無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
第252回FSS考察「何か違和感があるような、そうでもないような?」
0

    はい、皆様お疲れ様です!単行本14巻、楽しまれてますか?
    ツラック隊のエピソードがまとめて読めるの、うれしいですね。
    自分もちょくちょく読み直して、同じ場所で泣いたりしてます。
    でも、読み返す度に「あれ?」って思うとこ、あるんですよ。
    今日はそんな話です、彼のファンの方には…ごめんなさいっ!(笑)

     

    えっと…ワンダン・ハレーって、そんなに強い騎士でしたっけか?
    いや、あのハルペル(インタシティ)が認めた騎士なのですけど。
    勿論、AP騎士、そしてAP騎士団のエンブリヨ支隊にいた一流騎士。
    けれど…一流だけど、超一流って感じはしなかったんですけども。
    つまり、ヤーボとかミラージュの人達、アルルに比べると…どう?
    あと、エンブリヨ隊の大隊長って言われてたけど、本当ですか!?
    支隊長と大隊長は違うけど、何か「兄様」って呼ばれてるし…
    因みに、エンブリヨ隊の支隊長はコンサイス伯って人らしいです。

     

    さて、どうしてこんなにハレーさんが持ち上げられたのでしょう。
    まず、3045年のハスハ解放戦、この時点で既に大物オーラがある。
    マキシとデプレが目立ちますが、AP騎士を仕切ってたっぽいし。
    ミューズやプロミネンスも一緒でしたけど、馴染んでましたしね。
    ハレーさん、本当に強い騎士だったのかと、失礼ながら驚きです…
    では、再登場と同時に強キャラになった彼を振り返ってみましょう!

     

    ワンダン・ハレーといえば、ハルペルのマスターだった騎士です。
    以前、ハルペルの不調(インタシティの寿命)が心配で脱走。
    危険を犯して単身、アドラーのモラード博士を訪ねています。
    この時、ハスハ議会は警察騎士スクリティ・ポリティ隊を動員。
    ハルペルは機密であるA-TOLLダンダグラーラの開発に関わっていた。
    悪名高き脱走殺し、スクリティ隊のエミュレーション戦が襲う!
    で、ここでヤーボがエンプレスで割って入り、ハレーを助けた。
    ムグミカの密命を帯びて、ヤーボは戦闘を止めたのでした。

     

    あ、さて…以前のハレーを見ると、どこか頼りない印象です。
    ハルペルに対しても、どこか弱気な表情が気になる騎士でした。
    スクリティのエミュレーション対策は何度もやった、なんて言うし。
    自信がない人間が自分に言い聞かせるような台詞、よく覚えてます。
    ハルペルが不調ゆえに、弱気になっていたとも見えるでしょう。
    しかし、結果的にハルペルに頼り、なんとか包囲を脱してます。
    ハルペルはこの時の頑張りで、最後の力を使い果たしたような…

     

    ただ、大隊長として人望があったことは、追加ながら本当かも。
    そして…あのスクリティとの戦いが、ハレーを成長させたことも。
    御存知のように、騎士は強敵と戦い生き残ると、成長します。
    ちょっとスーパー◯イヤ人みたいですが、前例は沢山いますね。
    有名なのは、剣聖カイエンの試練、それに準ずるものです。
    多くの騎士が言うように「生き残ること」が大事なことです。
    そして、過酷な戦いを生き残ることで、騎士は強くなるのです。
    で、ハレーは連携だけなら星団一のスクリティ相手に精悍した。
    はっきり明言されていませんが、かなりの経験値を得たのでは?
    また、ムグミカが彼にヤーボのBS-Rをと遺言したのも、これか?
    彼が一皮むけた騎士として、再起する日を確信していたのかも。

     

    ハレーが今強い騎士、ツラック隊のベラ防衛に貢献したのは事実。
    ただ、ちょっとやっぱり「昔からのエース」は、違和感がある…?
    ハレーを兄様と慕うカーリムお嬢さんは、憧れからくる贔屓目か。
    ま、これからハスハの中核騎士になるんだし、過去は…いっか!
    専門学校生だった20年前、インタシティの物語を読んでた時…
    まさかこの頼りないにーちゃんが、こんな立派になるとは(笑)
    これもまた、FSSの大きな魅力の一つだと思うと、感慨深いですね!

    | ながやん | キャラクター | comments(10) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - |
      Comment
      2018/03/02 3:08 PM posted by: グッチ
      今回のナルミに説教喰らってさらに一皮むけた感じもします。

      クリスがエナに諭されて、ケーニヒに「ありゃバケモンみたいに強くなったぜ」とか言われてましたし、騎士はメンタルを鍛えられると更に強くなるのかなと。

      たしかに昔のハレーはさほど強い騎士とは思えなかったですけど。
      2018/03/02 7:34 PM posted by: 騎士警察
      ながやん様、スレ立てお疲れ様です

      作品内でのハレーのインフレ(?)、ワタシもそう感じてました
      ツラック隊のガヤ「エンブリヨ隊のエースだ!」に「えっ!?」とww

      大隊長クラスなら、現役当時は恐らく似たような立場にあった現ジャグード・スパチュラ隊支隊長と顔馴染みであっても不思議はありませんが…逆に脱走の際にはもっと大事になっているような気もしますね
      というか、それを説明してるギラの言葉の中には一言も「隊長」とはありませんが…

      後は「王子のお見合い(笑)の護衛に、わざわざ大隊長を連れていくのか?」ともww
      2018/03/03 12:51 AM posted by: 騎士警察
      >グッチさん、こんばんわ

      心の持ちよう一つで、強さが大きく変化する
      アイシャ様なんかがその代表格とされていますが、永野センセ〜曰く「それが全ての騎士の真実」
      騎士としての本分に開眼したハレーがいきなり強くなっても、不思議ではないのでしょうね

      以前は優柔不断と言うか線の細さが目につきましたが、復帰後はベテランの余裕を携えた感じになってます
      2018/03/03 6:37 AM posted by: グッチ
      騎士警察さん

      そうでした。代表格にアイシャがいました。
      言葉や環境によって何かが覚醒するんでしょうね。
      アスリートがここ一番でみせる力とか、我々でいう災害時に出す火事場のクソ力なんかに似てるかも知れません。 これは一瞬の強さですけど。
      アドレナリンとは違うものですかね?
      ハレーもクリスも強さが覚醒して、それが継続的にずっと強くなったままですから、一瞬強くなって また元に戻るようなものでないからアドレナリンとは違うものなんでしょう。
      気持ち、心持ちの変化としか説明しようがなような…
      クリスのイヤリングの話で覚醒するのはわかったとして、ハレーのナルミの説教で覚醒するのはちょっとチープな気もしますけど(笑)
      2018/03/03 7:41 AM posted by: 騎士警察
      >グッチさん、おはようございます

      アイシャ様は、もう単純にソープの為

      クリスはダイ・グに対する愛情、もしくはもう少し大きな「愛」でしょうか

      ハレーは…何でしょう?
      「ハルペルに恥ずかしくない騎士であるように」
      とかだと、ビルドに申し訳無いような気もしますが…
      ナルミの説教が切っ掛けにはなりましたが、実際に彼が目を醒ましたのはハルペルの幻影(幽霊?)から言葉を受けたから

      で、こうゆう場合にいつも思うのですが、FSSに関わらず創作作品内で過去の人物が当人だけに語りかけたり、「夢」というカタチでアドバイスをくれたりする時、それが本当に「魂や霊といった超常現象」でなかったとしたら、それは本人の心が見せている幻なのでは?と

      つまりあの場でハレーが見たインタシティの幻が発した「ダメですよ」という言葉
      あれってハレー自身が「今のままではダメだ」と理解していながら、認めるコトが出来なかった事実
      それをナルミの説教を切っ掛けに「認めよう」という気持ちになったから、なのではないかと

      …我ながら、ちょっと分かりにくい説明してますね
      あと、FSSでは魂の存在が普通にあったりするので、ワタシの考察は検討ハズレの可能性大ですがww

      駄文・長文失礼しました
      m(_ _)m
      2018/03/03 9:13 AM posted by: グッチ
      騎士警察さん

      ハレー自身が変われる(強くなれる)きっかけを既に持っていたんでしょうね。
      「これじゃダメだ」と心のどこかで感じていたかも知れません。
      インタシティの幻は本当の幻か?ハレーが勝手に作り上げた幻か?はわかりませんが。
      「本当の幻」…って書いてる私も意味不明ですが(笑)

      インタシティがクーンみたいに神化して幻として現れたのは… 詩女様がクリスの前に現れて「倒れないで」と言ったときと同じ感じかどうかはわかりませんが、私はハレーの場合は助けを借りず自分の力で立ち直って欲しいので、ハレーが勝手に作り上げた幻と解釈しときます。

      2018/03/03 5:31 PM posted by: 破烈の人形
      実はエンブリヨ隊で大隊長だったハレーはレスターと似たような
      感じですね。

      レスターは以前から元青銅騎士団の団員だった事は明かされてい
      ましたが、13巻で現団長のクローゼと団長の座を争ったと思われ
      る事が判明。ハレーより高い地位だった可能性が高そうです。

      ただ、こちらは死んでいるのでこの先活躍の機会はなさそうですが。
      2018/03/03 6:06 PM posted by: アイスクリーム
      皆さんお疲れ様です

      ハーレーのお話です
      へなちょこハーレーのイメージなんですが
      実は黒騎士凸やんも1巻の登場で雇われ騎士一発でソープにやられるヤラレキャラでした
      破烈さんの言われたレスターもメヨーヨのアシュラテンプルの餌食に…でもカイエンの足止めをしたりとなかなかの騎士
      で ハーレーは一応AP騎士それも大隊長だったりと物語の盛り上がりの為なのか強弱が曖昧ですね
      エピソード毎に主軸の騎士キャラはそれなりに皆強いのは間違いなさそうですね
      天位が有る無しは別として
      レスターは青銅騎士団長
      デコースは黒騎士
      ハーレーはAPエンブリヨ隊大隊長
      だからやっぱり凄い騎士なんでしょうね
      フィルモアのアルカナナイツに匹敵するぐらいなのかな
      天位騎士も初戦では命を落とすと言われるから
      騎士のランクじゃ語れない事もあるのかもしれないですね〜
      そんな中 アイシャの一撃から生き延びたジィットも強くなるのでしょうか?
      2018/03/03 6:32 PM posted by: 騎士警察
      >グッチさん

      ワタシもハレーが見たインタシティの姿は、彼自身の心が見せた幻だと思ってます
      だってその方がカッコいい(笑)し、ホントにあの場にインタシティの魂なりが降臨して説得されたのではあまりに安易ですしね

      騎士の強さの上下に関しては「火事場の馬鹿力」もアドレナリンの影響とかもアリだとは思います
      ただ、究極的には「気分の問題カナ?」ともww

      何しろ一般人の数倍・数十倍、或いは数百倍の身体能力を誇る騎士ですから、気分の上げ下げによるパフォーマンスの差も際立つのではないですかね?

      多分、スパークの「今晩のオカズは…キミだ〜(はぁと)」とか凸助の「ボクちんのシリアス顔は1ページしかもたねぇっての」辺りも、気分の上げ下げなのかなぁ〜と

      >破烈の人形さん、こんばんわ

      そう言えばレスターも「隊長」と呼ばれてましたね
      隊長、と言ってもピンキリですが、まあクローゼが団長になる為に追い出したなら大隊長クラスでなしょうか

      「ハメて追い出した」というのも気になります
      旧設定のキャラ解説では「ウモスの植民地政策に嫌気がさして退団〜」みたいな描写でしたが、そこに至る、もしくはその後の決定的な出来事にクローゼが糸を引いてたり…ですかね
      2018/03/07 1:21 AM posted by: ほりけん
      あの世界で騎士はけっこう煩雑に簡単に死ぬのではないでしょうか? 彼らしかGTMを動かせないとはいえ、その体に生まれつけば騎士職は付帯義務なのだし、国家運営・権力に係る職務とも言い難く、政権都合に殺されたりもする。 そんな中で正気なまま割り切って生き残り続けるのはそれはそれで稀有な才能かも知れません・・生き残った騎士が強いってのはメンタルのソレかも。 ある意味、親より血が近い同胞殺しの生業なので精神的にも病むのではなかろうか? 快楽殺人者では無いのに殺人も義務となるメンタルは自覚なくともやはり辛いでしょう。 故に生き延びている騎士こそが彼らにしても高評価になるのでしょう。 迷わず割り切れるってのは確かに強いのです。
      name:
      email:
      url:
      comments: