無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
月刊NT2018年02月号ネタバレ記事
0

    パルスェットの章、完結…恐るべき真実の数々が明らかに!
    そして、次回から新たな章「2羽の小鳥」がスタートします。
    コミック14巻の表紙も公開され、まさに我が世の春がきた!?
    それでーはーっ、ネタバレ全開でお送りしますのでご注意を!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ・今月のあらすじ
    暗殺騎士団の氷グループを従え、姿を現した皇女茄里。
    ジークと対峙する彼女は、ジークに剣を向けてくる。
    茄里の語る「絶対悪」こそが、フィルモア帝国なのか?
    ジークは「流血を最小限にするため」の帝国を説く。
    悪の道もじさぬ覚悟は、流血を減らすための手段だと。
    だが、バルバロッサ達の操り人形にされた茄里の、涙。
    悲しい運命故、血に汚れた彼女の呪いをジークが解く!
    命をかけたジークのその中に、初代皇帝サイレンの影が…

     

    えーっとですね、以前どなたか予想されてましたよね。
    それ、当たりです…ジークはサイレン(トリハロン)と関係が。
    それが彼の見る「夢の中の少女」の原因かもしれません。
    彼はトリハロンの直系の子、ないしは本人の可能性が…
    トリハロンには公式な記録で子供がいない筈です。
    では、ジークの中のサイレンの面影は、何なのか。
    今月、母の璃里を窘めたのは、ジークの言葉なのか?

     

    他にもビッグな情報が…ファティマって凄いんですね。
    実はファティマの血は「誰にでも輸血可能」だそうです。
    騎士の相棒であるため、騎士のあらゆる怪我に対応してます。
    パルスェットのダブルアライメント・スーツ、これも凄い。
    完璧な生命維持装置として機能し、瀕死の騎士を救命可能。
    いやあ、しかしジーク…死なないのはわかっています。
    わかっていますが、こんな驚きの展開になるなんて。
    彼が剣を持たぬ理由は、ヨーンとは明らかに違うようです。
    嫌悪ではなく、自戒…ヨーンのように嫌ってないんです。
    ただ、彼が自らに戒めた剣が、茄里を歪めてしまった。
    その償いとして命を差し出し、果たして茄里の呪いは解けたか…?

     

    あと、コミック14巻の表紙が今回の扉として搭乗です!
    これ、何のGTMでしょう…ミラージュマシンなんですけども。
    ひょっとしたら、ミラージュのゼノア・アプターブリンガー?
    カイゼリンから装甲を換装したのか、それとも…うーむ。
    よく見ると、天照家を示す四菱の紋章、しかも緑色です。
    となると、アイシャのGTM?でも、アイシャはルーマー女王。
    なら、レンダウドに貸与された装甲別Verのマグナパレスか?
    ファティマっぽい人影は誰なんでしょうか…謎ばかりです。
    でも、はっきり言って凄く綺麗、素晴らしいイラストですね!

    | ながやん | 月刊ニュータイプFSS連載情報 | comments(12) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - |
      Comment
      2018/01/10 6:00 PM posted by: 足立祐一
      サイレン存命説は、私も予想してました
      以前、ジークの本当の名前の時に
      もしや・・とは思ってました

      となると花の詩女のラストシーン
      あの印象が変わってきますね
      2018/01/10 7:37 PM posted by: 騎士警察
      ながやん様、スレ立てありがとうございます
      (^人^)

      ジーク=サイレン
      名前に関しては「ただ一人継がれた、その名前」
      と璃里が言っていたので、「尊い血を引き継ぐ男子として、偉大な皇帝の名を与えられた」と思っていたのですが…何らかの理由でサイレン皇帝本人、という可能性も?

      皇女・茄里はワタシの予想していた「お兄ちゃん、大好きっ娘」ではありませんでしたが、どうやら役目としての皇女を押し付けられた感じですね
      次回からは過去話になりそうですが、再登場した際にはどんなキャラになっているやらww
      また、明らかに「見た目は幼女」のアラン・リーは、「アンタ、時を止めて成長を抑えてるでしょ!?」とツッコミたくなるような百戦錬磨っぷり
      これが「氷」グループの、教育の成果なのか…

      ちな、14巻表紙イラストのGTMはアイシャのFRWかなぁ〜と思ってますが…ちょっと違うかな?
      2018/01/10 7:37 PM posted by: グッチ
      14巻発売まであと1ヶ月。ここまでくればさすがに延期にならないでしょう。ベラ国攻防戦ほとんど読んでないので、これで話が全部繋がります!

      で、表紙の絵ミラージュっぽいけど何だろう?表紙はいつもこんな感じだし、まぁいいか。
      で、シンファイアっぽいファティマ。何かの暗示かしら? シンファイアではなさそうにも見えますが…
      ミラージュマシンとシンファイアファティマなんでしょうか?

      本編中身は映画を見てない私にはフィルモア初代皇帝に親近感がない(笑)
      映画の主人公だったようなので、本編とのリンクに大喜びの人が沢山いそうです。…うらやましいぃ~
      ジークの正体が初代皇帝サイレンだったなんて… 「畏れ多い名を棄てた」とはこのことだったんですね。
      やはり只者ではなかったショーカム(ジークの父親ですよね?)
      ダイグの意志を継ぐ次の皇帝はフィルモア初代皇帝だったとは。
      2018/01/10 7:53 PM posted by: 破烈の人形
      超帝國剣聖達と同様にドウターチップでサイレンがジークボゥにリス
      トアしてるのか、それとも全然違う方法で宿ってるのか。現時点では
      不明ですね。

      サイレンと同時期に居た詩女ラーン(ユニオV)が人格憑依を使って
      ジークボゥにサイレンを憑依させてるというのもありかな。

      13巻の表紙のカイゼリンには天照家の四つ菱とミラージュマークが
      付いていたので、こちらがゼノアで14巻の表紙のミラージュGTMは
      別の騎体ではないかと。
      2018/01/11 12:11 AM posted by: 555
      14巻の表紙はついパトラクシェ・ミラージュかと思ってしまいました。GMTだとあの頭とオージェマスクは出てこないんですかねー。
      2018/01/11 12:24 AM posted by: キャスバルさしみ大君
      こんばんは¥(//∇//)¥

      14巻の表紙ですが ……ミラージュで四つ菱なのでFRW?

      でもGTMの眼の感じは 『ナイン様のシュツィエン』にそっくりなんですよね

      あと 大穴で 『変形後のカッコいい方のマグナパレス』

      いやぁ本当に楽しみです! テンション上がりまくりです¥(//∇//)¥

      2018/01/11 1:09 AM posted by: 五つ星
      ジークの秘密が垣間見えた2月号でしたが、リリとショーカムの関係が気になりますね。本当にショーカムは父親なんでしょうか。ただの学生(本当?)である彼は何か秘密を知って早死にしてしまったのかもと勘ぐってしまいますね。

      リリの「オデットが消えた」と言うセリフが意味深です。オディールが活動しているときは、そばにいないということか。エイリアスその他の能力では無いようで。記憶を共有するタイプの2重人格(どなたか予想されてますね)か。

      それとも本当に消えるのか。ファティマの動向を追えないってのはどうも不自然ですよね。そもそもマスターに従順ですから、メンテ等でなければ離れるわけない。でも「消えた」らわからない。妄想ですね・・・これは。

      最新刊表紙に関しては悩みますね…
      これまで表紙になったのは本編に登場した主役GTM(MH)とかファティマや騎士。んでZKKM。マグナパレスは最新版としてはまだでていないし、まだ取っておくと思うんですよね。ゼノアはカイゼリンが前回表紙になってますし…本命ファルトリム、対抗グリット、大穴ゼノアでしょうか。まさかの書下ろし漫画があればそれ以外も?



      2018/01/11 2:18 AM posted by: 破烈の人形
      デザインズ4のオデットとオディールは同一のファティマって解説と
      今月号のオデットが消えたって台詞から、両者の体は同一である事
      はほぼ確実でしょうね。主の璃里が「消えた」と言ってるのでオデ
      ットからオディールへの切り替わりは主の了承無しでも可能なので
      しょう。使いたい時に居ない可能性があるのはかなり危険な気がし
      ますが。

      自分が言ったはずの言葉が母親や周りの人をおかしくしたってジー
      クボゥの台詞からすると彼の中のサイレンの存在にダイ・グも気が
      ついてる可能性はあるでしょうね。

      名を捨てて家でしたジークボゥがフィルモア皇帝になるのはかなり
      難しいと思っていましたが、皇女の茄里との関係もそれほど悪くは
      なさそうで、何より中にいるのが初代皇帝ですからそれが元老院に
      も知られた場合には皇帝になるのはそれほど難しくないかも。

      あと、今月号冒頭でジークボゥが言った言葉を茄里じゃ都合の良い
      解釈と言ってましたが、実際にはあれがおそらくサイレンが残した
      正しいもので、それが建国から2500年経った現在では先月号の最後
      で茄里が言った言葉のように歪められてしまったのかもしれません、
      2018/01/11 10:14 AM posted by: グッチ
      ヨーンは諭されてます。
      そもそもヨーンが「騎士は汚い」と考えるようになったのは底辺騎士のチンピラ騎士の世界を見てきたからで、この先騎士道を全うしている上流騎士との出会いが増えれば自然と考え方が変わるかも知れません。
      でも、ここでネックになるのがエスト(バーシャ)に対する恋心で、恋心故のデコヤンへの決闘だったら、やはり対決は避けられないし、ヨーンはまだガキなんですけど。
      デコヤンもエストにとってもいい迷惑でしかない。
      2018/01/11 4:03 PM posted by: 五つ星
      破烈の人形さん

      主人の了解無しに切り変われる、必要な時にいないかもってちょっとヤバいですね。

      リリは立場的にGTMには乗る機会はないかも。ナリは暗殺業のなかでブーレイっぽい立ち回りで表舞台ではなくとも乗る機会はあったのかも。リリの側にいなくても支障がないからかち合わないんですかね。優先順位が明確でないと精神破綻するのでは…GTMを使わない時はオデット状態…かというとダンチヒ時代では使ってたんだろうなー

      リリはオデットが消えたことで危険を察知しましたが、そもそもオデット(オディール)のマスターがナリだということを知ってるのでしょうか。ナリが危ないのはわかっているだろうに。あれだけジーク命でその辺をケアできないのは身分故か。それこそ元老院らを皆殺しにもできたはず。まあ、ジークがずっとあぶないことはやめてと言い続けたんでしょうが。

      最後に、ヨーンさんの影が一気に薄くなっちゃった…そりゃ題名はブラックプリンスだけどさ…
      2018/01/11 11:41 PM posted by: ほりけん
      ひょっとしたら自覚の有無はさておき超帝國剣聖の転生者がコーラスやフィルモア建国の立役者なのかな?
      オデットの『マスター』は管理者か保護者という意味に捉えるべきかも。 超帝國剣聖の人格が出てこないと本当のマスターとは認識せず別人格のリミッターがかかる(エストの人格交代の再現の失敗例)・・というのは嫌ですな。
      2018/01/11 11:59 PM posted by: 破烈の人形
      アトール、バングが超帝國剣聖のコードネームになっているので
      サイレンも実は同じって可能性は否定できませんね。

      ハリコンの中にララファがいたように、かつてのサイレンの中に
      も誰かがいたのでしょうか。
      name:
      email:
      url:
      comments: