無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
第233回FSS考察「ツアイハイのその後の話」
0

    はい、皆様一週間お疲れ様です!
    明日は祝日、ニ連休ですね…土曜日ですけどね。
    こういう時は振替休日にならないのが残念。
    でも、休みの人も仕事の人も元気だしてきましょー!
    さて、今日は因縁の地ツアイハイのお話です。

     

    まず、ツアイハイという地名をご存知でない方へ。
    ツアイハイとは、旧コミック4巻で登場する鉱山です。
    あのミース・シルバーが生まれ育った土地ですね。
    そして、彼女が剣聖カイエンと出会った場所です。
    星団暦2989年、ツアイハイは危機にありました。
    鉱山労働者のための反政府ゲリラが拠点としたのです。
    そこへ、政府軍は軍を派遣し住民ごと虐殺を画策。
    その時の指揮官こそ、あのメイユ・スカ様なのです(笑)
    で、カイエンはツアイハイに剣を作りに来てました。
    ツアイハイはメトロ・テカ・クロムの産地です。
    しかし、そこで彼はATというなの美少女と出会い…
    数奇な運命の中で白銀の剣聖騎を駆り、政府軍を撃破。
    そのあと、ATことアトロポスとは別れました。
    ミースを養子として引き取ることになったんですね。

     

    で…ツアイハイはその後どうなったのでしょうか?
    まず、反政府ゲリラは鉱山の村から出ていったようです。
    同時に、ATことアトロポスもファティマとして去り…
    恐らく、再度侵攻してきた政府軍に占領されたのかも。
    ただし、スカ様が失脚してるあたり、軍が正常化した?
    二度目は政府軍は、村人のみの村を攻撃しなかったかも。
    ただ、鉱山の人々の暮らしについてはよくわかりません。
    最新の情報では、ツアイハイはリゾート地とのこと…
    メトロ・テカ・クロムの採掘はやめたのでしょうか?

     

    もしかしたら、このリゾート地というのも怪しいです。
    枢軸国のメトロ・テカ・クロム産出地になってるのでは?
    それをカモフラージュするため、リゾート地にしたとか。
    となれば、村のあの貧しい暮らしはどうなったでしょう。
    食べることすらままならない暮らし、酷いものでした。
    バッハトマのボスヤスフォートは、賢王の顔を持ってます。
    しかし、彼はれっきとした悪人、悪そのものでもあります。
    はたして、今のツアイハイがどうなってるのか…!?

     

    そして、ツアイハイはパルスェットにとっても因縁が。
    前のマスター、ミハエル・レスターと訪れています。
    その際、旧コミック7巻登場の戦車長と会ってますね。
    そうです、シーブル軍でレオパルドに乗ってた彼です。
    彼は捕虜になった後、シーブル軍の情報を明かし生存。
    その後は知れませんが、生きてることを祈りたいですね。
    で、パルスェットはレスターと共に反政府ゲリラを救出。
    表立ってスカ様と戦いませんでしたが、正義を信じた。
    結果、雇われ騎士を失業してカステポーへと向かいます。
    そこでアシュラテンプルの刀狩りに遭遇してしまいました。
    そう、ツアイハイはパルスェットの思い出の地でもある。
    そこに新しい仮のマスター、ヨーンと向かうことになった。
    果たして、どんなドラマが待っているんでしょうか。

     

    心配なのは、ヨーンが楽勝任務と思ってることですね。
    また、連絡を取ったであろうジークのことも心配です。
    次回のサブタイトルは「ブラックプリンス」ですしね。
    様変わりしたツアイハイでの再会、なにが待つのか!?
    早く来月号が待ち遠しい…って、ん?んんー?あっ!
    しまった…ヨーンを追うもう一つの影の話、でしたね。
    ら、来週!来週必ず!色々考えては見ているんですが(汗)

    | ながやん | 世界観 | comments(16) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - |
      Comment
      2017/09/22 1:55 PM posted by: グッチ
      メトロテカクロムは新設定でヘリオス変わった? と思ってるんですが、これは鉱物名が変わっただけで、アトロポスとか反政府ゲリラやミースの話はそのままなんですかね?
      続いてなければ辻褄合いませんが…

      ツァイハイも単行本4巻のように元は荒れ地で、バッハトマになってからユーコン財団あたりがリゾート開発したとかになるんですかね?
      したら、ヘリオスの産地で潤った者達が優雅に暮らすリゾートかなと。 バッハトマになってからのボスヤンの良い政策でしょうか? それとも4巻の反政府ゲリラの話全てがボツで元々この地方はヘリオスの産地として潤ってたんでしょうか?
      2017/09/22 4:29 PM posted by: 騎士警察
      >ながやん様、スレ立てありがとうございます

      ツァイハイ、懐かしい地名ですね
      現在はリゾート地とのコトですが、メトロ・テカ・クロム(ヘリオス)鉱石の採掘はやめた?鉱脈が尽きたのかもしれませんね

      ボスやん(その下にいるペールも)悪であっても愚者では無いので、支配地域の一般人に無闇な弾圧はしないと思いますが…あんな砂漠と岩山しかない(ように思える)場所にリゾート地って…地図を見るとバッハトマ本国とカステポーとの緩衝地的な場所でもありますし、何かのカモフラって話も十分に有り得るかと

      >グッチさん、ひとスレぶりでございます

      パルセットが回想気味に呟いているトコロを見ると、ツァイハイでのカイエンに絡んだ一連のエビソードは"生き"なのでしょう

      剣の設定がガット・ブロウに変わり、刀身を作れるのは専門のスライダー(ガーランド?)のみとなった現在では"剣を造ろうと思ってね"というカイエンのデマカセが微妙にスベってる気がしなくもないですがww
      2017/09/22 7:17 PM posted by: グッチ
      騎士警察さん

      ひとスレぶりお久しぶりです。
      さすがにあの話は生きてますよね。でなければガーラントのミースも存在しないし、スカ様もレスターも生きてることになりますし、パルスェットもヨーンのもとにはいないかも(笑)

      カイエンvsアトロポスの光剣の試合もお互いスタン(しびれモード?)で戦ってたような? あれも今のガットブロウならどちらかが負傷して戦闘不能になるような戦いになってしまいそうです。 さらに…パラライズワームとかカイエンは手錠かけられてましたが、今となっては「あんな物で剣聖を封じ込められるのか!」って感じです。
      あの頃は剣聖設定なんか無かったですけど。
      2017/09/23 3:21 AM posted by: 騎士警察
      >グッチさん、ありがとうございます

      スタン…言われてみればそうでしたね
      あとは黒騎士ロードス公が凸を懲らしめようとした時もですね

      それと…対シーブル戦でのミス宇宙軍vsブラフォードの時も"光剣を使って位置を知らせたな!?"やクリスのハイランダー獲得話の"光剣持ってりゃ居場所も分かるし"が、ガット・ブロウに変わったコトで死んでますww

      ただスタン・モードに関して言うと、ガット・ブロウには刃が付けておらず、重さとスピードで叩き割るように使うらしいので、騎士のさじ加減で与えるダメージを調節出来るカモしれませんね

      カイエンの件は当時、あれ程に強い騎士(超帝国純血)だという設定が無かったのと、曰く「一生に一度くらい本気で〜」「本気で戦えば勝てる人なんて〜」というコトなので、カイエンは本気で戦わないのが身に染み付いてるのカモです
      2017/09/23 7:41 AM posted by: グッチ
      騎士警察さん

      ありがとうございます。
      確かに。本気を出さないカイエンはそれに慣れすぎてしまって、アトロポス相手に力を見抜くことすらせず手を抜いて戦ったかも知れません。

      光剣からガットブロウの変更も騎士警察さんの解釈で辻褄あいそうです。刃が無ければアトロポスのさじ加減でカイエンは無傷で撃沈もありです(笑)
      2017/09/23 9:53 AM posted by: 破烈の人形
      盛りすぎた設定につじつま合わせのためか、カイエンはアトロポスに
      ワザと殺されようとしたって設定が追加されていました。

      改変前の光剣はスタンモードにすれば攻撃が当たっても麻痺するだけ
      なので全力で振る事もできたのでしょうけど、ガットブロウは刃がつ
      いてないとは言え物理的な刀身があるので、手加減するとしたら振る
      スピードを落とさざるを得ませんね。
      2017/09/23 11:05 AM posted by: グッチ
      破烈の人形さん

      ありがとうございます。
      カイエンは死んでもいいと思って手を抜いて戦ったら、アトロポスも手を抜いて戦ったため結果死ねずに囚われの身になってしまったと。 痛い結果です。
      後々ネードルシバレースとなって、長き放浪の旅に終止符を打ったとありますが、死にたい願望は終わってなくて自害にも等しいようにボスヤンに殺られましたね。
      ハスハの民にとってはいい迷惑なような… 剣聖の力をフルで使ってハスハを守るかと思いきや…戦おうともせずに殺られてしまう。ハスハの守り神と期待していた民衆はさぞガッカリしたでしょう。


      2017/09/24 1:28 AM posted by: シケルブ
      ながやんさん、皆さま、お久しぶりです。
      毎回連載されていますし、この様な語り場がある事は、とても嬉しいです。

      カイエン〜やはり、話題に事欠きませんね。
      対アトロポス戦は、破裂の人形さんが仰る通り、気まぐれで、わざと負けたと(最初はリブードだったかな?)書いてありましたね。勿論、後付けです。

      ただ私が知る限りでは、大好きなアウクソーが盾となってマジで死にかけたレスター戦はセンセーの後付け設定も難しいのか、記述はない様に記憶しています。

      当時、太天位(剣聖)のカイエンに事実上勝利した、唯一のレスター強しですw
      2017/09/24 5:31 AM posted by: 騎士警察
      >破烈の人形さん、いつも詳細な解説ありがとうございます
      ('∀')ゞ

      「アトロにワザと負けた」そんな後付け設定あったんですね〜
      もっとも、あのシーンのカイエンは明らかに相手の構えを見て虚を突かれたように描写されてますが…ちょっと無理がある?

      そう言えば当時は太天位クラスの必殺剣だった飛燕剣も、今や単なる天位剣技
      "アナタが本物のカイエンなら〜"も空しく響いちゃいますね(^_^;)

      >グッチさん

      「オレとアウクソーとシュペルターが、この子たちとアンタを守る」

      アウクソーはパートナー解除し、シュペルターには乗らず、王女は殺され娘は昏睡状態(息子も付き合いでダウン)
      …約束、一つも守ってへんがなぁ〜ビシッΣヾ(--;)

      まあ何か予感めいたモノを感じ、自分の死期を悟っていた〜辺りが無難な回答なんでしょうが(^_^;)

      >シケルブさん、お久しぶりです

      レスター戦でのSマイン攻撃は、咄嗟にファティマの反応速度で前に出れる程度のモノなので…バル・バラで足元を掬われていたとはいえ、カイエン程の騎士が対処出来ない筈は無いのですが…もしかしてアウクソーの勇み足?
      や、演出演出ってコトで〜
      2017/09/24 10:01 AM posted by: 破烈の人形
      11巻のムグミカの台詞からすると、フェザードラゴンの転生を20年間
      止めた代償がムグミカとカイエンの命だったようなので、カイエンが
      死ぬことは3010年の時点で決まっていたようなものですね。

      直前にアウクソーを解除していたので、カイエンも事情をムグミカか
      ら聞いていたのかもしれません。どのみちオペラの制御を受けてしま
      うカイエンではボスヤスフォートに対抗するのは無理ですから、あそ
      こでムグミカと共に死ぬしか無かったのでしょうけど。

      >>シケルブさん
      アトロポスにわざと殺されようとしたって設定が出てたのはナイトフ
      ラグスです。リブート3にあった解説はデザイン画にあった初期設定
      だそうで、殆ど同じ解説がキャラクターズプラス2ににも収録されて
      います。
      2017/09/24 11:57 AM posted by: グッチ
      騎士警察さん
      破烈の人形さん

      確かにカイエンは死を悟っていたとても知らされさていたともとれます。
      フェザードラゴンの転生とナインの召還はセットのことなんでしょうか?
      ムグミカはナインをアマテラスに人間代表として会わせたかったような事も書かれていたような気がしますが。

      確かナインもアマテラスに会うことを望んでいたと思うんですか…
      したら「血の召還儀式」なんかしないで、さっさと一人でジョーカーに戻りアマテラスに会えばいいと思うんですが(笑) ナインとてジョーカーに戻るには何かしら障害があったんですかね?
      ミグノシアの民の信頼を集めてた詩女様は、「神々クラスの方々の通過儀式のためにムグミカはハスハの滅亡とミグノシアの大混乱を招いた」と詩女信仰の深いミグノシアの民達は失望するかも知れません。
      2017/09/24 6:54 PM posted by: アイスクリーム
      皆さんお疲れ様です
       
      純潔の騎士の血と詩女(当事は巫女でしたが)の血の交わりでフェザードラゴンの転生時 命の水でナインの肉体召還なのかと…その代償は2人の命
       ナインは肉体を捨てた精神的な形なのでその力も使えないのかと…
      さらにその力が脅威的で命の水による存在にも時間が限られるとか…
      その20年計画はムグミカがカイエンに教えていたと思いますよ 
      騎士団長がMHに乗らず詩女の側を離れなかったんですからね
      本当はボスやんを倒して欲しかったのかもしれないですが…それも不可能と予知もしていたかも 
      もちろんボスやんの存在が出た頃には
      カイエンがハスハに来るお膳立てもアリ?なのかと…
      ヤーボの死は見えていなかった?のでしょうが
       ボスやんがムグミカ狙いは知っていたと思います 
      ナインの召喚は超帝国騎士達の召喚でもありますしね 

      ツァイハイ 現在はリゾート地ですがヘリオス鉱石の採掘は続いているのかもしれないですね
      鉱山都市ってよくある話です 
      もちろんリゾートも充実のバブル状態だったり(笑)
      新しく政府が…
      政府ってバットハマだとしたらボスやんが政策しているのでしょう
      なんだかんだでバットハマ 一般民衆に優しい国なのかもしれませんね
      騎士やダイバーは別のようですがルール守っていれば
      意外と和気あいあいシーンが多いかと…思っております

      カイエン対アトロポスなのですが 
      カイエンはツァイハイまで逃げて来たのが本来なのでは?本当の事は言えないので 剣を作りにきたとかなんとか…
      嘘ぶいた発言と解釈していたのですが

      アウクソーを失いつつやる気のないカイエンはやはり飛燕剣の構えに虚をつかれパニック状態?目覚めた時の質問がまず飛燕剣でしたよね

      パラライズワームは普通の騎士でも身動きできない声もやっとみたいですが 動けるから剣聖カイエンと納得の感じとアトロが言ってたような…





       
      2017/09/24 11:11 PM posted by: 南北大路魯山人
      >アイスクリームさん
      私もカイエンがツァイハイを訪れたのはレスター達の追跡から逃げる過程で偶然通り掛かったというのが本音で、「剣を造るため」というのはカイエン流のジョークもしくは“データを盗んで政府から追われている”のがバレるとレジスタンスに政府軍との交渉材料に利用されてしまうのを防ぐためだったのではと考えています。
      (この時点ではレジスタンスはカイエンに恩も借りも無いですからね。)

      個人的にはツァイハイというとあのMHも苦しがる砂嵐が印象深いのですが、リゾート地として成り立っているのでしょうか?
      もちろん、一年中砂嵐ではないでしょうがジョーカーの科学技術でも自然はコントロールできないでしょうし(カラミティ星には人工太陽があるそうですが)、リゾート地にするにはリスキー過ぎるというか“リゾート地でなければダメだったの?”という疑問がどうしても出てしまいます。

      それに、やはり鉱山はどうなったのか?というのは気になりますね。
      膨大な知識量を誇るファティマのアトロポスですら“貴重な財源”と言うくらいなので本当に採掘を止めてしまったのであれば不思議です。
      “ジョーカー星団の何処かで膨大な埋蔵量の鉱脈が見付かった”ことで値崩れを起こしたとか、バッハトマの財源であるユーコン財団も鉱山を持っていて、リゾート開発を理由にツァイハイを潰して値上げを狙ったとかなら話は分かるのですが…。
      (でも、ユーコン財団の主産業ってダイバー・アシッド、いわゆる麻薬だったような…)

      2017/09/24 11:43 PM posted by: 破烈の人形
      改変でツァイハイの鉱山がメトロテカクロムからヘリオスに変更され
      ているのであれば値崩れを起こす可能性は低いでしょう。ガットブロ
      ウ以外にもGTMのパーツにも使われる高価な素材なので。

      年表では3300年以降に資源が枯渇し始めGTMの生産が困難になるとさ
      れているので、4巻で登場したツァイハイの鉱山も掘り尽くしてしま
      った可能性はあるでしょうね。

      デザインズ3にはユーコン財団は麻薬の密造で財をなしたが総合企業
      の顔も持っているとあるので、リゾート施設の経営を行ってたとして
      も不思議ではないでしょう。昔、公式サイトにはザンダ財団がユーコ
      ン財団と熾烈な争いをしているって解説があり、デザインズ4にもノ
      ルガン財閥とユーコン財団が化学事業でシェアを争っているって解説
      があったので真っ当な企業としててもシェア争いをしているようです。
      2017/09/25 9:12 AM posted by: グッチ
      ユーコン財団自体 超帝国皇帝アッセルムラトワディスターブの末裔なんですかね? ビューティーペールが超帝国皇帝の末裔なんで、必然的にユーコン財団も超帝国皇帝の末裔と思ってるんですが… 勝手な解釈です(笑)

      ならば合成麻薬なんかに手を染めなくても金をもってそうです。元は巨大権力を持っていた皇帝の末裔ですから。
      ペールの祖先の誰かが経営に失敗してユーコン財団が傾いたとかなら納得できますが。
      それか、ユーコン財団はペールの祖先とは無関係の新興コングロマリットで、ペールが乗っ取ったとか。
      2017/10/05 4:22 AM posted by: ちゃんぷ
      おはこんばんは。
      メトロテカ→ヘリオス鋼へ設定変更で宜しいかと思います。
      ツァイハイが採掘完了もしくは採掘量の削減や環境を考えた採掘方法等へ変えてリゾート地になったとしたら、砂嵐は無くなる、もしくは減るかと思います。
      理由として昔の地球みたいに環境をあまり気にしていない時代の鉱山は炭鉱から掘り起こしてきて鉱石を取り除いた余計な土砂は処理せずそこらに山盛りで放置、ましてや露天掘りだったら季節風で巻き上げられて、よりとんでもない砂嵐になるでしょうね。
      ウースーの自治区からしっかりした国策をとるボスやんのバッハトマになりヘリオス鉱の相場も安定させ、福利厚生と生活保障が確り機能してツァイハイは潤ったのではないかなと。
      基本AKDと超帝国所縁の国家以外には名君で紳士なボスやんなので。
      ウースー時代は安く買い叩かれ、下手したら金も貰えず、また不法採掘だらけであんな状態だったのではないでしょうか。

      ながやんさん、レスターはスカが登場した時点で解雇になってると思います、だからゲリラに手を貸したと思います。
      ツァイハイへはカイエンにアウクソーの件で詫びを入れようとして追ってきたんかなと。
      その後ウースーに追われる羽目になったのもカイエンに負けたスカの逆恨みのとばっちりでしたよね。
      カイエンの一連はもう、光剣らへんの設定わやくちゃで訳がわかりません。
      name:
      email:
      url:
      comments: