無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
第255回FSS考察「謎が謎を呼ぶ蘇り系」
0

    こんにちは、お疲れ様です!春、来ましたね!
    自分は北国ですが、大変暖かい日々が続く中…
    昨日から雪が降っております、ドウシテコウナッタ!?
    でも、今月下旬には桜も開花し始めるとかなんとか。
    ではでは、今日も金曜の午後をダラダラ乗り切りましょう!

     

    今日の話題は、皆さんがとても気になってるあの設定…
    そうです、超帝國剣聖を含む、蘇り系の騎士達の話。
    以前より、スパークの中に剣聖プロミネンスは存在しました。
    GTM設定となった連載再開後に、ポンとできた設定ではない…
    しかしながら、ツラック隊の盛り上がりの中、驚きでした。
    現在、プロミネンス、クルマルス、オージェが確認されてます。
    そして、あの謎の剣聖ハリコンも、超帝國剣聖だった様子。
    さらには、最新エピソードではジークの中にもトリハロンが。
    こちらは超帝國剣聖のリストアとは違うのかもしれません。
    意外と死んだり生き返ったりは、作中で昔からあります。
    今回は過去の連載を振り返りつつ、色々考えてみましょう。

     

    まず、主人公が神様なので、死んでも生き返ったりします。
    コミック六巻では、スカ閣下の巡洋艦にエアバスが接触。
    なんとか証拠隠滅ビームから逃れたものの、トドメの一撃。
    ブラフォードの目に捉まって、確実に人間として死にました。
    でも、分子レベルからでも再生できると豪語する余裕…
    だったんですが、謎の現象で神パワーが発動しませんでした。
    ヘルタワーの封印も弱まり、大変なことになりましたね。
    この、ソープに関しては神様なので、今回は除外しましょう。
    ソープと天照を真面目に語ること、それ自体が無意味ですし。

     

    で、次にログナーです…今流行りの異世界転生キャラですね。
    常に「強くてデータ引き継ぎチートキャラ」として生まれます。
    その理由は、ドウターチップと呼ばれる超帝國の遺産の力。
    ドウターチップに記録されたログナーは、死ななくなった…
    個体が死んでも、すぐ記憶や力を引き継いで生まれてくる。
    ここで疑問なのですが、ログナーと超帝國剣聖は違うのか?
    リストアと呼ばれる生まれ変わりは、ドウターチップなのか?
    自分としては、これは違うのではと思いますがどうでしょう?
    まず、ナインはドウターチップが最後の一つと言ってました。
    超帝國剣聖達に使ったから、最後の一つとも取れますが…
    それでは、オージェ達が「肉体は弱く」再生した意味が不明。
    ドウターチップは「完全な同一人物の再生」が可能な筈。
    ナオも言ってましたが、リストアした剣聖達は弱いみたい。
    多分、肉体は星団史レベルの騎士なのかなって思いました。
    因みにログナー、ナインの時代に剣客として生きてました。
    モナークの騎士ログナー…彼もまた、謎多きキャラです。

     

    さて、そんなこんなでリストア組、超帝國剣聖の皆様です。
    彼等は昔、ナイン同様に光結晶となって肉体を捨てたのでは?
    過去のヒトコマでは、昆虫人間みたいな人もいましたね。
    連載再開後は、ナインが謎の場所でタイフォンに出会う話が。
    完全に記録されてデータとなった人類に、人生を感じられない…
    そんなナインが、タイフォンを娶るエピソードに見えました。
    タイフォンがいたので、あそこがモナークの場所でしょうか?
    クラウン銀河の中心、時の止まった場所だと言われていますけど。
    あのデータ人間を否定したナインですから、肉体に価値を感じる。
    だったら、剣聖達がリストアで再び肉体を得るのもおかしくない。
    ただ、現在のララファがそうであるように、待機時間がある…?
    一度死ぬと、ログナーと違ってすぐに生まれ直せない様子です。
    また、無敵の超帝國剣聖もリストア後は「並の強さ」に。
    それでもナオや恋ダウドは強そうですが、弱体化だとか。

     

    そして、皆様御存知の詩女も、一種の同系列ですよね。
    継承者へ全ての記憶を引き継ぎ、引退後の詩女は守護霊になる。
    ナインから始まる全ての詩女が、連続したシステムになってます。
    詩女は人間の助言者、相談役であり、宗教でも統治者でもない。
    それ故に、激動のハスハで民に寄り添う拠り所となったのです。
    これもまた、超帝國の技術のたまもの、オーバーテクノロジー…
    ジョーカーの今の技術では、解析不能だった気がしますね。
    しかも、詩女は血縁同士ではなく、突然次に力が引き渡される。
    フンフトは詩女の力を失っていましたが、先代ムグミカが死亡…
    フェザードラゴンの幼生ヤンギに宿ったナインから再指名を。
    このナインを呼ぶために、ムグミカは敢えて死んだんですよね。
    他にも、一時代に二人、リトラがいたりと不思議な詩女の存在。
    歴代詩女は濃ゆいキャラばかりで、これからが楽しみですね!

     

    とまあ…あとは、ジョーカーの力でポーターが生き返ってるかな?
    厳密にいうと、死ぬギリギリ前で再生した…流石神様パワーです。
    FSSはおとぎ話、理屈や論理ではない神の力が当たり前の世界。
    だからこそ、神に抗う人間を描くことも、翻弄される姿も美しい。
    今後、リストア組やジーク、詩女の謎が解き明かされるといいですね〜

    | ながやん | 世界観 | comments(9) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - |
      Comment
      2018/04/06 4:09 PM posted by: アイスクリーム
      ながやんさん スレ立てお疲れ様です

      蘇説ですが…
      ログナーはいつの間にかAD世紀の「超帝国」が存在する以前よりジョーカー宇宙を守って来たカラミティ・ゴーダース星団皇帝(王)なってますよね…
      ドウターチップは関係ないみたいな感じです(笑)(笑)
      そもそもドウターチップ…ナインのつくったものなのか?さえ疑わしいですが
      物語中ではクローン人間のように記憶もよみがえってます
      最近の設定ではログナーの名を与えジョーカーを守る様に依頼したのは現在の主である天照帝とラキシスの娘カレン(嘩蓮)であるらしいですが 天照とラキシスを守護する役目を持っているらしいですね 
      この設定だとログナーは超帝国以前からの人間(?)だと思われます 
      超帝国剣聖時代には剣客として存在していたけど剣聖ではないですよねぇ…
      人類の歴史を知る人とムグミカも言っています
      そうなると、ナインが生まれる前の人ですね〜

      便利上ドウターチップで再生を繰り返しているのでしょうか?

      超帝国剣聖達は ナオが言った 『母様(ナイン)がこの世に現れた』との表現のとうり霊的現象に近いのかもしれないですね
      超帝国剣聖は全て存命とのこと
      生霊状態です(笑)
      蘇ると言うよりも相性の良い人に憑依すると考えると辻褄が合いそうです
      つまり身体は他人の物でも中身は超帝国剣聖
      もちろんある程度の能力が無いと大変でしょうねぇ 
      転生もしていなく本体は光子結晶体かも…
      魂というか記憶が星団の騎士に憑依するんでしょうね 
      ナインの復活が連鎖したと思える憑依かと 
      ナインもセントリーの幼生に憑依していると考えると追従するように憑依するのかと…
      ただ時間のズレやタイミングはマチマチみたいですね 
      ララファなんかナイン復活と関係ないみたいですし(笑)
      タイフォンをクラウン銀河中心に運ぶ役だったのか?
      ハリコンが亡くなった話がないので何ともいえませんが…

      今後 超帝国剣聖剣聖の憑依体が全て揃って出現するのも楽しみの一つです
      どの剣聖が誰の中に宿るのか?
      ララファはコーラスのようですが
      アトールやバングなんかも興味あるネーミングでミノグシア関係とサヤステ関係なんてのも…楽しみですね
      でも一番の興味はやっぱりカイエンの親父でしょうねぇ(笑)


      2018/04/06 4:13 PM posted by: 騎士警察
      ながやん様、スレ立てお疲れ様です
      北の方はまた一時的な寒さで、雪になったりもしてるようですね
      こちら関東は風強すぎで洗濯物も干せませぬ

      さて「黄泉返り」
      設定が二転三転するので混乱しますが、どうやら最新の設定ではログナーに使ったドゥターが「最後の一つ」では無くなっているのかもしれません
      と言うか、星団歴に「りストア」した超帝国剣聖にはドゥター・チップが使われているようです

      NT2017年3月号の扉解説によればドゥターは「記憶保存システム」とされ、覚醒した剣聖は当時の力を失った状態であると

      またログナーはモナーク・セイクレットによって記憶の継承が行われるとあるので、果たして現在のログナーに「ドゥター・チップ」が使われているのかいないのか…

      もし使われていたとしても、ログナーだけが「記憶と力」の両方を受け継いで再生出来るのは「モナークによって作られていた超人だから」というコトになるのでしょうけど
      2018/04/06 4:23 PM posted by: 騎士警察
      >アイスクリームさん、こんにちわ

      永野センセ〜のご贔屓キャラ、「目付きの悪いムッツリスケベのガキ上司」ことログナーさんはバンバン強さと設定のインフレ化が目立ちますね
      「超帝国剣聖騎士団の実質的リーダー」との記述を見た時は、ちょっと赤面した覚えがありますww

      ドゥター・チップは一応、「ナインが超帝国剣聖の数だけ作った」とあるので、製作はナイン(も可能)だったのでしょう
      発明・開発・設計までは分からないですけどね
      2018/04/06 4:55 PM posted by: グッチ
      レストアも詩女の記憶継承もナインの技術だから超帝国時代の技術と思っております。
      ログナーのドウターチップはアズテビュートより更にまえのモナーク紀のものかなと…。お姫様のおとぎ話に歪曲されて伝わってますけど、文明の大破壊があったために古のおとぎ話として伝承されているようなものですかね。

      レストアも光結晶も記憶継承もほとんど霊体や超常現象レベルですから神々の能力に近づいていたんでしょう。さすがに宇宙創造までとはいきませんが。
      ナインが見たモナークの人間達の光信号は私が思うに、クラウン銀河の中心は時が止まった空間ですので、ナインとタイフォンが出会ったあの場面はモナーク紀だったのでは?と思ったりもします。 どの未来or過去から訪れてもあの場所はモナーク紀の光信号が出来た時代ってこと。
      えー文章を書いていて自分でも何いってるかわかりません。
      2018/04/06 5:07 PM posted by: 破烈の人形
      ログナーはクローンのような形で数万体存在しており悪魔の襲来の
      度にその1体が戦っていたようですが、当然時代と共に減り続け最後
      の1体が星団歴2020年に現れたカラミティ・ログナー・ラスト1っての
      が現在の設定です。
      このログナーに9巻でナインがフォーカスライトに渡したドウター
      チップが使われ、それ以後のログナーはこれを使って復活してる
      ようです。3010年にもログナーは死にましたが、ドウターチップに
      より肉体の再生が始まり20年かけて記憶を流し込まれ復活したのが
      作中に登場している子供ログナーですね。

      同じくドウターチップで復活してるのが超帝國剣聖達ですが、彼ら
      は星団歴の騎士に記憶を流し込み意識だけ復活してるようです。
      なぜ記憶だけを復活させているかは不明ですが、彼らは9巻(AD.8383)
      の時点で光子結晶の体になっていたので、ドウターチップでは肉体
      を再生させることは無理だったのかもしれません。
      ニュータイプ2017年3月号扉の解説によれば、ナインがドウターチップ
      を作って超帝國剣聖を復活させているのはモナークで見たものと
      関係があるのかもしれないそうです。作中でナオが今の自分はかつて
      と違って人として生きられて幸せだと言ってる場面があったので
      普通の人としての人生を超帝國剣聖たちに与えようとナインは考え
      たのかもしれませんね。

      あと詩女ですが、デザインズ4に詩女の記憶継承システムによって生み
      出されたもう1つのシステムが外部補助的な記憶システムがドウター
      チップって解説があるので詩女のシステムとドウターにはかなり共通点
      があるようです。
      実際、詩女の記憶継承システムも別の人間の記憶を受け継ぐシステム
      ですから、超帝國剣聖の記憶を星団歴の騎士(ナオやマドラ)に受け継
      がせるドウターチップとはよく似た使い方ですから。
      現在、誰にも継承されていないムグミカの記憶もいずれマグダルに受け
      継がれるようなので、詩女たちの頭の中とは別に歴代の詩女全の記憶
      を保存してるモノが存在してるのでしょう。
      2018/04/06 5:46 PM posted by: 破烈の人形
      >>騎士警察さん
      デザインズ4でナインが最後に生み出したのが詩女の記憶継承システム
      でこれによって生み出されたもう1つのシステムがドウターとされてい
      るので、どちらもナインが開発した可能性が高そうです。

      また、ナインはドウターによる自己再生をどれほど行ったかは不明と
      もあるので光子結晶の体になるまでの数千年間はドウターチップを使
      っていたようです。
      だからナインはドウターチップで肉体も再生していた事になるので
      ログナーだけが肉体も再生できるわけではないのでしょう。

      2020年に現れたログナーの1代前のログナーが剣聖騎士団のリーダー
      をやってたそうなので、更に前のログナーはモンソロン帝のモナーク
      セイクレッド武士団でもリーダーをやっていた可能性があるでしょうね。

      今のログナーもミラージュ騎士団のリーダーですから。
      2018/04/07 10:40 PM posted by: 足立祐一
      原作の流れを読んでるだけだと
      ナインがフォーカスライトにドウターを渡してるなら普通はスバースに使うんじゃないのか?って思ってたんですけど、スパースは普通に転生が可能だから何かしらの打ち合わせがあったのか?

      超帝国剣聖達は初めての転生だったのか
      ハリコンからナインへ渡ったタイフォン
      その繋がりも気になりますよ
      ハリコンが転生したのは
      コーラスがモナークと関係あるのですかね
      アルセニックがタイフォンをコーラスに送り込んだのか?
      2018/04/07 10:51 PM posted by: 破烈の人形
      9巻のナインはドウターチップを渡す時に「受精卵からこれに情報を、、」
      と言ってたので誕生後の人間にはドウターチップは使用不可でスバース
      にも使えなかったのかと思ってましたが、現在では2020年に出現した
      ログナーに使ったようなので、このあたりは変更されてる可能性もあり
      ますね。

      ハリコンについてはどうやら今月号で色々と追加の設定が来てるようです。
      2018/04/10 6:19 AM posted by: 足立祐一
      ありがとうございます
      ハリコン新情報楽しみです

      もしかしたらフォーカスライト〜ミコトまでも
      転生か詩女と同じシステムがあるのかもと思いました、ミコト幽霊ですし
      name:
      email:
      url:
      comments: