無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
第261回FSS考察「最新設定、最大の謎へと挑む!」
0

    はい、皆様お疲れ様です!とうとう六月、梅雨の時期ですね。
    自分のいる場所は北国なので、まだ少し先かもしれません。
    しかし、どんより曇って雨模様、梅雨遠からじって感じです。
    今日も妄想全開、空想MAXでFSS考察をお届けしたいと思います!
     

    さて、最新話で明らかになった、驚くべき設定が一つ。
    剣聖ハリコンは、生きていた!そして、成人していたのです。
    フンフトと不義密通を行ったピアノ・メロディなる人物…
    彼の正体は、ハリコンその人だったことが明かされました。
    しかし、そこで大きな謎が持ち上がってくるのです…
    そう、フンフトの子といえば、ナトリウム・桜子ですね。
    そして、腹違いの姉にアルル・フォルテシモがいた筈です。
    しかし、アルルの父親であるピアノは、実はハリコンだった。
    つまり、桜子とアルルは完全な異母姉妹ではないのですね。
    さあ、どういうことが起こっているのか、追ってみましょう。

     

    まず、何度も話題に出てますが、ハリコンについておさらい。
    最新の設定では、彼は超帝國剣聖ララファのリストアの様子。
    つまり、唯一純血の騎士ではないハリコンもまた、超帝國絡み。
    剣聖はこれで、全員が超帝國の関係者ということになります。
    剣聖の在位期間は星団暦2619年〜2620年の、一年のみです。
    この間にカリギュラと戦い、若くして命を落としました。
    そういうことになってましたが、ちゃっかり生きてました。
    しかも、成人した青年の姿になっていましたね…不思議。
    彼はなんらかの形で死ぬも、コーラスを見守っている様子。
    今はコーラス四世の周囲に、クローソーと一緒にいるのかな?
    まず、普通に生きてたことにびっくりしましたね(笑)

     

    では、最新号でも語られたフンフトが詩女の時代の話。
    星団暦2920年〜2961年の間、彼女は詩女を務めています。
    彼女から見て、ハリコンは300年も前の人間になりますね。
    しかし、ここで思い出してほしいのが、ハリコンの相棒。
    ダブルイプシロン型ヒューマノイド、タイ・フォンです。
    彼女は時間の止まったクラウン銀河中心部へと旅立ちました。
    モナークセイクレットの秘密を知り、ナインに会います。
    しかし、銀河の中心部は時間が止まっている…つまり!
    ハリコンも一緒に行けば、彼の成長も止まることになります。
    ハリコンの姿は、現在の連載ではせいぜい100歳前後かな?
    連載の姿は、タイ・フォンと別れて少しあとかもです。
    彼はピアノの名と共に、ユリケンヌを娶っている様子。

     

    さて、ここからが本題です…アルルはどこから出てきたの?
    フンフトが詩女の座を追われるのは、桜子の妊娠と出産。
    なので、その前にアルルは確実に生まれている筈ですね。
    アルルが姉ということになってるので、2960年以前の話。
    そのアルルが、桜子と共にフンフトのお腹にいた…?
    どうも、連載を読んでいるとそういう感じらしいです。
    そして、超帝國と詩女の力が、それを可能にした、と。
    フンフトの身体には、妊娠期間の異なる胚が同居した…?
    では、アルルは誰と誰の遺伝子を持った胚なのでしょう。
    ここには、ダイヤモンド・ニュートラルも絡んでいる?
    クラックの名が明かされた彼は、出産後に関係するのか?
    それとも…Crack(亀裂)の名前が暗示してるのは…?

     

    ここからはもう、完全に想像の範疇なんですけどもね。
    アルルが懐園剣とLH1アハメスを所有してるってことは…
    間違いなくこれらは、ハリコンから譲られたものです。
    しかし、その間にワンクッション、挟まっているのか?
    アルルを守り育て、継承させたのは…ニューなのか。
    ニューが拠点とした、イズモアストロシティなのかしら。
    そう仮定すると、出産以前の関係者は絞られてきます。
    そして、すげえ妖しいのが…やっぱタイ・フォンですね!
    何故、ラキシスと同じダブルイプシロン型なのか。
    厳密にはファティマではないということになります。
    そして、クラウン銀河中枢にて、モナークに触れた…
    その過程で、なにかがあったとしか思えないんですね。
    …もしやアルルは、ハリコンとタイ・フォンの子では?
    カイエンと真逆に、人間を借り腹として生まれたとか。

     

    桜子は「私を産んで詩女を追われた母」と言ってました。
    その桜子が、学校ではジークの先輩、ヨーンと同世代…
    連載でフンフトがラーンを去る原因は、桜子でしょう。
    フンフトと同時期、ニーゼル達もラーンを去っています。
    その直後に生まれたのが璃理、次がジーク、かなあ?
    であれば、その前に確実にアルルは生まれてる筈です。
    じゃあ、産んだのはフンフトじゃないという考えも…?
    ニューは少年期、宇宙でタイ・フォンに救われてます。
    その時、彼女とハリコンとの受精卵、胚を受け取った…
    そして、フンフトの中で着床させ、人知れず生ませた?
    どうしても一度、詩女のお腹を経由する必要があったとか。
    であれば、人知れず生まれてすぐ、イズモ行きかも。
    アルルほどの騎士が世に出ず成長した理由も頷けます。
    実は自分、アルルのファンでして…凄く好きな子です。
    凄く気になりますね…彼女の正体はなんなのでしょうか!?

    | ながやん | キャラクター | comments(8) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - |
      Comment
      2018/06/01 2:06 PM posted by: グッチ
      これは難しい…
      予想する前に把握できてない(笑)
      ながやんさんの予想から推測するとたクラウン銀河の中心で遭難した民間船の中にいたダイヤモンドニューがタイフォンたちに助けられ、その代わりにアルルの胚をジョーカーのフンフトの元に持っていくよう頼んだ。ような予想ですかね。 なんでフンフトかは不明ですが。
      クーンみたいにファティマの仮腹を使えばいいと思いますが、何か違うのでしょう。
      しかし、難癖つければ、アルルは浅黒い肌であるに対し、タイフォンもハリコンも色白だから(見た感じですけど) どうかな~?と。
      2018/06/01 3:08 PM posted by: 破烈の人形
      デザインズ4には桜子の誕生年が2961年と2974年の2通りの記述がありま
      したが、連載では2972年時点でフンフトがアルルと桜子を妊娠してい
      ました。そして、子を産んでいた事がバレて詩女を剥奪されたのが2974
      年だったので桜子の誕生も同年という事になるのでしょう。

      金剛は2930年生まれで少年時代にスターバーストに引きずりこまれそう
      になりタイフォンに助けられているので、その後にハリコンと共に星団
      に戻ってきたのかもしれません。

      ハリコンは2560年生まれで2619年にモナークに行ったとすれば当時59歳。
      仮に金剛が20歳の時(2950年)に助けられハリコンと共に星団に戻っ
      たとすると、その時点からハリコンも歳を重ねるので2972年には81歳。
      地球人では20歳くらいに相当するので作中での姿と辻褄は合うでしょう。

      13巻ではナインもモナークでタイフォンと会ってるので、タイフォン以外
      だとナインもアルルの遺伝上の母親の可能性がありそうです。その他に
      あそこに居る可能性がある人物ではモンソロン帝あたりも考えられますね。
      2018/06/01 6:02 PM posted by: アイスクリーム
      ながやんさんスレ立てお疲れ様です
      グッチさん
      破烈さん
      お疲れ様です

      いよいよ禁断の話題ですね〜
      まずは
      ハリコンは憑依なので超帝国の血は引いてないんですよね?
      疑問なのはグッチさんの仰るアルルが色黒だということ
      ハスハ色の服しかり必要以上に触れてます
      詩女フンフト ダイヤモンドニュー ハリコン そして桜子にナイン 全て肌の色が違います
      劣性遺伝としても 難しい?ですよねぇ…
      色黒と言えば超帝国剣聖に1人いましたね
      ここでバングの登場なのか?

      さらにはアルルの出生に詩女が絡んでいるという
      不可解な部分なんですが
      なぜに詩女フンフトが必要だったのか?
      以前スバースが詩女によってその血を薄め子を得たとのミースの言葉がありました

      そしてさらなる疑問は懐園剣の所有者であるという事
      それをアルルが受け継いで…
      つまりアルルが超帝国剣聖並の力の保持者
      又は憑依者という事になるのでしょうが

      色黒がとてもきになります
      アルルはハリコンの実子では無いと推測もできます

      タイフォンをモナークに置いてまで星団に戻り死の偽装に桜子の出産
      全ては何かを隠す為なんでしょうが…
      そもそもなぜにモナークに行ったのかも不明ですよねぇ…



      2018/06/01 6:53 PM posted by: 破烈の人形
      デザインズ2の時点でコーラスに強力な騎士の血が流れ純血の騎士の血統
      でもないのにハリコンのような剣聖が出ているのは、コーラスの先祖に
      超帝國の皇帝クラスの人間がいたためだとバランシェは推測していたって
      設定がありました。

      だからマドラと同様に星団歴剣聖の力を持つ騎士に超帝國剣聖がリストア
      した事になるのでしょう。

      肌の色についてですがデザインズ2のハリコンとアルルはほぼ同じになっ
      てます。肌だけではなく髪の色もほぼ同じですね。実は親子って事が
      明かされる前から同じメロディ家の人間だったので特に不思議な事だと
      は思いませんでしたが。

      懐園剣は、雌剣の方がハイアラキからカイエンの手に渡り現在はアウクソ
      ーが持っていますが、今のところこちらは所有者に超帝國剣聖がリストア
      してる設定は無し。雄剣もこの先マドラの手に渡り、ショウメ争奪戦で
      悪魔と戦う予定なのでアルルに超帝國剣聖がリストアしてる可能性は低
      いでしょうね。
      2018/06/01 10:18 PM posted by: グッチ
      アイスクリームさん

      UVカットだのヒアルロン酸だのギャグの話は一転して伏線かな?と思ったんですが。
      色黒の母親 …母親 …誰かいたかな?と記憶を辿りましたが、フンフトが身元がバレないように詩女の力かジョーカー科学力を使ってわざと浅黒ぐ産んだなんて考え過ぎか?
      まだまだ不明です。
      最近はネタ明かしが早いですからこのエピソードが終わる頃には判明しているでしょう。←考えても解らないことは楽観視(笑)
      2018/06/02 9:54 AM posted by: アイスクリーム
      破烈さん
      グッチさん
      ありがとうございます

      ただ単に詩女の妊娠を隠蔽する為 って
      サラッと終わったりするオチだったりして
      アルルはハリコンがモナークへ連れて行った後にニューに引き取らせイズモに隠してて
      次に桜子で暴露しちゃったってオチだったり(笑)
      ナインが全ての遺伝子を持っていて
      受精無しに皇帝や剣聖達を産んで(?)るんだから詩女フンフトにもできた〜〜って(笑)無理なんですよね(笑)
      ところでフンフトのトホホって解明されてないような…(笑)


      2018/06/02 1:33 PM posted by: 五つ星
      まさかタイフォン説でながやんさんと予想が一致するとは。ただダブルイプシロン型って神についていける寿命と力の可能性がメインで子供は2の次な感じ。でも関与はしてそうですよね。

      浅黒肌はコーラスには多いようですし、祖先かもしれない剣聖(レベルの騎士)は色黒だったのが由来なのでは…スキーンズはアラブ系(浅黒)、バングはアフリカ系(黒)でしたよね。
      2018/06/07 12:24 AM posted by: ちゃんぷ兄
      アイスクリームさん先々コメ欄ご挨拶どうもです。

      アルル、出産後に一気に爆発成長したと自分は思てます。あのズームみたいに。
      受精は桜子より先で、胚のままフンフトの胎内で数年遅らせて先に桜子産んで、後にアルルではと。
      確かに「先に産む子はフォルテシモ」って連載にはありましたがその次月号の扉のアルルの記述が何か妙に怪しくて仕方ないので単行本化の時点で訂正が入りそうな気がしています。

      遺伝上の母親はどなたでしょうかね。

      モナークで未来というか結末?まで見てきた子供剣聖ハリコンが星団へ帰還したのもサタン襲来対応に加えて自分が生殖能力を持てる身体になるため。 
      サタン戦で壊園剣によってララファ化するのも自分がそこで死ぬのも全てわかってるんでしょう。全てはモナークの予定通りに、と。

      タイフォンがモナークで何者かから預かった、若しくはモナークに予め用意されてあった卵を入手しハリコンへ渡した可能性もありそうですよね。

      タイフォンらより先にモナークへ辿り着いたというモンソロン帝が女帝で、ソレのだったら話的には面白いかな。

      ダブルイプシロンなのは莫大な時間を要するモナーク解析のためだと思ってましたが生殖能力がある可能性も大アリですね。 

      作者がどのような解答を用意しているのかいまから楽しみです。
      name:
      email:
      url:
      comments: