無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
第327回FSS考察「本当に悪い奴とは」
0

     

     はい、ドーモ!豪雨だなんだで、梅雨っていうよりもう雨季?みたいな感じになってますね。被災された皆様、御愁傷様でした。心身の回復と復興を、心よりお祈り申し上げます。
     あ、さて…最近ちょっと、ユライヒについて考えてました。
     過去には、U.R.I.、ユーリヒなどとも呼称されてきたキャラです。
     彼はカレンのパートナーで、MMTデモンを駆るタイカの救世主…の、筈だったんですけどね。現在の新設定では、世界の滅亡、人類の剿滅を目論む独裁者となっています。むしろ逆に、アンカー亜族側のリーダーであるシルミラーの方が正義の味方っぽくなってる。
     カレンを手元に置くのも、ユライヒにとって驚異であると同時に、強力な戦力だから。デモンとバイナスは陰と陽、どちらかが出てるともう片方は出現できないカラクリになってるそうです。
     そんな訳で、今回は久々に「ファイブスター物語の悪役」を語りたいと思います。

     

     

     

     今までFSSには、多くの悪役が出てきました。小物なユーバーから、列強各国のマリオネットだったアルメメイオス女王。一流軍人だったメイユ・スカ、そして古代の邪悪なる遺産ボスヤスフォート…この序列の中に、ユライヒもこの度めでたく並ぶこととなりました。
     ただ、FSSでは常に「単純な二極構造の勧善懲悪」は少なかったように思えます。
     例えば、アルメメイオス女王はハグーダ軍を率いて、コーラス王朝へと侵略戦争をしかけました。彼女自身の野心もありましたが、自国の国民のためでもあったでしょう。そして、そんな彼女を背後で操っていたフィルモアやクバルカンもまた、自国の権益や国民の豊かさが念頭にあったかと思います。
     ボスヤスフォートはちょっと、あの人は本当にわからないですけどね(笑)

     

     正義の反対は悪ではなく、もう一つの正義。

     

     そういう多面性のある社会構造を描くことで、物語に立体的な奥深さがありました。FSSでは「前のエピソードで悪役だった国が、次のエピソードでは主人公サイドになる」というのも、珍しいものではありません。
     そんな中、タイカのジューヨー亜族の長、大権使ユライヒの衝撃の設定が明かされました。彼は、タイカ宇宙の平和のためには、全人類が滅び去ることが望ましいと考えているようです。そのために、人類絶滅兵器MMTをクエーサー人と作ったとか…しかも、自分の意志に逆らう者たちは、敵味方を問わず消しまくっているらしいです。
     なんでこんなことになってしまったのか。
     実は、最初から想定されていた設定で、三十年近く伏せられてきたのか。
     この謎の鍵を解くのは、意外にして当然なあのキャラクターが必要なのです。

     

     

     

     皆様、FSSの主人公である天照のことは御存知かと思います。
     昔、作者の永野護先生が「天照は悪だよ」と仰ったことがありました。随分前の話ですが、この言葉の意味はなんでしょうか?不完全とはいえ、天照は光の神です。ラキシスと合一して全能神、天照大神になる前の段階でも、物語の主人公として非常に好ましい言動を見せてきたように思えます。
     しかし、彼は母親が処女懐胎で産み落とした、全く感情や情緒のない物体です。
     故に、レディオス・ソープとなって多くの人に接し、そこで得た知識を使って「人間に対する条件反射としての感情表現」を訓練しているんですね。だから、天照が心の底から喜怒哀楽を持つことはありません。
     ソープの笑顔も、天照の名君ぶりも、全ては知識からくる反復、再現なのです。
     そして、何故彼が悪なのでしょうか。

     

     

     

     恐らく永野護先生が言いたかったのは、前述の「正義の反対は悪ではなく、もう一つの正義」という価値観についての、一種のアンチテーゼだと思うんです。
     我々人間の現実世界にも、その時代や社会で共有される正義はあります。
     しかし、逆を言えば「時代や社会等の価値観が違えば、正義の定義は全く違うものになる」というのは、これはあると思うんですね。大昔の戦争では略奪行為は当然の権利とされてきましたし、男尊女卑も今は人権問題ですが、大昔は当然の価値観でした。
     勿論、FSSの中でも国や土地柄によって、価値観が大きく違うように描かれてきました。
     その最たるものが、ファティマです。
     騎士でない者にとっては、美しさの象徴であり、憧れのダッチワイフであり、恐怖すべき兵器です。そして、そんな彼女たちをパートナーとする騎士も、コーラスのように妻として迎える国があれば、フィルモアのように徹底して道具として使う国もあります。

     

     

     

     さて、話を天照に戻しましょう。
     彼が悪である理由もまた、別の正義に対して価値観が違うからにほかなりません。そう、忘れてはいけないのです…ジョーカー星団という人間の社会の中で、彼は光の神、神様なのです。莫大な富と権力、無敵の私設騎士団を持ちながら、天照は自分の他に同族のいない物体なのです。
     故に、全く価値観の違う人間からすれば、人間の正義に反していることがある。年表にも、その行いが昔から記され、いつか漫画となって我々の目の前に描かれるでしょう。
     そう、大侵攻です。
     星団暦3159年、突如として天照は軍を率いてアドラーを制圧、その後にあらゆる国家に対して侵略戦争を開始します。ツァラトウストラ・アプターブリンガーによる一方的な殺戮で、誇りある騎士たちのGTMによる戦いを無視し、蹂躙します。剣を交えることすら許さず、紅蓮の炎で消し飛ばしていったのです。
     この行いを人間側から見れば、確かに悪行です。
     そして、神側から見て「もう一つの正義」といえるかどうか…それは、これから本編で描かれて初めて示されるでしょう。ただ、天照はボード・ヴュラードの遺言を得て、この大侵攻を決意したのではと思われます。

     

     

     

     そんな訳で、魔導大戦にも干渉せず、傍観を決め込んでいた天照は…その結果、ボスヤスフォートの跳梁を許し、その戦火は友人の国であるトラン連邦にも飛び火するようです。
     これはあくまで予想というか、妄想なんですが…天照は神の自覚があって、リトラと決別してラキシスを得た今でも、自分に強い孤独を感じているのでしょう。そして、それが自分の素直な感情ではなく「こういうのを寂しいっていうんだろうな」という、ソープの時に学習した知識を再現しているに過ぎません。
     そんな彼が、コーラス三世に続き、友人として接してくれたヴュラードを失う。
     それも、自分が魔導大戦を放置したことが、間接的な原因となるのでしょう。
     彼がヴュラードに託された遺言は、きっと平和を願うものだったのでは…?
     なので、天照は悪をやることにしたんだと思うんです。
     自分が神で、神故に見守るしかできず不干渉を決め込んでいたら、人間同士の戦いが大切なものを奪っていった。人間は互いの正義をぶつけ合って、際限なく戦争を続ける…ならば、人間全ての共通の悪となることで、人間たちを一つにまとめようとしたのかも知れません。

     

     

     

     まあ、わからないですけどね。ただ、今回突然ユライヒが別キャラめいた新設定になったので、この「天照は悪だよ」という永野護先生の言葉を思い出してしまいました。天照やユライヒが、なにを考えて悪の大戦争をやってるのか、それはわかりません。年表の上で結果だけを知らされていても、その過程は物語の中にしかないのですから。
     もしかしたら、天照は平和のために、人間全員の敵である悪として振る舞ってるのかもしれない。全ての人間の味方になると宣言したダイヤモンド・ニュートラルは、それを見抜いていたのかも知れません。騎士でダブルガーランドというニューは、皮肉にも「最も天照(ソープ)に近いキャラ」なんですけどね。
     そして、ユライヒ…彼はある意味では天照のカウンター、アンチ天照的な存在なのかもしれません。主人公として善玉に見えて、悪をやることにした天照。対して、読者がずっと善玉だと思ってたけど、実は本性は悪だったユライヒ。彼には彼の正義があって、それがタイカの人類、特にアンカー亜族には悪に見える。では、そこにはどんな物語が、ドラマが隠されているのでしょうか。ますます興味は尽きないですね。

    | ながやん | キャラクター | comments(1) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - |
      Comment
      2020/07/24 4:18 PM posted by: ほりけん
      キリスト教義の悪魔の由来が、改宗させる以前の彼等の神様である様に、その時々の人々の思い込みに過ぎないのでしょう。 キリスト教義の神は人々を災害などで信心を試した果て殺していますが、悪魔は誘惑はすれど実害した記録は無いそうです・・そりゃそう。

      今ではユライヒは真面目で思いつめる型の人物像に思えてきました。 何万年も変わらないというなら、そりゃ本質なのだと諦観もするでしょう。

      私事ですが白内障手術してきました。いよいよセンセの体力が心配になりましたよ。
      name:
      email:
      url:
      comments: