無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
月刊NT2018年06月号ネタバレ記事
0

    昨日はすみません、ちょっと体調が悪くて…
    やですねー、五月病ですかね?(それは絶対違う)
    なにはともあれ、ようやく今月号のNTをゲット!
    今月も強力なネタバレ満載でお送りいたします!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ・今月のあらすじ
    フェイツ国のバランシェを訪れたショー・カムと璃理。
    束の間の穏やかな時間が過ぎ、子供達は育ってゆく。
    そんな中で語られる、ショー・カムの恐るべき病気。
    その名も、神経反応減退症…神経の働きが衰えてゆく。
    毅然と振る舞う璃理はオデットをめとり、時を過ごす。
    いよいよ別れも近くなって、明かされる夫の正体とは?
    内密に訪れた慧茄に、ショー・カムが命じたこととは?
    そして…恐るべき病は今、未来ある若者さえも蝕む…!?

     

    まずは扉絵、フンフト様ですね…相変わらずお綺麗です。
    沈黙の詩女と呼ばれ、柔らかな微笑みで全てを見守る人。
    ご両親はジュノーの人ですが、生まれも育ちもボォスです。
    で、ちょっと謎だったアルルと桜子のことも書かれてます。
    これは一度、きっちり考察せねばならない案件ですね!
    で…ええっ、ちょっと待って!クラックの正体って…!?
    ワスペン・ナンダ・クラックの正体がわかったかも…?

     

    他には、やっぱりかというショー・カムの正体が判明。
    ただ、彼の息子であるジークの「あの状態」は謎のまま。
    初代皇帝サイレンのリストアなのか、それとも憑依か…?
    どっちにしろ、サイレンとジークの状態は確信犯の様子。
    ジークが幼少期に名前がなかったのは、それが理由らしい。
    で、ラキが名付けた次の子が茄理ということになります。

     

    慧茄の庇護のもと、ダイ・グを次期皇帝にする流れが確定。
    その後は、ジークと茄理を守るために璃理ママも大修行。
    三度も慧茄に負けてますが、多分これがジークのトラウマ?
    わかりませんが、ジークも茄理も彼女の元を去ってしまう。
    茄理がバルバロッサ大帝の元で洗脳気味なのも、訳が…?
    ただ、やはりショー・カムは普通の人じゃなかったんですね。
    あとは…不穏な!いや、前からフラグバリサンだけど!
    この先に待つ悲劇、そしてジークがレーダー9世になる未来。
    結果がわかってても、過程を楽しめるのがFSSの良さですね〜

    | ながやん | - | comments(10) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - |
      Comment
      2018/05/11 1:01 PM posted by: 破烈の人形
      バルバロッサの力を抑えるためのジークボゥと茄里ですが、前者はフィ
      ルモアを離れ、後者はバシルの下で育てられてる状態。慧茄や璃里は
      2人を守りきれなかったということになりそうですが、ジークボゥの
      中にサイレンが居た事と関係がありそうです。

      2月号ではジークボゥが自分の中にいる誰かが母親や周りの人をおかしく
      してしまったと言ってるので、璃里が狂気をはらんだ目で慧茄に立ち会い
      を挑んだ事もこれが原因なのかもしれませんね。
      2018/05/11 9:28 PM posted by: グッチ
      ようやく読みました。
      今月号は深かったですねー。隅々まで理解して読んだわけではないですけど、まず感想を。

      ダイグはついにその時が近づいてきたようで… 騎士の血が濃い家系にはこの「負の遺産」も出やすいのでしょうか? 単なる不運な偶然でしょうか?
      コーラス家系、スバース家系あたりも血が濃くて、この病の発祥可能性は高いならば完全に「人体改造の負の遺産」ですね。

      あと、初代皇帝サイレンがジークにリストア?憑依?したのは偶然というより必然かなと。三王家の血が一つになった人物ならば頷けます。

      ジーク、考えれば凄い人物です。三色の皇子+サイレンですから。フィルモア史上MAX皇帝かも知れません。
      コーラスと主役の座を争うフィルモアにMAX皇帝出現!

      2018/05/12 11:23 PM posted by: ちゃんぷ兄
      先に桜子を産んで後からアルル、実の子が桜子でアルルは遅延化された別の受精卵?
      カイエンパターンだったとしても後から産んだアルルが桜子より歳上というのがどう辻褄合わせてくるのか楽しみ。
      アルルの正体はヤーンだろうが何だろうがもう驚きはしないですが。

      フィルモア帝国、はじまりと最後の皇帝がサイレンてのは綺麗にまとめて来たな。
      もしかしたらレーダー9の名称も変わるかな。

      ニュー=クラックも確定、何だか作者も展開を急いでる気がしますねぇ、物語も巻きに入って予想より早く完結させるつもりかもですねぇ。
      2018/05/13 12:03 AM posted by: 破烈の人形
      先月号でフンフトが先に産む子がフォルテシモ、次の子がシングと
      言ってるので、生まれたのはアルルの方が先なのでしょう。それでも
      2972年時点ではまだ生まれてないので、本編登場済みのアルルの姿
      とは辻褄が合いませんが。本来の年齢より若くするのならハリコン
      のように時間の進み方の遅い場所(モナーク等)に行く手がありますが
      逆の場合はファティマの育成のように成長を早めるくらいしか手は
      無さそうな気がします。それ以外だと時間を自在に移動できる懐園剣
      の力といった神の力を借りくるらいでしょうか。

      あと、出産に詩女の力が必要だったと言えば、カイエンやスバースの
      子が思い浮かびますが、アルルの母親も純血の騎士かもしれませんね。
      2018/05/13 1:49 AM posted by: 五つ星
      表紙で思考回路が停止して、なかなか漫画本編にすすめなかった・・・

      いつ生まれたか誰が母親かわからないとは。
      代理出産にダイヤモンドが関わっているとのことだけどアルルの成長速度に関してもダイヤモンドの仕業なのだろうか。

      父はハリコン(?)だとして本当の母は・・・
      懐園剣をなぜ引き継げるのかというところで考えると超帝国騎士もしくは、タイフォン?旧設定が生きてるならタイフォンもダブルイプシロンだからカレンのように産まれることができるのかな。(相手が神と人かの違いはあるし”出現”と産まれるとはちがうのかも)

      無いですね・・・この案は。

      書いた後でなんか週刊誌の下世話な追及のようでモヤモヤしますな。
      2018/05/13 5:01 AM posted by: ちゃんぷ兄
      破烈の人形さん
      そうでした。今月号の扉に惑わされてました。
      桜子が後ですね、となると胚の発生を遅延化させたのは実子の桜子ですね。詩女を更迭された原因は桜子ってのが頭にあったので混乱してました。

      アルルが「本来は着床できない強力な胚」となれば母親・ハリコン自身どちらか純血の騎士、もしくは双方純血、のパターンでしょうか。
      かの国・東の国が出し抜かれて怒る、・・・星団またはモナークなどで厳重に保管されていた「古の重要な因子を持った卵」をハリコンが無断で持ち出し、受精させた、ってとこでしょうか。

      時間を自由に移動できる壊園剣のせいで成長が早まった説はありそうですね。
      この壊園剣(雄剣)は星団の次元では抜けない物と思いきや調べたらノストスパスムスとタンツミンレを討伐したって見落としてました。

      これまでの流れを見ると結局のとこ超帝國剣聖も壊園剣同様にサタン襲来に備え現星団歴へ連綿とリストアされ、本来の力はサタン相手の時のみ解放する、という条件付けっぽいですね。
      2018/05/17 6:24 PM posted by: アイスクリーム
      グッチさん
      破烈さん
      ちゃんぷ兄さん
      五つ星さん
      皆さんお疲れ様です
      やっと読めた状態です
      フンフト謎の多い詩女ですね〜
      アルルの前に桜子なのか?とも思える内容ですが…
      本編登場のご懐妊状態の時はアルルなんでしょうね…(年齢的に判断するとですが…)メロディ家取り潰しはこの事件からなんでしょう
      はて?『私を産んで…かわいそうなお母様…』発言は桜子ですよねぇ…
      アルル出生にはまだまだ秘密がありそうです
      なぜにダイアモンドニューと関係しているにかの元にいるのか?
      ダイヤモンドニューと言えばモナークですよねぇ…

      ジークに関してはやはりというか…
      でも 『トラフィックス3・パルスエット編”二羽の小鳥”』終わりなんですよね?
      え?って感じですよねぇ…
      茄里も不明な点が多すぎですよねぇ…




      2018/05/18 7:39 AM posted by: グッチ
      アイスクリームさん

      おはようございます。
      この章でデコーズとヨーンの決着がつくと思ってましたが、まだ先みたいです。
      主役の座はハリコンとジークにもっていかれましたね。
      結果、こっちの話も面白かったから良しとしましょう(笑)

      一つ気になるのがデザインズにコーラス系譜のテノールコーラスの家系がゴッソリ抜けてます。これまた複雑な関係が出てきたらややこしくなりそうです。
      2018/05/18 2:20 PM posted by: 破烈の人形
      >>グッチさん
      テノールは王位継承前に事故死とされているので、子を残さずに死ん
      だのでしょう。家系図で彼の子孫が空白になってるのもそのせいです。
      ただ、ハリコン=ピアノの先例があったのでどうなるかわかりません
      けど。

      これとは別ですが同じデザインズ2のスバースの家系図ではヘリデ
      ・サヤステの子孫と思われるアルテン、イゾルデ、ヨースト等の
      サヤステ家の騎士達も入ってませんね。
      2018/05/18 6:01 PM posted by: グッチ
      破烈の人形さん

      事故死だったんですか。ならば系譜が無いのは納得ですが、かなり古い設定ならばこの先どうなるかはわかりませんね。
      実は子孫はいて、コーラスの裏から支えていた…とか。 何かダヴィンチコードみたいですけど。

      確かにヘリデサヤステ以降のサヤステ家が抜けてますね。
      あてずっぽで言うと、これはクバルカンのエピソードがあればその時に公開されるのかな。
      name:
      email:
      url:
      comments: