無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
第307回FSS考察「異界の悪魔と戦う者たち」
0

     

     はい、皆様こんにちは!二週間に渡るオヤスミ、本当にごめんなさい。実は本業?の原稿で大忙しでして…それもようやく、先日脱稿したところです。一言で言うと、修羅場でしたね…毎回そうなんですが、締切間際は「なによりティータ、君の顔がみたい!(ティータ的な異性がいるとは言ってない)」って感じです。
     まー、汗とションベンではないですが、部屋も散らかり放題。
     今月は少し片付けをしたりして、冬入りの準備をしたいですね。
     さてさて、いよいよネタバレ全開で書かせていただきます。連載最新話、いよいよミスト・ブレーカーが覚醒!その正体と、以前の持ち主たちについて語りましょう!

     

    ・ミスト・ブレーカーってどんな武器?
     ミスト・ブレーカーの正体が今回、明かされました。それによって、過去の設定との整合性を考察し(妄想し)楽しく補完していく必要がありますね。はい、FSSじゃ日常茶飯事だぜ!ってやつです。

     

     旧設定におけるミスト・ブレーカーは、雌剣(光剣)と雄剣(実剣)がありました。マグダルの話では「雌剣はこっち、雄剣はあっちでしか抜けない」と言われてましたね。これを当時、「こっち、はジョーカー星団」「あっち、はタイカ宇宙」だと考察されてきました。当時はまだ、ヴィーキュルの設定や登場は少なかったですしね。マキシが継承し、そのままタイカ宇宙に持ってくのだろうと思われていたんです。
     また、ミスト・ブレーカーの正体は「時間と空間を無視して必要な時に現れる武器」であり、その製作者は天照とラキシスの娘、カレンです。彼女によって、とある星の最終兵器ビュランコートが姿を変えた姿と言われてきました。

     

     さて、今月号で明らかになった新設定のお話です。
     まず、ミスト・ブレーカーはカテゴリー的には「質量兵器」、それをナインはかつて「遊星兵器」「プラネタリ・ウェポン」と名付けました。文字通り、太陽系まるまる一つが詰まった剣で、重さも質量もないとのこと。質量兵器というのはようするに「でけぇ質量でブン殴ると痛いぞ」というもので、ガンダムでよくやってる隕石落とし、コロニー落としが代表的ですね。また、トップをねらえ!2では、惑星の核そのものを宇宙怪獣にぶつけるという荒業もありました。質量の大きさこそがパワー!という訳です。
     では、かつてミスト・ブレーカーを奮ってきた戦士たちをページ順に振り返りましょう。

     

    1.スキーンズvs"ノストスパスムス"
     マドラが最初にあげたこのマッチアップは、実は今の時間軸(星団暦3030年前後)より未来の話らしいです。スキーンズとはカイエンの父親で、妻のヤーン共々御存命…恐らく、ナイン本体の側にいるのではないでしょうか。そして、彼が戦に出るタイミングで、公になってる年表上のイベントだと…スタント遊星攻防戦がありますね。この戦いは未だ謎に包まれてますが、ミラージュ騎士団と超帝國剣聖、さらにはセントリーまでも一緒になってヴィーキュルと戦うことになってます。この時、恐らくスキーンズはミスト・ブレーカーを使うのでしょう。
     余談ですが、最強剣聖の一人であるマキシはこの戦いで戦死し、その魂がタイカ宇宙へと召喚されます。極めて危うい人格破綻者だったマキシは、タイカ宇宙で生まれ変わることで、ようやく人間の情緒や理性、感情といったものを学んでいくことになりますね。

     

    2.ログナーvs"タンツミンレ"
     ちょこっと子供ログナーが名前を出したことがあって、タンツミンレの名前は聞き覚えのある読者さんもいらっしゃるかと思います。これが千年前の戦いなので、なんと星団暦2000年代初頭ということになります。この時期のイベントは、ラーンの東宮西宮の乱、そして天照の誕生…ログナーは2020年にタンツミンレとの戦いで死亡し、ドウターチップによって現在の「完全に記憶と人格を維持して何度も生まれ変わる姿」になりました。
     ところで、どうして天照はログナーにたった一つのドウターチップを使ったのでしょう?多分、単純に「友達だから」じゃないかと思うんですよね。悲しみを知らなかった当時の天照は、大切な者の死を受け入れられなかった。人として死なせてあげることはできなかったんだと思います。単純に「いいものだからずっと側にいて」くらいの気持ちだったような気もしますね。尚、ログナーは超帝國時代にもナインの剣客として招かれています。これは遠い過去なのですが、恐らく普通の人間ログナーがドウターチップで今の超常存在になって、そこから過去に行く、ないし過去で再生される、等があるのかもですね。

     

    3.ララファvs"カリストチェル"
     ここで言うララファが、超帝國剣聖のララファなのか、ララファのリストアであるハリコンなのか、ちょっとわかりません。ただ、遥かな時空という言葉は「モナークのあるクラウン銀河系中枢」とも取れるし「超帝國時代の遠い過去」とも取れるし…なかなか小憎いぼかし方ですね。ロマンがある。
     ただ、恐らくこれはリストア前、オリジナルのララファの話なのではないでしょうか。何故なら、剣聖在位僅か一年で死んだと思われたハリコンは、生きてました。無事にモナークのあるクラウン銀河中枢から戻り、フンフトと愛を育んでいます。ひょっとしたら、今でも生きてるかもしれない…そんな疑惑すらあります(笑)そして、ララファには「何故かあれ以来、リストアしてこない」という現状の状態をクルマルス(ナオ)が語ってました。これが、カリストチェルによる妨害、戦いの代償なのかもしれません。

     

    4.アズデビュート大帝vs"ダリスドゥバーズ"
     今まで、モンソロン帝アズデビュートと呼ばれてた人物の時代、AD世紀(超帝國時代)より更に過去の話です。また、今回はアズデビュート大帝に「数式生命」という称号がついているのが気になりますね。こうなるともう、人間の姿をしてるのか、物質的な肉体を持っているのかも怪しくなってきます。

     

    5.アイエッタvs"オピクル"
     ソープがバスの中で子供に語った、五つの星の物語に登場する二人です。アイエッタには今回「モナークの素子姫」という称号がつきました。そして、彼女がオピクルと戦った時代は、現在の物語の中で最も古い時代、最も過去の出来事ということになりそうです。
     つまり、そんな大昔から…FSSという物語の最初から、モナークは存在した。
     モナークを見たナインは、完全にデジタルアナライズされた人類の姿を見ました。時間の止まった場所ですので、もはや過去も未来もない世界です。そこには、あらゆる人間が情報化されて保存されていたのです。恐らく、アイエッタもその一人ではないでしょうか。素子姫の名の通り、モナークは人間を素子(電子機器や回路等を構成する最小単位)にして、保存するシステムなのかもしれません。
     そんなアイエッタがジョーカー星団を守ったとあるので、既にジョーカー星団が存在する程度の昔です。となれば、ボォス(カーマインプラネット)を舞台に、わざわざ実体化してモナークから来てくれたアイエッタが、オピクルと戦い生命の代価でセントリーを五匹呼んだ(その時まだ、ジョーカー人はこの星にはいない)という、五つの星の物語との辻褄も合うのではないでしょうか。

     

    6.さらに謎は残る
    ざっと読んでも、膨大な情報量で多くの謎が残ります。そのどれもが、新しく出された宿題のようでもあり、さらなるFSSの奥深さに引きずり込まれるかのようです。

     

    ・ミスト・ブレーカー登場時の赤子の声は誰か?
    ・何故、今回はイースター太陽系を吸い込み顕現したのか?
    ・雌剣にも同様の力があるのか?
    ・マドラと話していた"式神オフェロス"とは誰か?
    ・どうして今回に限り、女性型のヴィーキュルばかりなのか?
    ・女魔帝サタネル・"ゴリリダルハリ"とは何者なのか?

     

     いやあ、謎が謎呼ぶ展開で、ワクワクしましたね。さらには、来月にはとうとう最新の単行本が出ます。また一つ、ジョーカーの歴史は結末へと前進した訳です。いやほんと、最近永野護先生は仕事しすぎじゃないでしょうか。休載がないほうが不安になる、そんな古参ファンも多いかも知れませんね(笑)

    | ながやん | ストーリー | comments(14) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - |
      Comment
      2019/11/01 5:38 PM posted by: 騎士警察
      >ながやん様、スレ立てありがとうございます。お疲れ様です。
      この先も年末に向け、お忙しさは続くでしょうがご自愛くださいませ。

      さて、今回はミスト・ブレイカー懐園剣がお題ですね。
      因みにの剣の名前が剣聖ダグラス・カイエン由来だというのは、今回初出でしょうか?
      またお伽噺では儚げな姫君だったアイエッタが、実は懐園剣を手にして戦ったとか…色々と驚くような小ネタが散りばめられてました。

      残る謎の幾つかですが、ワタシ的には登場時の赤子の声の主はマキシ。
      設定が変わっていなければ、懐園剣の最終的な持ち主は彼の筈。マドラの「なるほど、それで…」というのは、まだ生まれたばかりのマキシは戦うコトは出来ないから?
      式神オフェロス、の正体(?)は懐園剣そのもの。
      もしかしたらビュランコートの別名、もしくは設定変更による改名とかなのかもしれません。
      そうなると"本来の主"もラキシスになるのかも。
      だとすればマドラの「私もしもべの一人」という言葉にも、納得出来るような…

      まあ、いつものようにワタシの個人的な妄想ですけれど(笑)

      2019/11/01 6:51 PM posted by: 破烈の人形
      かつて連載扉に懐園剣の解説が出た時には逆にこの剣からカイエンの名を
      付けた推測されるとされていましたがそれが逆転したようですね。
      ただ、9巻ではカイエンが生まれる前からスキーンズが雄剣を持っていたので
      その頃には剣は別の名前で呼ばれていたのかもしれません。

      アイエッタがOPQLと戦ったというのも、おとぎ話で彼女に命の水が使われた後で
      あればわかる気もします。

      しかし太陽質量をもつ棒でぶっ叩いてもすぐに再生するような連中となると
      AD世紀の超帝國剣聖やGTMの攻撃なんて通じるとは思えないのですが
      今回の悪魔たちは過去に来たものより遥かに強力なのでしょうかね。
      2019/11/01 7:50 PM posted by: 騎士警察
      なるほど!
      >破烈の人形さん、ありがとうございます。
      当初は逆の設定だったのですね。
      あの剣の性質上、スキーンズより前の持ち主が誰かはややこしいですが、「ミスト・ブレイカー」という呼び方は誰が付けたのかなぁというのも気になります。
      "この世のモノでは無いモノを打破する剣"としては相応しくもありますが、逆にストレート過ぎて安直にも感じます。
      この呼び名が連載上、あるいは設定で
      で最初に記されたのはどのタイミングでしたっけ?
      ワタシが覚えているのはアルルを監視してたカリギュラのメンバーの台詞が最初だったような…
      と言うか、この名前で呼んでるのってカリギュラの関係者だけ?

      2019/11/01 9:05 PM posted by: 破烈の人形
      アルルをつけていたEV3がミストブレーカーの名を出したのは2004年6月の
      連載でしたが、その前の号の連載扉にも魔導大戦パート3「ミストブレーカー」
      の名がありました。おそらくこれが最初ではないかと。

      名前については斬り(霧)壊す→ミストブレーカーというダジャレでは
      ないかという予想が某掲示板にあったのを見た気がします。
      バーシャが黒き死(黒騎士)の女神なんてのもありましたね。
      2019/11/02 8:03 AM posted by: 騎士警察
      斬り(霧)壊す!
      その発想はありませんでした~(笑)
      色々なコトを考えてる方がいらっしゃるんですね。
      あ、さっき気付きましたが大改変前は"壊"園剣ってなってますね。
      「壊」と「懐」では当然意味が違いますが、そこにどんな意味が込められているのか…

      2019/11/02 10:27 AM posted by: 破烈の人形
      壊になってるのは連載扉で詳しい設定が出た時だけで、改変前でも他の時は
      懐なので誤植の可能性もあるかと。
      2019/11/02 1:50 PM posted by: 騎士警察
      んっ~…
      あっ!?
      リブート7巻ではEV3の台詞のルビも"壊"ってなってるのに、12巻だと"懐"に訂正されてます~

      …こりゃ"壊"は誤植か…
      ただ「ナイトフラグス」のハリコンの項では、やはり"壊"になってます。

      ええいっ!どっちなんじゃぁぁっ!

      きちんと説明されてるのに間違える"スイート・ワーナー博士"の例もありますしねぇ(笑)

      2019/11/02 4:15 PM posted by: 破烈の人形
      ああ、他にもありましたか。
      これ以外だと9巻巻末のスバースの解説では懐で、同じ説明がKFと
      リブート6収録の1998年1月号の連載扉にも載っています。
      9巻の単行本で加筆された187ページでカイエンが着てる服には壊園の
      文字がありますね。
      2019/11/02 5:49 PM posted by: 騎士警察
      >破烈の人形さん、ありがとうございます
      おっとぉ、そうなるとKFでは一冊の中で二つの表記があるコトになりますね。
      更なる混乱の元が…

      後、ワタシの手持ち資料ではデザインズ2のハリコンの解説(KFと同じイラスト使用)では"懐"でしたね。
      因みにカイエンの漢字の当て字が初めて出てきたのでは?と思われるシーンでは"懐燕"でした。

      まあ、こんな細かいコトに拘るのもなんですけどねぇ
      2019/11/02 6:51 PM posted by: 破烈の人形
      懐燕は6巻のキュキィのセリフですね。確かにこれが最初かもしれません。
      副読本は連載の扉等に出た設定をまとめて収録してる場合もあるので
      同じ本の中でも設定や表記が異なる事もありますね。
      KFのハリコンの解説も初出は1999年12月号の連載扉でこちらも壊に
      なっているようです。

      これ以外だと大公と太閤が誤植なのか混同してるのかわかりませんが
      表記が変わる事があったように思います。
      2019/11/02 11:05 PM posted by: シケルブ
      新設定の懐園剣は、まだマドラが半覚醒の状態で本来の破壊力を出せてない?状態ですよね。

      太陽質量を今月号でぶつけていたなら、えらいことになるやら、、、

      破裂の人形さんが仰る通り、歴代サタンロードを撃破したのが懐園剣を持った超帝國剣聖達になるとまた、パワーバランスに大きな矛盾が出てきますね。ログナーは懐園剣などなくても勝てるはずでしたが。
      2019/11/05 7:56 PM posted by: ハマ
      ながやんさん、皆さん、はじめまして。
      いつも楽しく、興味深く拝見しておりす。宜しくお願いします。

      赤子の声?の本人ですが、7月号で天照からラキシスのところに行くように指示され、星団に姿を変えてミスとブレーカーと融合したジョーカーではないかと推測していました。『ぶ…き…』て言葉もジョーカーに似合うし。
      2019/11/05 11:27 PM posted by: 破烈の人形
      懐園剣を使うのがジョーカーならずっこけた拍子に剣が地面にあたって
      ボォスが粉々に、、なんて事になる危険性が。
      2019/11/06 4:30 PM posted by: 明智紫苑
      こんにちは。懐園剣の「懐」と「園」という漢字二文字で、唐突に中国戦国時代の楚の「懐王」と「李園」を連想しました(本題と全然無関係ですみません)。FSSは「3159」以降は『キングダム』と『達人伝』の同時進行みたいな感じになりそうですね(実際、あちら双方の時代がかぶっていますし)。
      name:
      email:
      url:
      comments: