無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
第311回FSS考察「タイム・パラドクス?」
0

     はい、皆様お疲れさまです!師走ですね、師匠も走る季節ですね。FSSだと、ハイアラキ師匠やロードス公が走ったりするんでしょうか。この時期はお茶や踊り、お花の先生が月謝の未払い分を回収するため、江戸を走り回ったため師走というそうです。

     さて、今日は最新号と単行本、どっちの話をしようかなと思ったんですが…まずは、月刊NT誌の最新話についての、ちょっとしたお話をしたいと思います!

     

     ドラえもんのエピソードに、こんな話があります。
     のび太の宿題を引き受けたドラえもん、しかしあまりに多過ぎて朝までに終わりそうもない。そこでドラえもんは、タイムマシンを使います。二時間前、四時間前、六時間前、八時間前から、それぞれ自分…未来の時間軸のドラえもんを連れてきます。
     そうして五人がかりで宿題は終わりました。
     ところが、寝入って二時間後、二時間前の自分が迎えに来ます。
     渋々二時間前に行き、宿題を手伝う。
     戻って寝ると、今度は四時間前の自分が迎えに来る…
     これはコミック五巻「ドラえもんだらけ」というエピソードです。あの伝説の名台詞(迷台詞?)の「やろう!ぶっころしてやる!」も見られますね(笑)

     

     昭和の時代だった当時は、タイムスリップものでは常に「過去、現在、未来が一本に繋がっている」と考えられていました。そもそもドラえもん、のび太の「ジャイ子と結婚する未来」を改ざんするために現代にやってきてますしね。
     過去を変えることで、現在と未来も全く変わってしまう。
     これは名作映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でも同じ世界感です。
     それ故に、多くのSF作品では過去への干渉は制限されてきました。
     さてさて、我らがスーパーおとぎ話、FSSではどうでしょうか!?

     

     今月号でついに、先月号の星団暦7444年のカラクリが明かされました。
     ええ、女魔帝ゴリリダルハルがラキシスの変貌した姿では?という自分の予想、これは全く的はずれでしたね。また、ヴィーキュルたちがツインスイング関節を持っていることも、直接GTMとは関係ありませんでした。この時代に干渉するにあたり、GTMを参考に自分をパワーアップさせた、的な解説をポーターがしてくれましたね。
     ラキシスたちが閉じ込められた空間は、約55億年後のボォス星、シャルデファーという地名の場所です。この55億年後というのが、宇宙を旅するザ・ウィルの船内時間では星団暦7444年ということになります。
     つまり、ヴィーキュルはラキシスたちをタイムスリップさせたんですね。
     恐らく、ヴィーキュルに「星団暦に干渉しない戦場」を用意する必要があったのかも。

     

     で、さらには…ヴィーキュルたちの再生能力についても、ポーターから解説がありました。ヴィーキュルたちは、55億年後のボォスにラキシスたちを誘拐、監禁しています。そして、自分たちで用意した戦場に、ヴィーキュルたちが実際に存在する時空から分身を送り込んでいるようなもんなんですね。
    この際、55億年後のボォスを維持するエネルギーを持ち込んでいます。
     それは同時に、自分たちをその時間と空間に固定するエネルギーでもあります。
     そして、攻撃されても再生するヴィーキュルたちのカラクリは…実は「持ち込んだエネルギーを使って、元からヴィーキュルがいた時空から無傷の自分を持ってきている」というものでした。

     

     さあ、ちょっとややこしくなってきましたね?
     ここで冒頭、ドラえもんの物語を思い出してみてください。
     例えば、女魔帝ゴリリダルハルが傷付いたとします。彼女は、元いたヴィーキュル時空に存在する本体から、無傷の姿を持ってきて補填します。
     では、元いたヴィーキュル時空は、過去でしょうか?
     それとも、未来?
     過去であれば、傷付いたゴリリダルハルは、既に以前「未来の自分に肉体を与える」という経験があったことになります。…ドラえもん理論でなら、ですよ?逆に、未来であれば、再生した今のゴリリダルハルは、今後いつか過去に肉体を与えることになります。
     勿論、ヴィーキュルも神々と同等、時間や空間の制限がない存在でしょう。
     ミスト・ブレーカーが星系一つ分の質量を持ちながら、剣のサイズなように…ヴィーキュルに関しても恐らく、質量や時間軸、そして空間や次元の論理すら超越しているかもしれません。

     

     現代のSFでよく使われる時間軸の概念は「平行世界の可能性理論」みたいなものです。例えば、バタフライ・エフェクトという言葉がありますよね?これは「地球の裏側で蝶々がはばたくだけでも、世界のあらゆる事象が影響を受けるかもしれない」というものです。
    南米のジャングルで、蝶々がはばたくか、それともはばたかないか。
     たったそれだけのことが、ありとあらゆる事象に影響するとしましょう。
     宝くじがあたるかどうか、恋人への告白が成功するかどうか、運命の出会いが起こるかどうか…そうしたものが、ささいで無関係に見えるものと繋がっている。
     このバタフライ・エフェクトと関連付けて考えられているのが、平行世界の存在です。これは「過去を変えると、現在や未来も変わる」という、いわゆるドラえもん世界の理論とは異なります。つまり「過去を変えると、今までの現在や未来と別に、平行世界の現在や未来が生まれる」というものです。単純に世界が分岐して枝分かれする。そして、今こうしている間も世界は無限大の可能性で並行世界を増やし続けているという訳です。

     

     例えば、ゴリリダルハルが過去の自分を持ってきて、傷を再生させるとします。すると「未来の自分に身体を取られた自分がいる世界線」と「未来の自分になにもされていない自分の世界線(元のいた世界線)」が生まれる訳です。ちょっとややこしいですね…ようするに、ヴィーキュルたちは無数の並行世界から自分を持ってきて再生するのですが、過去や未来の自分に不都合が起きたりはしないのです。
     ただ、この再生を行うために、持ち込んだ膨大なエネルギーを使っているようです。
     そしてそれは、マグナパレスのバスターランチャー三連発で吹き飛ばされました。
     で……トドメにポーターは、ノヴァフレームを使うそうです。しかも、すえぞうがデルタ・ベルンを消し飛ばしたものとは、比較にならないくらい強い威力だそうで…大丈夫ですかね?ラキシスたち、無事に元の時代に帰れますかね?
     因みに当たり前ですが、ここでラキシスが死ぬと…本当にラキシスは死んでしまいます。星団暦3035年、元のラキシスがいた時代の人間から見ると、突然ラキシスが消えたように見えるでしょう。実際、AKDでは「旅行中の姫様の反応が突然消えた!?」と、パニックになってるかもしれません。ラキシスが突然消えたので、天照は恋ダウドにマグナパレスを貸し、ポーターもそれを察知してやってきたのかも。
     さあ、新年になればいよいよ決着でしょうか!?
     来年もFSS、盛り上がっていきたいですね!

    | ながやん | 世界観 | comments(6) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - |
      Comment
      2019/12/20 11:05 PM posted by: 足立祐一
      うむむ

      のび太が、ジャイ子と結婚しようが
      しずちゃんと結婚しようが
      未来ではセワシが産まれてくる
      その帳尻合わせができるんですかね

      ヴィーキュルたちの再生能力
      タイムふろしきみたいな感じ笑
      もしくはセーブポイントを用意してて
      何度でも元に戻せるのか
      でもエネルギーがないと
      セーブポイントも維持できないみたいな

      因果律無視の神々の力ですからね
      それこそモナークみたいな機能を
      神々は能力として持っているのかもしれませんね


      2019/12/22 3:15 AM posted by: ほりけん
      そそ、セワシ君はそう確信し未来の改変を期待してドラえもんを渡すのでしたね・・昭和懐かし。

      FSS世界での全能神達は全時空に存在しているはずですから、どの平行世界にも同時に存在する同一の存在となるはず。或いはエイリアスがその概念の体現かも知れません・・そんなの考えた事も無いな(笑)
      これに対しヴィーキュル種は幾つかの並行世界を行き来する力を有するが、未だ全てでは無く干渉できぬ時空間もある・・でしょうか? すえのドラゴンドロップが割れたときの共鳴音がず〜っと全領域に鳴り響いたままだとしたなら確かにその秘密を知りたいのは道理かも。

      とはいえ勝負の行方はヴィーキュル側がラキシスの存在なり正体を知らなかった時点で見えた気がしますが・・。
      2019/12/23 10:38 AM posted by: 騎士警察
      ながやん様、スレ立てありがとうございます。

      結婚相手がジャイ子であろうがしずちゃんであろうが、セワシへ繋がると言うことは…野比家の血統の濃さ、恐るべしって事ですかねぇ~。もっとも、何故かのび太の母親の方に野比家の特徴が出てるようにも思えますが(笑)

      パラレルワールド、並行世界からの力・エネルギーの供与となると宝石剣ゼルリッチ。或いは秘剣・燕返しといったトコロでしょうか。

      そういや、永野センセ〜は「この子孫がいるから、この先祖(親)がいる」みたいのがFSSでは良くある、みたいなコトも言ってましたっけ。
      因果の逆転というか、未来ありきの過去を見せられてるのがFSSの本質なのかもしれないですね。


      2019/12/24 7:58 PM posted by: ちゃんぷ兄
      ラキシスの反応が消えてからではなく、ゴリさんらが現れるのを事前に察知してマドラ・プロミネンス・スペクター・ポーターをラキシスガードとして送ってあるんですよね。
      なぜ帝が”行けなくなっちゃった”と言ったのか謎ですね。
      完全体アマテラスになる前の不完全体ではサタンたちを前にすると何かしらの制限があるのかな。

      スペクターが逃げたってのも案外この後の激しい男性ターンの伏線ですかね。
      2019/12/25 10:02 AM posted by: トランキーロ
      最近の描写からFSSの世界は恐らくデジタル仮想空間なので、
      ゴリリダルリハは単にバックアップから自らを再生させているので、過去に何ら影響はないかと。
      パソコンで壊れたファイルをクラウド上のバックアップから修復するのと同じですね。

      モナークとはいわゆるネットワークサーバー。
      ヴィーキュル達は別のネットワークから、ジョーカー星団のネットワークに干渉してきてる、いわゆるウィルスなのだと思います。

      そう考えるとアマテラスはネットワーク管理者で、ウィルス除去ソフトの役割がツァラトラだったりJOKERだったりするのかな。
      2019/12/26 10:10 AM posted by: gumi
      個人的には、高次元の存在ががジョーカーを見ているのって、読者である僕らがと完結した漫画を読む関係に近いのかと考えてます。
      いつでも好きなところを読むことができるし、なんなら二次創作して好き勝手な分離世界を作ることもできる。(もちろん本人の技量にも影響される)
      だから時間にも空間にも影響を受けない。
      作者(アークマスター)レベルになると自分をその世界に入れて新しい話を作り上げることもできる。
      まあ、だからなんだ、と言うことはないのですが。
      name:
      email:
      url:
      comments: