対するファティマの感情と
      騎士との相性はあまり関係がないのかもしれません。関係があるなら徐々
      に騎士との相性が悪化してGTMのパワーが出なくなる事も起きそうなので。
      そういう危険性があるならファティマにはああいった扱いをしないと思わ
      れます。

      デザインズ4にはファティマは人間とは違う戦闘兵器。強い騎士をパート
      ナーにするという不文律があるので、ニナリスはどんなにひどい目にあっ
      てもジィッドから離れないって解説もありました。
      2017/06/29 7:28 AM posted by: グッチ
      破烈の人形さん
      ベルゼブブさん

      ファティマがマスターにダメ出しして去る描写も設定もまりませんね。

      どうでしょうか?ヨーンvsデコーズ直接対決あるでしょうか?

      ヨーンは他の騎士を「汚い騎士」と罵るのは間違いで、自分がファティマを愛情をそそぐ対称としていることこそが「騎士の道」を外れていることに気付かなければ騎士として大成しないと思うんですが…

      ん?あれ?
      コーラス3世はウリクルを愛していたと公言しましたね。
      一国の国王が戦闘兵器ファティマを愛していたなんて、国をあげての大問題じゃないっすか?
      ヨーンなんか何も背負うものがないローカルな個人的な問題で、どうでもいいことだが、 一国の国王がそれやったら大騒ぎですな。
      2017/06/29 8:31 AM posted by: グッチ
      しかも、トチ狂ったコーラス3世に対してフィルモアのレーダー8世は心底敬意を払い乾杯しちゃってますよ(笑)
      「安らかに眠れジュノーの大帝」乾杯! ってな感じで

      以外とコーラス3世の側近は死んでくれてホッとしてるかも(笑)
      2017/06/29 9:51 AM posted by: 南北大路魯山人
      >グッチさん
      コーラス3世とウリクルの件も含め“マスターとファティマの関係”はお国柄にされるのではないでしょうか。
      コーラスvsハグーダ戦の冒頭でコーラス軍のプルース(シャーリーの弟)がファティマを失った際に「この戦いが終わったら正式に結婚を申し込むはずだった」的なこと言ってたような?
      とすると、コーラス王朝ではファティマの立場や人権は一般人にかなり近いのではないでしょうか。
      コーラス3世は妻を娶っていますが、王家の血を…というのもありますし、騎士も貴重な人材なので血を残すべくファティマの妻と人間の妻を別々に得られるし国民の理解も得ているお国柄なのでしょう。

      一方、徹底的に“ファティマは兵器”と扱っているのがフィルモア帝国。
      もちろん貴重な戦力なので丁重に扱われますが恋愛は御法度、ブルーノ・カンツィアンがファティマになびいていると噂が出ただけで「将来を棒に振る気か…」とバーバリュースに心配されるほど。
      なのでフィルモアでファティマに恋するのは“頭がおかしい”くらいに思われてしまうのでしょうね。

      AKDはコーラス王朝に近いのかな?
      イエッタは公私共にログナーのパートナーとされているそうですし、スパークはファティマを助手にお料理教室もやっていたような?(笑)
      少なくともファティマと一緒に居て問題視される事はなさそうです。
      と言いますか、AKDは“王家の血さえ残せれば相手は不問”、“領主が国外に住んでいてもOK”というかなりアバウトなお国柄ですよね。(笑)
      2017/06/29 11:17 AM posted by: グッチ
      魯山人さん

      お久しぶりです。ありがとうございます。
      お国柄によっては納得です。
      そうしたらヨーンがバーシャ(エスト)を求めて止まない気持ちはコーラスやAKDだと受け入れられるんですかね?
      本編の描写だとヨーンは騎士としてのご法度の領域に踏み込んでるのをアイシャや桜子は心配してるように感じるんですが…
      おそらくこれは、プルースとコーラス3世のFSS初期設定では騎士とファティマの「禁断の恋」設定はなく、後からファティマの無機質な戦闘兵器設定が加わったためかなと思うんですが。

      FSS初期ではエルメラや一部の女性どもがヤキモチやくぐらいでしたかね?

      エストのブラックファティーツの話あたりからファティマの設定や騎士の考え方設定までもが変わったような気もします。
      アイシャはヨーンにショウテイしちゃってますもんね(笑)

      2017/06/29 12:24 PM posted by: ベルゼブブ
      破裂の人形さま
      グッチさま

      確かに、デザインズ3にはそう書いてありますね。本編で描かれていたのはカイエンがクーンに子どもを求めていた描写でしたね。そこでクーンが「コレイジョウクルシメナイデ」と言っていたはずです。その前にはハイアラキが「細かい調整やおまえの筆おろしまで」すべてをクーンに任せておいて己を鍛えよ的なことを言ってました。クーンが赤面していたと記憶しています。その時点ではクーンのマスターはハイアラキでたとえ自分の産んだ子どもであってもマスターの命令に従えば多少葛藤はあっても何をしても良かったと読めます。それがカイエンのパートナーになると自分を兵器として扱わず恋愛あるいは繁殖の対象と見ていることに耐えられなくなった。でもカイエンを拒絶したのはその部分で、戦闘の道具として扱っていればそういうことにはならなかったのかもと思います。デコ助やフィルモアの騎士に比べるとカイエンやヨーン、コーラス3はダメ騎士なのかも。
      まあ、「愛してるの」部分は、ファティマが受け入れてくれる限りにおいて、通常のメンテナンスとして認められるのでしょう。デコ助のプレゼントも同じだと思います。エストは喜んで受け入れていたので性能アップが望めます。
      そうそうニナリスもいましたね。「強い騎士を」の部分は単純な強弱ではなくフリーの時に出会った時点で自分にとって最大の能力を発揮させてくれる騎士をパートナーにすると言うことだと思います。単純な強弱だとAFみんなが剣聖を求めて、お披露目を繰り返すことになってしまいそうです。騎士が生き残ることを最優先するという表現と自分の生存可能性を最大にするという表現の二通りあり、矛盾や葛藤があった場合はどうなるのか気になりますが、ジィッドを射出しようとしたニナリス、アマテラスを射出したラキシス、アパッチを一撃で破壊させた京は騎士を守るを優先したと言うことでしょうね。パルスェットやアナンダは騎士が先に手を打った結果、生き延びてしまったという負い目を持っているのかもしれません。
      いずれにせよ一度パートナーになると、AFの方からは解除できないと言うことのようですね。長年一緒に過ごす内にだんだん最適なパートナーではなくなっても、騎士がこれではやっていけないから解放するという決断をするまでは尽くして尽くし続けるのでしょう。
      買春宿から解放されたエストはクラーケンベールを黒騎士と認識したけど、クラーケンベールが辞退したので、エストのまま彼のもとにとどまりアシュラテンプルの開発を手伝ったはずです。将来ミラージュ入りするときもきっとそういう過程があると信じています。新しい主を探せと言われるとバーシャになって、黒騎士を探すのでその間は星団に黒騎士が不在と言うことですね。
      2017/06/29 1:04 PM posted by: グッチ
      ベルゼブブさん

      深い読みですね。
      確かにファティマのパートナー選びは自分の能力を最大限に発揮できる相性で選んでそうです。

      京曰く「最も特殊で非情な方」だけにエストは突飛な例なのでしょうけれどファティマの素性を考えるにはエストが一番です。
      ただファティマは戦闘中騎士を守るのを最優先しますが、エストの場合はマスターよりもダッカスを守るのを最優先しそうな気もしますね。 何せ特殊なファティマですから。

      「ファティマが主に尽くすのを愛情と思ってはいけない」とありますが、現実的に厳しいです。 人の形をして血も通ってるんですからね。 悶絶の苦悩レベルです。
      ヨーンがエストの幻を忘れられないのは痛いほど解ります。
      2017/06/29 4:41 PM posted by: ベルゼブブ
      グッチさん

      エストがダッカスを守るというのは十分ありそうです。ただ、ダッカスを守る=中の騎士を守になるのでしょうからダッカスのために黒騎士が犠牲になるという絵は考えなくてもよさそうかな。
      と、ここまで書いて「ほら戦死というのもありますよ」と言っていた狂気のAFを思い出してしまいました。
      エストの場合はダッカスと自分に合わなくなってきたと判断されると戦死に持って行かれるのでしょうか。あな恐ろしや。
      2017/06/29 9:42 PM posted by: 騎士警察
      こんばんわ

      ご無沙汰(?)の間に、スレが一気に伸びててびっくりww

      凸助のプレゼントは、本人も言ってる通りに"兵器のメンテナンス"の一環なのでしょうね
      「彼が最も信頼していたのはエトラムルだった」みたいな解説もありましたし、エストを入手した時も"他の騎士が悔しがるから""黒騎士の名を地に堕とすのか?面白い"みたいな感じでした
      極端な話「GTM(MH)がちゃんと動くなら、ファティマは何でもイイ」とすら思えてきます
      ただ、どうせ使うなら性能の高い兵器の方が良いでしょうし、わざわざ瞳の色に合わせる辺りがニクいとこですね

      AFがパートナーを選ぶ基準は、ただただ自分の力を最大限に引き出してくれる"相性の良さ"
      星団で初めて「マスター」を得た"ニーヴ"も、剣聖級のアラドよりも力の劣る(筈の)ジェスターを選びましたよね

      ただ「ハレーをパートナーに求めるビルト」「ヨーンをマスターにと願うパルスェット」などは、まるで恋する乙女にも見えるのが可愛くもあり厄介でもあります

      ファティマの本心、という意味で気になるのが、エストのシークモードであるバーシャ
      ダッカスに相応しい騎士という、かなり特殊な選定基準を持つファティマが"見込みのある若い騎士"を育てるような行為を繰り返すのは、もしかしたら黒騎士たり得る人物に辿り着く為なのかな?と…

      言い方は悪いですが、男好きのする容姿や言動で若い騎士を惑わし、同時に鍛え上げて名を売らせる(ミューズも"有名だよ"って言ってました)
      そして騎士の名に寄ってくる他の騎士を見定め、"これぞ"と思う人物を次のマスター(黒騎士)に…
      そして一度"エスト"として目覚めたら、それまでの蜜月なんて完全に忘れてただ黒騎士に尽くす存在へと変わる

      静のいう「全ての力をMH(GTM)に注ぎ込む、一番残酷で非常なお方」ってこんな意味なのかなぁ〜と、ふと思いました

      女(ファティマ)って怖ぇ〜っ((((゜д゜;))))
      2017/06/30 1:21 AM posted by: シケルブ
      こんばんは。

      >ベルゼブブさん
      戯言に、どうもありがとうございます。
      ヨーンVSデコースは実現して欲しいです。と言うか、さすがの永野センセーもアイシャやミラージュまで巻き込ませておいて、勝敗はともかく対決なしは、あり得ないかと思う訳です。
      6巻でもパルセットとエストがチラッと顔合わせしているのも、無理やり気になっています(笑)一巻のエストとティータとダブります。
      ヨーンは初期から設定のあるキャラクターですし、デザインズ5ではバッハトマにジークと突っ込むような事も書いてありましたし、デコースと対決しないとヨーンのキャラクターの存在性が無い事になります、、、

      >騎士警察さん、毎度です(失礼、ご容赦(^^)
      騎士警察さんが来られると、何か和みます(^^ゞ

      エスト〜ダッカスとの相性が良いのはもちろんですが、最終的にはヤクトミラージュすら乗りこなす、GTM制御能力、経験値、パラメーターだけでは計り知れない謎の部分が多くありますね。
      エストが強い騎士を育てる理由。そうかも知れませんね。なので、デコースすらそこまで気を遣う魔性のオンナです。怖い。でも、もっと掘り下げると、やはりダッカスの黒騎士を求めるのが一番でしょうけれど、それ以前に自分がGTMの戦闘兵器ファティマである事を自覚している様に思えたり。だから、クラーケンに蹴られた際、正確にはプログラムらしいですが、必要以上に次の黒騎士探しに執着せず、アシュラテンプルのチューンを行っています。(これでアシュラテンプルは大幅に底上げされました)エストの解析はスライダーを超える部分もあるそうで。やはりエストに取ってみれば命令とは言えGTM戦を強化する事が最重要?

      実は魔性の皮を被った、ファティマ版カイエンの様な。ただ単に出会えた騎士にGTMで戦う事を教えたいだけなのかも。それは、最も怖い事です(ノД`)
      そんな非常なエストも最終的には、戦いに疲れ、6代目グラード卿と共に永遠の眠りへ、、、ニクイぜ、永野センセーですね。

      またまた、気になる矛盾が。もー相当の愛妻家でないと、ファティマを愛さない騎士はいないかと男として思います。(嫁さん怖い)現代に例えれば軍隊に所属して、共に戦い、命がけの局面も幾つも乗り越え、帰省は数年に数回?
      そりゃあ現フィルモア三流士のブルーノもファティマの魔性に堕ちる訳です(笑)現在のフィルモアでは破門もんですw

      そして、ファティマと騎士との苦悩。ファティマにはマインドコントロールがありますのでマスターには逆らえませんが、精神は脆弱な設定。普通に悲しみ、恐怖します。デコースのエストの扱いは最も理想的ですが、3巻のギエロの扱いが日常茶飯事なら、ファティマの精神は壊れてもおかしくない筈なのですが。

      最近はファティマと騎士のやり取りがネタになってしまい、設定本以外、その本質を作者が忘れがちな気が、、、次のエピソードではシリアスな展開と期待しています。
      2017/06/30 2:13 AM posted by: ほりけん
      パートナー関係にも年齢の差や衰え方で付き合い方も変わると思うのです。 仮にデコ助の肉体がピークを過ぎてしまい、ダッカスの優位を活かせない域にまで落ちてしまったなら、エストはデコ助のほうに尽くすのでしょうかね? 機体とファティマ側が幾世代に渡るほどの長寿命なのは描かれているので、よほどの執着がなければ主でも見切る描写も今後出てくるのでは? これが大騎士団となれば機密バレを恐れ何としても若手をあてがい流出を防ぐのでしょうが。
      デコ助は組織に執着する型にも見えないけれど、黒騎士の称号に応えられないときずいた時はどうするのでしょうね?
      そも騎士はどう生きたい方々なのだろう?
      2017/06/30 2:32 AM posted by: 破烈の人形
      エストについてはキャラクターズ2に5代目黒騎士グラードの次にコーラス
      6世を主にするって設定がありました。1巻冒頭でバッシュの中で眠りに
      ついてましたが、実はあの後バーシャになってバッシュから出てきて
      後にコーラス6世と出会った、、という可能性もあるかもしれません。

      ナイトフラグスには、エストは自分のみならず騎士とバッシュ(ダッカ
      ス)の相性も確認する必要があるので通常のお披露目が出来ず、騎士
      たちがエストの前で腕を競い合ったって設定もありました。、10巻の
      話のようにエサ(ヨーン)となる強い騎士を連れて歩き、より強い騎士
      (デコース)を呼び寄せて戦わせダッカスとの相性を確かめているの
      でしょうね。
      2017/06/30 7:31 AM posted by: グッチ
      ベルゼブブさん

      京がブラフォードを守るためアパッチの顎にわざと被弾させてブラフォードを守りましたね。
      エストはそういった情況になってもマスターを守るよいなことはしないと思うんです。なんせダッカスonly LOVEですから。
      ついでに言うと、自分の主ロードスを殺したデコーズを次のマスターに選ぶぐらいですから。
      デコーズがロードスを殺したとエストは知ってるんですかね?
      2017/06/30 9:32 AM posted by: ベルゼブブ
      グッチさん

      GTM戦でダッカスが破壊されず騎士が死ぬという状況を思いつかなかったのですが、危険な場所へ強制排出とかですかね、でも、操縦者がいなくなったダッカスは射的の的のような物でかえって危なそうですね。
      永野先生のコメントで、かなり最初のころですが、いかに強力な騎士とて数の力の前には敗北する的な言葉があったのですがGTMに乗っていないときにそういう状況になっても助けに来ないというのはありそうです。
      デコ助を選んだのは、ロードス候を殺しているからこそかもしれませんよ。何せ非情のファティマですから。他の方がおっしゃっているようにヨーンを餌に強力な騎士を釣ろうとしているくらいなら、現マスターを殺せる強力な騎士こそ求める騎士かもしれません。ま、ただ強いだけでなくダッカスと相性が良くなければダメでしょうけど。
      2017/06/30 9:37 AM posted by: シケルブ
      おはようございます。
      エスト側からマスターを放棄する事は前コメで破裂の人形さんが仰る通り、ファティマの大原則としてできないと思います。ダッカスとの相性を優先しますが、それ以前に、一ファティマなので、マインドコントロールされていない、ラキとは違いマスターを守るのが第一だと思われます。魔導大戦時にもデコースの鼓膜が破れると、エストがデコースを気遣っています。それに気づきつつの「デコースのエストに対して何か言ったら殺す」発言。コレは本当でしょう。後、ドラクーンの死はクラーケンから聞いている様です。京の様な場面に遭遇したら、第一に騎士からGTMコントロールを奪って(確かファティマがそんなような事が出来たような)黒騎士とダッカス共々撤退させるのが、ベターな方法に思えます。しかし黒騎士がマスターなので勝てないと知りつつ、玉砕戦を強いられたら、やはり、マインドコントロールが優先され、サポートに回る筈。だってLEDミラージュと戦っていますし、、、黒騎士争奪戦で精神崩壊寸前まで追い詰められる訳ですから、自ら黒騎士を探しマスターにしておいて、戦死させる事はかなり矛盾します。
      2017/06/30 9:39 AM posted by: シケルブ
      >破裂の人形さん、そんなエストの先があったのですね。補足いつも、ありがとうございます<m(__)m>
      2017/06/30 10:14 AM posted by: グッチ
      ベルゼブブさん

      恐るべしですね。
      ヨーンがカステポーで騎士達と手合いをしてたのは噂を広めてデコーズを誘き寄せるためだったかも知れないです。
      アイシャもヨーンに「騎士の道」の説教するんだったら、この事実を教えてやったほうがヨーンは自分の幻想から立ち直ると思うんですが…

      エストのダッカスonlyのこのプログラムはエストの「心の闇」レベルですね。
      2017/06/30 2:54 PM posted by: 南北大路魯山人
      >グッチさん
      どうもです。
      初期と現在とで設定が微妙に違ってくるというのは永野センセーの事ですから充分あり得ますね。(笑)

      私もコーラス王朝ならファティマのみで人間の奥さんは娶らなくても世間から何も言われないとはちょっと思えません。
      FSSの設定では騎士発現率は血統に大きく左右されます。
      ファティマとの配偶者関係とは“子孫を残せない”ということなのでそんなことを認めれば一族で国家に仕えるケースが多い国は騎士団の維持が危ぶまれます。
      コーラス王朝ではファティマとの結婚が認められているとするなら“重婚OK。だけどファティマは側室扱い”が落とし所でしょうね。

      AKDも当然騎士とファティマの関係は何でもありではないでしょう。
      現に(ファティマは関係ないですが)アイシャは人気者で騎士の実力もあるのにアマテラス以外の子を産む気が気がないのがバレてコーダンテ家を追い出されました。
      人気や実力があっても“血を残す責任”を軽視すれば大問題となるのが王族なのでしょう。
      (逆に言えばログナーも世間的には国王ですが、そういったゴシップ無いですね。まさかドウターチップで生まれ続けることが公にされたりして?そんなはず無い!)

      アイシャがヨーンを弩突き倒しますが、物心ついてすぐアマテラスに惚れ、王族として・騎士として彼を守るのが当たり前だと思っているアイシャ的には仕えるべき君主を探す事も無く騎士の能力を個人的正義のために振りかざすヨーンの行いが腹立たしかったのでしょう。
      でも、その後にキュキィからヨーンの生い立ちを聞いて「キミの気持ちは私にか理解できない」と一定の理解を示しました。

      何でもそうですが、やり過ぎると身を滅ぼします。
      ヨーンがバーシャを大切に思っている事は本質的な問題ではなく、それが行き過ぎて恋愛感情となるとバーシャを失いたくない→GTMに乗らない→騎士失格となりかねません。
      ファティマの魔性とはそういった“自制のできない感情の暴走”なのでしょう。
      ヨーンをよく知るアイシャやジークポウやちゃあはそうなってほしくないから手を差し伸べる。
      ヨーンに“騎士とはGTMを駆る者”であり、その一点においてバーシャもパルスェットも同じだと気付かせるのは誰なんでしょうか?

      ところで、今回のコメント書いてて思ったのですが、FSSで日本の戦国時代のような“正室・側室”のある王家ってありましたっけ?
      “王家の血を残す”が度々強調されている割には(合理的かは別として)一夫多妻制が無いような…。
      例え漫画であっても永野センセー的には越えてはならない一線なんでしょうかね。
      2017/06/30 3:14 PM posted by: ほりけん
      人間には老衰があり『黒騎士』であっても逃れられません。エストにはダッカスこそが相棒なので別口の枷もありそうです。 人工生命うんぬんもこのあたりにひっかかってくるのでは?
      短命種な人類よりは同じ時間を共有出来る存在をこそパートナーとしたいという考え方は別に変じゃないと思うのですが・・・。 ただでさえわざわざ死地に赴く仕事を『やらされてる』存在なのだし、生存本能的には『やってられないわ〜』なのを抑え込まれているから皆精神が病むのでしょう。 マイトに本当の親心なんて無いですよ。
      2017/06/30 3:45 PM posted by: 破烈の人形
      デザインズ2にジェスター・ルース(レント王国の王)の后は体が弱く子
      が生まれなかった事もあってアラドを側室として迎えたって解説があり
      ました。ただレント王国は現在トラン連邦の一部になり、現在は公式な
      王家は存在していないので3032年時点の星団に一夫多妻制の国が残って
      るかは不明です。
      2017/06/30 5:19 PM posted by: シケルブ
      エストが最高のファティマ「フローレス」と呼ばれる由来は、ダッカスで築き上げた功績だけでなく、異常なまでに自らをGTMの戦闘兵器ファティマとして、その他でも活躍しているからだと思えます。老齢であれ、マスターを見捨てるようであれば史上最低のファティマです。最初のマスター「ツーリ・パイドル」も若く見えますが、騎士を引退した身で、エストに黒騎士として認められ、再び剣を取ったとあります。リブート6の307Pのエスト解説を見ると大方エストの事が分かります。
      2代目ドラクーンも高齢。
      デコースが高齢や負傷等で全盛期の実力も出せず、黒騎士にそぐわないと思い始めたら、デコースの方から黒騎士を辞退するだけの事です。いかなる状況でも自分が認めた黒騎士を最後まで最高のサポートをするのが、ダッカスよりエストに取っては重要事項。ダッカスはそのための道具の一つに過ぎません。それがファティマの務めだとエスト本人が分かっている事。そして全力でサポートした黒騎士が死んでも、私情を引きずることなく、その戦闘経験は次のダッカスのマスターへと注がれる。それがエストの生き様かと。
      故に黒騎士の銘は星団では欲しがらずにはいられない騎士の別称号であり、まずGTMダッカスを倒しても、相手側も修復不能まで破壊することはないと思います。エストの乗るダッカスを倒せる相手は限られますし。チンピラ騎士団では不可能です。
      2017/06/30 7:41 PM posted by: グッチ
      魯山人さん

      確かに一夫多妻制はFSSでは見ないですね。
      直系長男男子の血筋を追っていく継承なんでしょうか? 男子の次男、三男は宮家。 女子も宮家として残してそうです。
      セイレイやちゃあを見ると継承権はもってそうですから、一夫一妻でも子供さえ出来れば男女関係なく王位継承出来そうです。 勝手な推測です(笑)

      逆に一夫多妻制だと王位継承を巡り内乱があるのを恐れてるのかもです。
      2017/06/30 7:50 PM posted by: 騎士警察
      >シケルブさん、こちらこそ毎度です('ω')ゞ

      ワタシが顔出すと和む(弛む?)のは、皆様が真剣に議論している場にネタを放り込むからでしょうかねww

      エスト(バーシャ)魔性の女説は、彼女の行動をふと思い返したのが切っ掛けでした
      見込みのある若い騎士を育てはするものの、その多くは命を落としたりし、しかも最終的に"黒騎士"となるのは経験豊かなベテランの実力派ばかり
      「こりゃ当て馬じゃね〜の?」と思ったりしたものです(^_^;)

      まあそれ以前に、バーシャが自分の正体を凸助に明かした時の顔…
      あんなん"大鍋の前で怪しげな材料をグツグツ煮込んでる魔女"の顔ですねww

      エストは初期の設定(解説?)で"女性版レディオス=ソープ"とも呼べる存在で、あらゆる時代に顔を出し星団を代表する殆どのMHに乗っているとありました
      その後、無事にレディ=ソープも誕生(笑)したコトですし、シケルブさんの仰るようにカイエン的な役回りをしてるようにも取れますね
      2017/06/30 8:05 PM posted by: 破烈の人形
      天照家の継承権は女子優先ですが男子にも継承権ありで非嫡出でも問題
      なし。とにかく血が繋がっていればいいようです。

      コーラス王家の王位継承権は男子のみで、王家に女子しかいない場合には
      男子が生まれるまで玉座は空位という仕組みです。
      そのため現在のコーラス24世のあと、3700年にセイレイの子孫の家系から
      コーラス25世が誕生するまで数百年間コーラス王は不在です。

      フィルモアの皇位は特定の家系によらず、国内の全ての王家から相応しい
      人物を元老院が選抜してますが、選抜された人物が皇帝に相応しくなかっ
      たと判断されてばあっという間に首をすげ替えられる場合もあるそうです。

      継承に関する設定が存在しているのは現時点ではこのくらい。
      国によって継承方法はずいぶん異なってますね。

      これ以外だとバキンラカンの帝位を継承できるのは騎士の力を判別できる
      特殊能力を持つものに限られるようです。
      改変後はこの力が女性限定に変わってるので聖帝ランダ(男)の設定が
      どうなるのか不明ですが。
      2017/07/01 12:31 AM posted by: ほりけん
      私はシケルブさんの解釈と真相は違う気がしてきています。 ファティマ所有権で刃傷沙汰という事件が起きたからこそ、それなりの箔や格を持つ王(コーラス22)や壮年騎士(ロードスやパイドル)が後見人に立ち擁護したのであって、彼らが星稼ぎにダッカス&エストを駆った実践は無かったのではないか?・・・そんな考え方で、つまらない案でもあるのですが『異常な経験値』はデコ助単独でも稼げている気もします。
      マスターを見捨てるのではなく、見限るというニュアンスなのですが通じないかな? 人にはどう捉えられようともダッカス優先・至上主義の戦術思考が働くエストがいてもいいと思うのです。
      あと聞き分けの良い大人なデコ助像は最近まで浮かびませんでしたよ、絶対しぶとく生き残るであろう人物、そのためなら他は切り捨てる・・そんなキャラに見えてました。
      2017/07/01 10:19 AM posted by: シケルブ
      おはようございます。

      >騎士警察さん
      どうもです。
      エストの顔ははっきり言って、連載当時吹きましたwそれを見たデコースの初めてのシリアス顔にももっと吹いた記憶がありますw

      >ほりけんさん
      なかなか、文章では伝わりにくいですね。私のつたない文章力は、ご容赦下さい。エストは黒騎士を探す際、最もダッカスとの相性を重視するそうなので、相手騎士の箔や格は関係ない設定です。なので、当時無法者の頂点みたいなキャラクターだったデコースを自らパートナーとして選びます。黒騎士の銘性を地に落とす事ですら、厭わずダッカスのマスターはそうやって選ばれます。

      マスターを見限るという解釈もとても難しいですね。前コメの方のお話しで、マスターを逃がしてまでダッカスを守る事はあり得ないと思い、少しオーバーに書いてしまったかもしれません。これはまた極論ですが、ダッカスを最重視するなら、サラッと騎士を見限って、後のダッカスのメンテに徹底するという、マイト寄りのキャラクターに成り下がります。
      エストは第一にファティマなので、一番優先するのはファティマとして、自らのマスターをサポートする事。バーシャの時に自らそれを口にしています。エストとは別人格ですが、このバーシャの発言はエストの基本性格と変わりないかと思います。
      エストがファティマである以上、エストにしてみれば騎士をサポートするのが全て。ダッカスは最も自分のパワーが発揮出来る機体の一例と考えています。ただ黒騎士争奪戦の後、精神崩壊寸前まで追い込まれた彼女自身が「ダッカスのパートナーを自分で探したい」と聖帝ランダに願い、モラードに「ファンタム・プログラム」を施され。13巻のモラードの発言も「エストの意思が上位にあってマスターの言葉が出る」とあるので、完全な結論は出ません。


      異常な経験値はまだまだ先、LEDミラージュと対敵出来るまでと思って書きました。エストはバーシャ時に省略しますが数えきれない騎士に会っています。歴代の剣聖技MBTまで、その目で
      見ています。(さらにこれから増えると思います。)


      まだまだエストは成長中です。仰る通り、デコースからでも相当得れると思います。デコースは確かにキャラクターが変わりましたね。彼女が得た、そしてこれから得る知識経験は5代しか仕えていない黒騎士時より圧倒的に多いです。

      これらは全て設定に依存するコメントなので、私が正しいなど、全く思っていません。様々な解釈があっていいと思います。

      長文、失礼しました。
      2017/07/01 10:22 AM posted by: シケルブ
      マスターを逃がしてまでダッカスを守る。は誤りでした。すみません<m(__)m>
      2017/07/01 3:28 PM posted by: ほりけん
      >シケルブさん
      『なかなか、伝わりにくい』とても同意です、要約センスも足りない・・・では改めまして(笑)
      『ダッカスとの相性』というのが何を見て判断されているかが描かれていないのが難問になる一因です。 そも国家が採用する汎用性の高い機体を魔改造してみたら扱いづらいの出来ちゃった〜でしょうかね? むしろ何かスゴいのできちゃったから長く残したいという作り手側のエゴが歪んだプログラムを追加させたのではなかろーか?(シュペルターもそれっぽい) 騎士の『箔や格』は力量を測る目安・保険にはなりますよ(笑) 例えばクリスはまだ未熟で機体への負荷が大きい操作なのだそう、それでは候補枠外かも。
      ファティマにしても騎士の生き方に合わせて生きても自分達の未来には何の益も無い、道具のまま消えていく自覚や焦燥はあると思うんです、口にも出せず無理やりに矯正させられるのだし。 経験値獲得は生存率に繋がるけれど、死傷リスクを避けられぬ命がけで獲得するもので割に合いません。何時の日かアトロポスがボヤくと内心期待してます。

      『様々な解釈があっていい』・・・それを語れる場があって嬉しいです。 押し付けにはならない表現、匙加減が難しいです。
      2017/07/01 9:34 PM posted by: シケルブ
      >ほりけんさん

      こちらこそ、改めて(笑)
      文字だけだとさらに難しいですよね。押し付けにはならない表現、匙加減は本当に難しいです。私も語り合える事を嬉しく思います。

      「ダッカスとの相性」ですが、確かに明確な説明はないですね。疑問だらけです。リブートの解説に唯一あるのは「基本的に黒騎士は剣聖や、称号を持つ騎士などは除外される事が多い。彼らは独自の能力を持つため、ダッカスとの相性が良くない」と書いてあります。
      あとは、こちらでも話に上がった「デコースが戦闘兵器として割り切っているので、エストもそれが楽」13巻の冒頭「デコースが最もダッカスとエストを使いこなした男」のような説明だけです。(私が知る限りでは)

      こうしてコメントさせてもらう事で、気付いたのですが、今のデコースとエストの思想は一致している様に思えます。エストも兵器として使ってくれる方が戦闘に専念できるし、またデコースもファティマに興味がなく、ただ戦闘兵器の道具の一環としてエストをパートナーに。必然的に両者、最高の状態でGTM戦に望めます。

      ダッカス(バッシュ)の制作は確か初ではなかったしょうか。兄弟機がグルーン、量産?に至ったのがベルリンSR1だったと思います。

      エストにも、もちろん葛藤はあると思います。現に精神崩壊寸前まで追い詰められていますし。ダッカス時にパラメーターが化けるのはバランシェにしても突然変異としか言いようがないらしいので、バッシュとエストの制作は、たまたま成功した。そしてエストの意思でバーシャのプラグラムがモラードによって施されたとあるので、エゴといえばエゴですが、砕いていうと牧場主が最後まで愛をこめて家畜を育てる〜みたいな禅問答に至ります(笑)

      全然言葉足らずですが思うに、ダッカスの相性ではなく、エストが通常のファテイマの葛藤を背負いながらも、静が恐怖し、アトロポスに言われた「なぜ自らを痛めつけるような道を」と言われたファティマの鏡の様な生き様がエストが最高ランクと呼ばれる事なのかな。っと思います。変に解釈すればダッカスと相性よく作られたことがエストの唯一の悲劇なんて。
      私は困った時、逆から物事を考えたりします。

      作者曰く「なんて残酷なものを作ってしまったのだ」というのが、ファティマという存在ですから。

      長々と書きましたが、ただ単に作者が設定を曖昧にするのは、エストが大好き。という何ともなオチも全然ありますね笑。

      2017/07/02 1:44 AM posted by: 破烈の人形
      相性についてはデザインズ2に、エストは若く不安定な騎士より、大抵は壮年
      以上の騎士をパートナーにしていた。MHを使いこなし負担を与えずに戦う事
      の出来る圧倒的に強い騎士が黒騎士に選ばれているようであるというのがあ
      りました。

      ダッカス(バッシュ)とは関係ありませんが、パイドパイパーではケーニヒが
      一番バイオラと相性がいいので彼が使っているとパイパー将軍が言ってる場面
      がありましたね。
      また、ナイトフラグスのKANの解説にはMHは各騎士に合わせてチューニングが行
      われているというのがあります。

      この各騎士に合わせて行われるチューニングでも変えられない、GTMの機種毎
      の設計上の仕様のようなものがあってそれがバイオラとケーニヒのように騎体
      と騎士との相性に関わっているのかもしれません。

      ダッカスの場合、おそらくシンクロナイズドフラッターによりエストとの相性
      を優先する設計になっており通常の騎体のように各騎士に合わせたチューニン
      グを行うのが難しいのでしょう。
      そのためエストが通常とは異なる方法で主を見つけざるを得なくなってる可能性
      があるかと。
      2017/07/05 3:42 PM posted by: ほりけん
      >シケルブさん
      『ダッカス(バッシュ)との相性』の定義を体術技量のみ、バイア除外とか明示して欲しいトコロ。 「独自の能力」というのはダイバー以外には例えば騎士の反応速度が標準範囲を超え異常な速さ(剣聖とかね)で逆に機械的には負荷になるとかかな・・・この場合だと剣聖は常に加減しながら操縦している?
      「今のデコースとエストの思想は一致している」のは間違いなくて、恋愛感情をもたれる等は本来期待されている戦闘行為にはもっての他でいらぬノイズなのでしょう。 紙一重で信頼を履き違え優先順を見失う事態にもなりかねませんから。

      >破烈の人形さん
      ダッカス(バッシュ)のチューニング許容範囲を超えるか否かをエストは見ている? 最大出力を発する回転域が狭かったりするエース仕様機と同設定かも知れませんね。100人の凡騎士設定を捨て、3人のエース騎士側に寄せた『設計思想』なら仕方ない。 そりゃなかなか相手も見つからない訳ですが、本当にドコで判定しているのやら? 思うに居合わせた歴戦のエストの予想を超えた所作なり反応を見せつけ驚かせたなら黒騎士候補枠にエントリー? 

      もしデコ助がバイアだったなら↑全部パアなんですけど。 『一流の騎士は〜』で底は見せてない場合です。わかりませんよ、何とはいえ彼も主役級キャラには違い無いので〜。
      2017/07/08 1:15 AM posted by: シケルブ
      >ほりけんさん
      最初に、つまらない解釈になる事をお詫びしますが、FSS特有の「新旧設定の矛盾」があります。
      当初はエストに選ばれた者が黒騎士となり、全星団騎士の憧れ。と言う設定だったと思います。シンクロナイズドフラッターも後から追加されました。

      剣聖や称号を持つ騎士は独自の能力とありますが、ダイバーパワーを使える剣聖はあの時点ではカイエンのみ。バイアも厳密には違いますが、今ではバッハトマのキャラクターのみで、闇設定な気がします。
      破裂の人形さんがフォローしてくれた様に、MHを使いこなす騎士の相性を最重視の設定が第一の優先だと思われます。

      KFの頃ではデコースをパートナーにしたのは、デコースが天才騎士でその強さは騎士戦、MH戦に置いても変わりないとされていたニュアンスでした。中古のデヴォンシャとエトラムルで、バーバリュースVも含むサイレン3機を瞬殺ですからね〜
      また、イラー司教もMH戦が強い。とトモエが言っていました。

      余談ですが、言わずもがな剣聖の強さは別格です。ブラフォードが京からチューンを奪ったように、エストを凌駕する操作でしょう。もちろん機体への負担も最小限な筈。ただ、遊びでMBTとか打ったら機体が危ないかも知れませんね。剣聖がエストとダッカスを得たら、とんでもない黒騎士が誕生するでしょう。ただ、面白みが全くありません。

      エストにも矛盾がありますね。3159にヤクトを操作していますが、バーシャのパラメーターでは無理そうです。LEDも?

      最終的には辻褄合わせになるのですが、初期設定の「特別な称号が無くても、黒騎士になれる」これは現在も生きている様なニュアンスですし、その辺が読者も楽しみなのです。こう言った設定の遊びを残していることが、色々な想像をさせてくれる醍醐味ですね。
      name:
      email:
      url:
      comments: